fc2ブログ

安曇野と信州の四季の自然の素晴らしさや、人気のお店を紹介しています♪ 最近はほとんど『野鳥 大好き!』ですが^^;

ミソハギとキンミズヒキ



サンサンが立ち去ったと思ったら、今度はヤギが日本にやってきそうです。サンサンは台風13号のSHANSHAN、ヤギは台風14号のYAGIですが、昨日の安曇野は晴れたり曇ったり^^;、朝のうちは台風一過の晴天が広がったと思ったら間もなく曇り空。その後また晴れたり曇ったりを繰り返すというお天気でした(-_-;)

さて、今日も、7月末日に訪れた白馬村の親海湿原と姫川源流で見かけた夏の花のなかから、ミソハギ、キンミズヒキ、ヤブカンゾウ、イヌゴマの4種類を♪





ミソハギ 禊萩

和名の漢字を読めば「ミソギハギ」となりますが、古くからお盆の仏壇などに飾られたので「禊萩」と名付けられ、それがつまって「ミソハギ」になったと聞けば、「味噌萩」ではないことに納得(*^^*)

溝にも生えるので「溝萩」とも書くようです。

011A9232-a.jpg


011A9238-a.jpg



花は下の方から咲いていき、その間も茎が伸びるので花期は長いようです(*^^*)
エゾミソハギとよく似ているそうですが、私ごときには判別不能なので「ミソハギ」にしました^^;

IMG_0559-a_20180808115332620.jpg


IMG_0569-a.jpg






イヌゴマ 犬胡麻

花後にできる黒い実の形がゴマに似ているのに食用にならない、役に立たないからついたというなんとも気の毒な名前ですが、実際に目にすればとてもきれいな花ではありませんか!

別名は「チョロギダマシ」。おせち料理などに使われるチョロギに似ていることから呼ばれるようになったそうですが、こちらもかわいそうな名前です(-_-;)

だいたい、山野草のなかで名前の頭に「イヌ」という名前のついているものはそんな悪いイメージのものが多いようですが、かわいいワンちゃんたちにしてみればたいへん迷惑なことです(*^^*)

IMG_0846-a.jpg


IMG_0841-a_20180808115339846.jpg



日当たりのよい湿地を好むので小川のほとりや池のまわりなどにも多い、と図鑑にありました^^;
↓はヤマハッカかもしれません(-_-;)

IMG_0853-a.jpg






ヤブカンゾウ 藪萓草

海岸に生えるハマカンゾウ(浜萓草)ではない。ノカンゾウにも似ているが、これは八重咲きだからヤブカンゾウだ!と、浅学な私にも比較的見分けが容易な花だから好き(ソコカイ!、笑)

内側の花びらは雄しべが花弁化したもので、不完全な雄しべが残っていることもあるんだそうです(*^^*)

IMG_0722-a.jpg


IMG_0729-a_20180808115336515.jpg


IMG_0767-a.jpg






キンミズヒキ 金水引

長い花序をタデ科のミズヒキ(水引)に見立てて、花が黄色いのでこの名がついたそうです。

IMG_0434-a.jpg


IMG_0875-a.jpg



花後の種は衣服に付きやすいので「ヒッツキグサ」と呼ぶ地方もあるようです

IMG_0880-a_20180808115345ee6.jpg


IMG_0885-a.jpg






撮影:2018年7月31日、白馬村親海湿原、姫川源流






nenga_hanko_1480333606082-150_2016120711092416a.jpg






いつも応援ポチありがとうございます
この記事が少しでも面白かった、参考になった、役に立ったと思ったら、
▼のボタンをポチッとしてもらえると、更新の励みになります(^_-)-☆

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
長野県 ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト



COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.