fc2ブログ

安曇野と信州の四季の自然の素晴らしさや、人気のお店を紹介しています♪ 最近はほとんど『野鳥 大好き!』ですが^^;

長寿日本一の信州


いつものように仕事中に流れるラジオ番組

おや、いつものエリちゃんの声とは違うな?
インフルエンザでお休みだそうで、ピンチヒッター・長峰由紀アナでした

ラジオが湿気の影響で音声がよく聞き取れませんでしたが、スキーで転倒し骨折してしまったそうで、鎌田實先生が痛々しい包帯姿でご登場だったようです

チェルノブイリ、イラク、東北の子どもたちの医療支援を行うための活動のおはなしでした




鎌田實先生といえば、長野県民はおそらく誰もが知っているはずです


20140114124134717_fdc37f1f59a9fde54e27fa481b1069a1.jpg


1974年に諏訪中央病院に赴任した鎌田先生は、地域住民の塩分摂取量の多さに驚いたそうです

1日の塩分摂取量は10グラム以内が理想的なのに、1日25グラムという人もいたそうです

1960〜70年代の長野県内の脳卒中などの脳血管疾患の死亡率は人口10万人当たり200~280人と、全国平均より100人近く多い状況でした

そこで鎌田先生は血圧をコントロールするには減塩運動が必要だと、公民館などで健康教室を開き、科学的データを示して減塩の必要性を説いたのです

減塩運動を進める中で、塩分を抑えても満足感が得られるようにと考えられたのが、野菜たっぷりの具だくさんみそ汁です


減塩運動は着実に浸透し、大人の1日当たりの野菜摂取量は男女とも全国トップとなりました

料理研究家と考案した、野菜を多くとるコツを詰め込んだレシピ集「鎌田式健康ごはん」を2013年に出版し、家庭での実践を勧めています






蒸し野菜の 具だくさんみそ汁

20140114124134717_aad296a5c0b14c2a172aee84b0c1d8be.jpg

▽材料(3〜4杯分)
 だし・・・・・3カップ
 キャベツ・・・200グラム
 ニンジン・・・30グラム
 ネギ・・・・・1本(100グラム)
 みそ・・・・・大さじ1

▽作り方
 (1)キャベツはざく切り、ニンジンは5ミリ幅の輪切り、ネギは小口切りにする
 (2)鍋に(1)とだしを入れ、ふたをして蒸し煮にする
 (3)野菜がしんなりとなったら、みそを溶き入れる
(「鎌田式健康ごはん」から)





<鎌田實のプロフィール・経歴・略歴>
鎌田實、かまた・みのる。日本の医師。東京出身。東京医科歯科大学医学部卒業後、長野県茅野市の諏訪中央病院に勤務し、地域医療に携わる。その後、同病院院長に就任。そのほか、諏訪中央病院名誉院長、チェルノブイリ連帯基金理事長、東京医科歯科大学臨床教授などを務めた。テレビ・ラジオなどにも出演した。著書に『がんばらない』『命があぶない医療があぶない』『病院なんか嫌いだ 「良医」にめぐりあうための10箇条』『鎌田實のしあわせ介護 苦しみを喜びに変える33のヒント』『超ホスピタリティ おもてなしのこころが、あなたの人生を変える』ほか。

鎌田實 かまたみのる オフィシャルウェブサイト



























関連記事
スポンサーサイト



COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.