fc2ブログ

安曇野と信州の四季の自然の素晴らしさや、人気のお店を紹介しています♪ 最近はほとんど『野鳥 大好き!』ですが^^;

クラシックも好き!ジャズも好き! OBSESSION ライブコンサート♪

CATEGORY安曇野



Mさんからの嬉しいお誘いは池田町の創造館で行われる、ピアニストの三舩優子さんとドラマーの掘越彰さんによる『クラシックピアノとドラムスによる”最小にして最大のオーケストラ”』のライブコンサートでした。二つ返事でご一緒させてもらうことにして、当日はウキウキ気分で池田町のクラフトパークに向かいました。


img239-a.jpg


img240-a.jpg





北アルプスの素晴らしい眺望はあいにくの「臨時休業」^^;

IMG_1611-a.jpg



IMG_1610-a_2018061311202331a.jpg



そんなロケーションの高台にある創造館です

IMG_1609-a.jpg



この駐車場には何度も車を停めたけれど、創造館の中に入るのは初めてです

IMG_1608-a.jpg



ロビーの大きな窓越しにも北アルプスが眺められる造りです

IMG_1612-a.jpg



13:30開場

IMG_1607-a.jpg



主催は「池田町スタインウェイピアノの会
ベヒシュタインベーゼンドルファーと並んで世界三大ピアノの一つに数えられている名器スタインウェイ&サンズが池田町の創造館にあることは全く知りませんでしたが、そのピアノをより有効に活用していくために結成された団体で、年1~2回のコンサートを開催しているそうです

IMG_1613-a_20180613112028225.jpg



老若男女、たくさん集まりました
ライブコンサートには広すぎず狭すぎずのジャストサイズ

IMG_1614-a.jpg



プログラムは

<1st>

バッハ:主よ人の望みの喜びよ
クラシックはジャズと同じくらいに好きですが、バッハだけは眠くなってしまいますので苦手です(笑)。でも、「主よ人の望みの喜びよ」はよく耳にする美しいメロディですから居眠りせずに聴けました(*^^*)

ボロディン:韃靼(だったん)人の踊り
こちらも美しいメロディですね。曲名でピンとこなくても、聞き覚えがあるなと思うのでは?

アルベニス:アストゥリアス
非常にテンポの速い、激しい曲ですが、演奏する三舩優子さんの手や腕の動きを拝見していて、腱鞘炎にならないかと心配になってしまいました(*^^*)

ラヴェル:ボレロ
あまりに有名ですから知らない人はいないくらいでしょう。繰り返し繰り返し奏でられるメロディとリズムは聴いているとゾクゾクしてきます。


【休憩】

<2nd>

ラヴェル:道化師の朝の歌
初めてではないけれどあまり聴いていないので、個人的には少し肩が凝ったかな(*^^*)

サティ:ジムノペディ第1番
「干からびた胎児」なんていう奇怪なタイトルを付けることでも知られるエリック・サティですが、この曲はCMにも使われていたような!? サティといえば不協和音というイメージが頭にこびり付いているので(笑)、初めて聴いたときはサティもこんな美しい曲を作るんだ!という印象でした(*^^*)

ラフマニノフ:鐘~パガニーニの主題による狂詩曲 第17/18変奏
一番期待していた、お気に入りの、聴きたかった曲^^ 耳にするたびに身体が夏の炎天下のアイスクリームのようになってしまいそうな、あまりに美しすぎる曲を作曲したラフマニノフは、さぞかし幸せな環境で育った人だからかなぁと思ったら、そうでもない人生なんですね(*^^*)

ガーシュウィン:ラプソディ・イン・ブルー
曲そのものが、『パリのアメリカ人』同様にクラシックとジャズが融合した曲なので、これが一番「似合っている」といえるかもしれませんね。

※アンコールはシベリウスの『交響詩フィンランディア』でした。シベリウスの作品の中で一番知名度の高い曲でしょうし、私もレコードが擦り切れるくらいに聴いていた時期がありました(*^^*)


クラシックもジャズもどちらも好きな私にとっては、新鮮な感覚でユニークなライブを楽しませていただきました。掘越さんのドラムスに負けない程のときにパワフルなピアノの演奏だったのは、三舩さんが身長170cmという身長も影響しているのかも…。

お二人とも曲間のMCが大変お上手で、退屈しないどころか、楽しいおしゃべりでも満喫させていただけました。お互いの家が近くて年齢も1歳違いというお話でしたが、三舩さんは歳の話はやめましょうと何度も制止していました。意地悪い私は、帰宅後に調べました!、三舩さんの生年月日を(*^^*)、1966年8月17日、離婚したロシア人バイオリニストとの間にお嬢さんが居ることも、笑♪



三舩優子 オフィシャルサイト

掘越彰 オフィシャルサイト




三舩優子 × 堀越彰 - OBSESSION -



三舩優子 piano X 堀越 彰 drums " OBSESSION " ボロディン : ダッタン人の踊り



三舩優子 × 堀越 彰 - OBSESSION - Rhapsody in Blue - Gershwin



三舩優子 X 堀越 彰 -OBSESSION- Shchedrin : Basso Ostinato




<番外編>


ラフマニノフ 交響曲第2番 第3楽章
身体がとろけてしまいそうなくらいに美しすぎるラフマニノフのバラードです(*^^*)
知らないという方、ぜひ聴いてみてください(^_-)-☆




サイトウ・キネン・オーケストラ Saito Kinen Orchestra
小澤征爾 Seiji Ozawa + 大西順子 Junko Onishi

学都・岳都・楽都と呼ばれる松本市は毎夏一ヶ月間、音楽漬けになります(*^^*)
現在はOMFと名を変えたSKFですが、小澤征爾さんの呼びかけで行われたメモリアルコンサート(SKF)で生まれたオーケストラで、世界中から集まるプロや市民が音楽を演奏したり聴いたりの「楽都」になるんです
この演奏、生で聴きたかったなぁ~♪




George Gershwin - Rhapsody in Blue -
Leonard Bernstein, New York Philharmonic (1976)

指揮者バーンスタインがピアノを弾いています(*^^*)
アメリカ人が作曲した曲をアメリカ人が指揮してアメリカ人が演奏する!これぞ「正統派!?」







nenga_hanko_1480333606082-150_2016120711092416a.jpg






いつも応援ポチありがとうございます
この記事が少しでも面白かった、参考になった、役に立ったと思ったら、
▼のボタンをポチッとしてもらえると、更新の励みになります(^_-)-☆

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
長野県 ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト



COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.