fc2ブログ

安曇野と信州の四季の自然の素晴らしさや、人気のお店を紹介しています♪ 最近はほとんど『野鳥 大好き!』ですが^^;

新緑の上高地へ~大正池から明神岳と穂高連峰~

CATEGORY北アルプス



コマドリに会いたくて出かけた上高地。そうはいっても山好きとしては、穂高連峰などの北アルプスも写真に収めないわけにはいきません(*^^*)

早朝のバスを大正池で降りて新緑の上高地散策を開始しました。





バス停から大正池に向かって水辺に下りると、まず目に飛び込んできたのが焼岳が池に映り込む水鏡でした

IMG_7467-a.jpg


IMG_7470-a.jpg




スッキリと晴れ渡った青空に焼岳(2455m)が屹立した姿で出迎えてくれました

IMG_7473-a.jpg




望遠で頂上付近をズーム

011A3131-a.jpg




視線を北に移せば、朝日を浴びた穂高連峰が「おはよう♪」と(^_-)-☆

IMG_7476-a_20180604134740187.jpg


IMG_7479-a.jpg




望遠で西穂高岳や間ノ岳、天狗岩をパチリ

011A3107-a.jpg




左が西穂独標(2701m)、中央が西穂高岳(2909m)

011A3110-a.jpg




さらに、右側に間ノ岳(2907m)を入れてパチリ

011A3134-a.jpg




左の岸壁がタタミ岩、その上部で左のピークがジャンダルム、そのまた右隣のピークがロバの耳、馬ノ背を経て奥穂高岳(3190m、日本第3位)、画面中央のピークが奥穂南陵の頭(かしら)、画面右は吊尾根とその下が岳沢(だけさわ)

011A3113-a.jpg




穂高岳をもう少しズーム!
左のピークがジャンダルム、その右はロバの耳、右側の3つの凸の真ん中が奥穂高岳です

011A3137-a.jpg




視線を右にパンすると…、
左は前穂高岳(3090m)、ほぼ中央は明神岳(2931m)、右は明神岳五峰(2726m)
腕の悪さと光線の具合で、きれいに映っていませんが(汗)

011A3116-a.jpg




田代湿原に向けて歩き出すと、昨年秋にお気に入りとなった場所はすぐ!
でも、先客がなかなか場所を空けてくれず、1mほどですが横のポイントでガマン(-_-;)
上高地はみんなのものだっ!(笑)

IMG_7488-a.jpg


IMG_7491-a_20180604134745a77.jpg




あのオッサン、まだそこでファインダー覗いてます(-_-;)
さては独占禁止法を知らないな!?~(笑)

IMG_7497-a_20180604134747f4f.jpg




再び大正池から焼岳の勇姿が眺められるところに出ました

IMG_7499-a_201806041347481fc.jpg




渓流を渡って、樹林帯の中を進むと枯れ木にサルノコシカケ見っけ!
縦構図で撮りましたが、横構図にトリミング^^;

IMG_7510-a_2018060413475054f.jpg




六百山から春の優しい朝日が湿原に降り注いでいます
気温9℃、冬ジャケットを着込んでいる人もいました^^;

IMG_7512-a.jpg


IMG_7515-a_201806041347368a6.jpg




朝露に濡れた湿原は、朝日を浴びて銀色に光り輝いていました

011A3142-a.jpg


011A3150-a.jpg




銀色の草原からたちのぼる朝もや

011A3146-a.jpg




草原の草についた朝露がきれい!

011A3156-a.jpg




湿原の朝はじつに気持ちがいい~♪

011A3158-a.jpg




少々くどいですが^^;、草原の光の妖精たちを(*^^*)

011A3162-a.jpg


011A3164-a.jpg


011A3167-a.jpg


011A3171-a.jpg




なんだか夢の世界を彷徨しているようでしたが、上高地は神が創り給うたいわば大自然のテーマパークですから『神降地』という表現がピッタリ!です(※上高地の由来は上河内、神河内、など諸説ありますが、一般の人は上口(かみぐち)、かみうち、と呼んでいたようです)


上高地~つづく





nenga_hanko_1480333606082-150_2016120711092416a.jpg






いつも応援ポチありがとうございます
この記事が少しでも面白かった、参考になった、役に立ったと思ったら、
▼のボタンをポチッとしてもらえると、更新の励みになります(^_-)-☆

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
長野県 ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト



COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.