fc2ブログ

安曇野と信州の四季の自然の素晴らしさや、人気のお店を紹介しています♪ 最近はほとんど『野鳥 大好き!』ですが^^;

中町通りをまつもとさんぽ

CATEGORY松本


昨日の日中は雨の心配があまりなさそうなので、松本に行ってきました。母や母方の親戚ゆかりの土地をゆっくり歩いてみたいと前々から思っていたのですが、ずっと忘れていたところ急に思い出したのが当日の朝です^^;



松本駅で電車を降りて、PARCOの前にある花時計公園から撮影をスタート
(タイトルの「まつもとさんぽ」には別段の意味はありません)

IMG_5829-aa.jpg



斜め前には老舗の和菓子店開運堂本店がデ~ンと構えています
子供の頃によく訪れた老舗の雰囲気はなくなってしまい、銀行か何かのビルみたいです

IMG_5831-aa.jpg



パ~コ(若い方にはこのCMわからないでしょうね、笑)と開運堂の間を北へ向かうと、入り口になまこ壁の3階建ての建物がありました
PARCOのビルをわざと入れて新旧を折り混ぜてみました

IMG_5833-aa.jpg



伊勢町通りを東に向かうとすぐに牛つなぎ石が鎮座

IMG_5838-aa.jpg



牛を連れて市内に買い物にきたときは、ここへ牛をつなげ!ということかな?、笑♪
戦国時代に武田信玄軍が塩不足になり、敵方の上杉軍が塩を送ってきたときに、塩を運んできた牛をつないだと言われる伝説の石です

IMG_5837-aa.jpg



女鳥羽川にかかる千歳橋方面に少し進み、千歳橋の手前にある通りに入りました
ここが中町通りです

IMG_5841-aa.jpg



女鳥羽川に架かる幸橋に向かう道の角にあった蔵造りの建物
なまこ壁のカレー屋さんです

IMG_5843-aa.jpg



いかにも歴史を感じさせる建物や看板、意匠に惹かれます
一気に数十年以上もタイムスリップしたかのよう

IMG_5845-aa.jpg



白壁となまこ壁の土蔵が建ち並ぶこの中町通りは、古き松本の風情が残る蔵の街
埼玉県川越市や栃木県栃木市の蔵の街と比べると少々スケールが小さいのが残念

江戸末期や明治に再三火災によって建物が失われたため、なまこ壁の土蔵が造られたそうです
蔵シック館は中町の拠点になっているとのこと
こちらは茶房

IMG_5847-aa.jpg



その隣りにある蔵シック館の松本市中町蔵の会館
洒落た野点だと思ったら、これって、荷物を載せるパレット?、笑♪

IMG_5849-aa.jpg



杉玉が下がっています
元は酒蔵の建物だそうです、どうりで

IMG_5851-aa.jpg



忘れてならないのが、松本民芸家具
女鳥羽川を挟んだ上土(あげつち)にあるクラシックホテル花月で珈琲ブレイクをすれば、松本民芸家具の椅子やテーブルなどでお茶を楽しむことができます

IMG_5853-aa.jpg



そして、お気づきでしょうか?
当たり前ですが、中町通りには電柱や電線がありません!
(正確には、電線はありますが地中に埋設されています、笑)

IMG_5855-aa.jpg



小布施町の栗菓子店、竹風堂

IMG_5857-aa.jpg



漆喰の壁、塗りが綺麗ですね
きっと、腕のいい職人さんの仕事なんですね~

…知ってる職人さんです、笑♪
近くの現場で作業中に腕を見込まれて直接依頼されたのだとか…

IMG_5859-aa.jpg



この厚さ!
これなら火事なんて怖くないさ~♪

IMG_5860-aa.jpg



引き戸はサッシになっても、なまこ壁はそのまま

IMG_5861-aa.jpg



「量る」、「測る」、「計る」道具がたくさん並んでいるというはかり資料館

IMG_5867-aa.jpg



蔵づくりの建物には全国から集められたという約150点の「はかり」が展示されているというので、入館しようと思ったら、この日は「月曜日」でした^^;
ユニークな資料館だから拝見したかったです、リベンジ!

IMG_5865-aa.jpg



大橋通りと交差する角にあるお菓子処の翁堂

IMG_5871-aa.jpg



店先には井戸!

IMG_5873-aa.jpg



実は松本は井戸や水汲み場がたくさんある街なんです
駅前のロータリー、街の辻や住宅街のなかなどにたくさんあります
だから、井戸のあるこんな風景は松本では極フツー

IMG_5869-aa.jpg



中町通りを出て、女鳥羽川に架かる大橋から美ヶ原の見える東側
鍛冶橋の向こうには妙勝寺と、左が300年の歴史があると云われる鐘楼

IMG_5875-aa.jpg



反対の西側には、大正ロマンの街・上土通りに架かる一ツ橋が見えます
そのあたりから右側の横丁が縄手通りです(次回ご紹介)

IMG_5877-aa.jpg



一ツ橋の手前にあった自販機
なかなかいい感じです、へんな水玉模様よりも(笑)

IMG_5879-aa.jpg



最後に、中町通りで見かけたマンホール蓋を
カラー版はモノトーン版よりもサイズが小さめでした
松本てまりが描かれています

IMG_5839-aa.jpg

IMG_5863-aa.jpg



着物姿の女の子が描かれたバージョンもあるようですが、
なかなか見かけません
もっと、まつもとさんぽをして探しなさいということでしょうか!?





nenga_hanko_1480333606082-150_2016120711092416a.jpg






▼ブログランキングに参加しています♪
 応援よろしくお願いします♪
この記事が少しでも面白かった、楽しかった、参考になった、役に立ったと思ったら、
下のボタンをポチッとしてもらえると、とても励みになりますヽ(´ー`)ノ

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
長野県 ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト



COMMENTS

2Comments

There are no comments yet.

sahee

期待してます!

parcoも花時計公園も当時なかった、と思う。
18才以来、一度も行ってないので、再度訪れたい街です。詳しくレポートして下さい。
当時、開智学校やら松本城のところ通り抜けて、街に出てました。行きはよいよい(下り坂)帰りは怖い(上り坂)です。

JACK0904

Re: 期待してます!

>sahee さん、こんにちは♪

コメントありがとうございます。励みになりますm(_ _)m

カラカラだった安曇野の畑にもやっとお湿りがやってきたこの頃です。
でも、最近はちょっと一度に降りすぎのようです。
多すぎず、少なすぎず降ってくれというのは贅沢なのでしょうか。

松本の記事を楽しんでいただけて嬉しいです。
今回は三ケ所だけですが、また折を見て散歩してきたいと思います。
私の子供の頃とは変わっていて、やはり隔世の感があります。
お城から北になると、傾斜がありますから帰り道の上り坂はキツかったでしょうね。
今開智学校は塗装工事中だったと思います。
化粧直しが終わったら訪れてまたリポートします。

  • 2017/07/04 (Tue) 11:27
  • REPLY