fc2ブログ

安曇野と信州の四季の自然の素晴らしさや、人気のお店を紹介しています♪ 最近はほとんど『野鳥 大好き!』ですが^^;

安曇野のそば食べ歩き~豊科のばんどこで田淵行男さんに遭遇!?




お盆に埼玉から母と妹が、三郷から従姉妹がやってきた日は皆でお昼ごはんを『豊科ばんどこ』でいただきました。JR大糸線豊科駅前通りのイオンや日赤病院のすぐ近くです。

以前に何度か利用したことがあったのですが、それはもう十年以上も前のことなので詳しくは覚えていませんけれど『不味かった』という記憶はないし、お盆時期の週末とあってどこへ行くにも道が混んでいるので近場のお店ということなりました。(一部を除きiphoneで撮影)





11:30の開店から少し過ぎた頃に行くとすでにお店の前の駐車スペースはほぼ満車
↓の外観は同日午後3時過ぎのアイドルタイムに撮影したので、駐車場はガラガラです!(*^^*)

IMG_1246-a.jpg


後ろに見えるイオンS/Cもすぐ近くです

IMG_1252-a_20180814150357bb2.jpg



混雑を覚悟してのれんを潜ると、店内の席数が多いため空席はたくさんあって一安心^^

IMG_1873-a_20180814150358b10.jpg



おしながきの最初の頁にはお店の由来が♪

IMG_1882-a.jpg



さて、何にしましょう!?
たくさんあって迷ってしまいそう(*^^*)

IMG_18841886-a.jpg


IMG_18871888-a.jpg


IMG_18891890-a.jpg


IMG_18911892-a.jpg



天ざるに半ば決めたのですが、最初の頁の上にあった、季節のおすすめ『揚げ茄子の冷やしそば』が気になってしかたありません(*^^*)
結局、天ざるを選び、お店のご厚意で『揚茄子』だけを単品でサイドオーダーさせてもらいましたが、美味しくて写真を撮り忘れてしまいました(-_-;)

「揚げ茄子」を皆でシェアしてあっという間に平らげると、ほどなく
天ざるが運ばれてきました(*^^*)

IMG_1895-a_2018081415040297a.jpg



天つゆと薬味の間に挟まれた小鉢の黄色い正体は『いとうりの酢の物』です
香の物もいいのですが、暑い季節に酢の物は嬉しいですね^^

IMG_1898-a.jpg



そばは写真をよく見るとおわかりのような乱切りそばです
極細、細切り、幅広といろいろな太さが混じっており、長さは短め
あまりに切り揃っていると『手打ちそば』感が薄れるので意識的に乱切りにする店もあるようです
個人的には茹で加減が違ってしまうので柔らかかったり硬かったりが混じってしまい好みではありませんが、これがいいという人もいますからあくまで好みの問題でしょう
田舎そばほど黒くもなく、更科そばほど白くもない中庸な感じ、盛り付け量はやや多目で、つけつゆはやや辛めな感じでした

IMG_1896-a_20180814150403829.jpg



天ぷらは、(この店でもやはりついてきた『冷凍』の、笑)えびから時計回りに、ピーマン、帆立、かぼちゃ、(式部草とか水前寺菜とも呼ばれる加賀野菜の)金時草(きんじそう)、なす、(茄子の下敷きになって隠れている)エリンギ

妹曰く、多くの店で天ぷらの衣に味がついているところが多いけど、この店は味がしなかったから天ぷら粉には味付けしていないね、と(^_-)-☆

IMG_1897-a.jpg



そばや天ぷらの味とお店の個人的、主観的な評価は置いときまして、某食べログでのこの店の味の評価は、
とても良い…30%、良い…30%、ふつう…40%、悪い…0%、とても悪い…0%
でしたので、ご参考までに^^;





ところで、奥の座敷の壁にかかっていた額縁の中の色紙に目が留まりました

IMG_1893-a.jpg



正面から撮ると写り込みがひどいので斜めから撮りましたが、若女将らしき女性に聞けば、やはり田淵行男さんの直筆のようです

晩年パーキンソン病を患い、あの素晴らしい蝶や昆虫の玄人級の細密画を描いた右手ではなく、やむなく左手で書いたものと容易に推察されます

落款も、間違いなくあの田淵さんのトレードマークです

昨年の4月7日に撮影した田淵行男記念館の『百楽桜』

IMG_3625-a_20180814150411530.jpg



もう一本の樹の下に『百楽桜(いちざんひゃくらく)』の説明が書かれています
桜色の○で囲ってみました(*^^*)

IMG_3651-a_2018081415041306b.jpg



『百楽桜』の由来や、色紙に書かれた『一山百楽』のことが…

IMG_2843-a_2018081415040988b.jpg



田淵さんが晩年暮らした見岳町の自宅とこちらのお店は徒歩でも数分の距離ですから、あるいは田淵さんもそばを食べに通っていたのかも…などと想像の翼を広げていたら、なんだかとても愉しくなってしまいました(*^^*)

十年ほど前に訪れたときには気が付かなかったこの田淵さんの色紙や、レジスターの近くに掲出してあった田淵さんの槍ヶ岳の写真にうっとりのお昼のひとときでした

IMG_1899-a.jpg



というわけで、豊科ばんどこで故田淵行男さんにお会いできるはずもありませんが、美味しくそばや天ぷらをいただき、田淵さんの面影と出会えた”デザート”までつく大満足なお昼ご飯だったというオチでございます(*^^*)





手打ちそばと郷土料理 豊科ばんどこ
住所:安曇野市豊科5703-16
TEL: 0263-72-6767
営業時間:11:00~14:00、17:00~20:30(L.O.)
定休日:月曜日
席数:60席(テーブル席24席、座敷24席、囲炉裏卓4席、個室8席)
web.サイト:http://www.e-office.gr.jp/bandoko/
      http://www.matsuaz.biz/bandoko/









nenga_hanko_1480333606082-150_2016120711092416a.jpg






いつも応援ポチありがとうございます
この記事が少しでも面白かった、参考になった、役に立ったと思ったら、
▼のボタンをポチッとしてもらえると、更新の励みになります(^_-)-☆

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
長野県 ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト



COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.