fc2ブログ

安曇野と信州の四季の自然の素晴らしさや、人気のお店を紹介しています♪ 最近はほとんど『野鳥 大好き!』ですが^^;

新緑の上高地で見かけた山野草~その2~

CATEGORY北アルプス



今回の『上高地の山野草~その2~』で、新緑の上高地は完結です。一回の画像点数を控え目にしたら、こんなに長くなってしまいました^^;
ヘタッピ写真をこんなに見せつけられたらうんざりですよね(-_-;)





コナシ(小梨)、ズミ(桷・酸実)
他にもコリンゴ(小林檎)、ヒメカイドウ(姫海棠)という呼び名もあるようです
上高地のあちこちで見かけましたが、「小梨平」の地名はこの樹が由来となりました

011A3230-a.jpg



011A3243-a.jpg




サルノコシカケ(猿の腰掛け)

011A3139-a.jpg




ベニバナイチヤクソウ(紅花一薬草)
一番効く薬草ということで名付けられたイチヤクソウ(一薬草)は白い花ですが、
亜高山の針葉樹林帯には、花が淡紅色のベニバナイチヤクソウが分布するそうです

011A3301-a.jpg



011A3306-a.jpg




名称不詳
ノボリフジのような、ハナトラノオのような、○○チドリのような、はたまた十二単のような…
田代橋付近で見かけましたが、もしかして園芸種!?

011A3342-a.jpg




スナゴケかスギゴケかわかりませんが、!(*^^*)

011A3349-a.jpg




フッキソウ(富貴草)、キチジソウ(吉祥草)
もう少し白いブラシのような花が大きい個体を探したのですが見つからず(-_-;)
丈が低いし、名前に「草」が付いているのに、木の仲間です

011A3353-a.jpg



011A3387-a.jpg




フキ(蕗)
フッキソウの次はフキ(笑)
小梨平のテントサイトで見かけてパチリ

IMG_7729-a_20180611131327e7a.jpg




コミヤマカタバミ(小深山酢漿草)
葉を見るとカタバミの仲間だと納得^^
ミヤマカタバミよりも小型なのでコミヤマだそうです

011A3411-a.jpg



IMG_7757-a.jpg




イワカガミ(岩鏡)
光沢のある葉を鏡に見立ててつけられた名前ですが、小さい葉っぱですからお顔は映りませんよ~(*^^*)
よく岩場で見かけます

011A3414-a.jpg



011A3876-a.jpg




エンレイソウ(延齢草)
食べ過ぎや食あたりに根を煎じて飲ませ、命拾いしたことから延齢草と名付けられたようです

011A3416-a.jpg




ミヤマエンレイソウ(深山延齢草)、シロバナエンレイソウ(白花延齢草)
3枚の花弁の色が白いエンレイソウで、花の色以外はほとんど同じですね

011A3636-a.jpg



IMG_7758-a.jpg




オオバタネツケバナ(大葉種漬花)
たくさんあるタネツケバナの仲間と思いますが、自信ありません(-_-;)

IMG_7563-a.jpg




クルマバソウ(車葉草)
クルマムグラ(車葎)と迷いましたが、4裂した小さな白い花が反り返っているのでクルマバソウとしました

IMG_7721-a.jpg




タチツボスミレ(立壷菫)
上高地でよく目にするスミレとして紹介されていたタチツボスミレとツボスミレのうちのタチツボスミレと判断しました^^;
スミレは種類が多く、私には難しいです(-_-;)

IMG_7766-a_20180611131302800.jpg



長々と続いた「上高地」は今回でやっと完結です。最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。





nenga_hanko_1480333606082-150_2016120711092416a.jpg






いつも応援ポチありがとうございます
この記事が少しでも面白かった、参考になった、役に立ったと思ったら、
▼のボタンをポチッとしてもらえると、更新の励みになります(^_-)-☆

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
長野県 ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト



COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.