fc2ブログ

安曇野と信州の四季の自然の素晴らしさや、人気のお店を紹介しています♪ 最近はほとんど『野鳥 大好き!』ですが^^;

お土産は開運堂の和菓子でした♪

CATEGORY美味しい店

先日、母が安曇野に行ってきました。松本の税務署で確定申告をするためと、安曇野の特養に入居している父に面会するためです。確定申告はインターネットでもできるんだよと伝えましたが、面会も兼ねて出向くからいいよと却下されました。

おらほの仕事の都合で今回は一緒に行けなかったので、新宿から高速バスを利用して松本に向かいました。途中、埼玉で用事を済ませた母が、松本のホテルにチェックインしたのは夕方だったそうです。翌日の夕方には栃木へ帰宅しましたが、おみやげにと開運堂の和菓子を買ってきてくれました。

開運堂は、何度かこのブログでも紹介しましたが、松本の老舗和菓子店です。近年は洋菓子も手がけたり、近郊の各所に直営店や工場を造って多店舗展開しています。子供の頃から、家族で父の生家に帰省する度に、帰りがけに松本の開運堂に立ち寄ってお土産の品を求めたものです。母が、何種類か持ち帰った開運堂のお菓子をご紹介しましょう。





どら焼


TV_20150306_3588.jpg

小麦粉は100%長野県内産、小豆は十勝産極上エリモ小豆を使用しています。材料にこだわったお値打ちなどら焼きです。(単品税込価格: 151円)




これはうまい


TV_20150306_3596.jpg

TV_20150306_3658-1a.jpg

大正の後期に、くるみ饅頭として発売したところ、「これはうまい」と大評判だったので、評判がそのまま菓名になった逸話をもつ広く知られた松本の名物菓子です。昔も今もこれからも、これは旨いと言われる「これはうまい」です。(単品税込価格: 151円)




室山


TV_20150306_3603.jpg

TV_20150306_3649-1a.jpg

「開運堂あづみの菓遊庭」がある旧三郷村に伝わる民話「デーラボッチャ」をテーマにミルク餡をココア風味の皮で包み焼いた、洋風の焼き饅頭です。(単品税込価格: 124円)




義塩(ぎえん)


TV_20150306_3591.jpg

TV_20150306_3682-1a.jpg

「山国と塩」諸説ありますが…

戦国の時代、甲州の武田信玄は駿河の今川・相州の北条と戦っていました。今川・北条軍は武田軍勢の弱体化を狙い、太平洋からの塩止めを行ったため、周囲の民衆までもが塩不足に困窮しました。この状況を憂いた越後の上杉謙信は、敵対の武田軍が支配する信州へ、牛に塩を積み千国街道(糸魚川~松本)から松本へ塩を送り届けたことから、この街道は別名「塩の道」と呼ばれています。

また、謙信の義侠心が「敵に塩を送る」という言葉の起源とも言われています。塩が松本に到着した1月11日に謙信の徳を称え、以来毎年「大市神」を祀り塩市がたつようになりました。江戸中期頃より塩市は「あめ市」に名称を変え、四百余年絶えることなく今日も、縁起の福あめや福だるまを売り、「大市神神輿」が街中を練り歩く、新春の奇祭「あめ市」が伝承され愛され続けています。

開運堂本店近くには、塩を運んできた牛を繋ぎ止めたと言われる「牛つなぎ石」が史跡として存在します。敵に塩を送る故事「松本あめ市」を形にした、塩糀を用い塩俵(カマス)を模ったやさしい塩味の焼饅頭です。(単品税込価格: 124円)




あづみの風情



TV_20150306_3683-1a.jpg

安曇野のシンボルでもある常念岳と道祖神をデザインした種に、砂糖キビから抽出した糖蜜で煉った、素朴な風味の珍しい餡を詰めた季節限定の最中です。(単品税込価格:91円)
販売期間 : 2月4日~11月中旬まで





開運堂
〒390-0811 長野県松本市中央2-2-15
【TEL】0263-32-0506 【FAX】0263-33-7223
【営業時間】9:00~18:00
【電話受付時間】9:00~18:00
【定休日】元旦のみ
オンラインショッピングでお取り寄せも可能です




▼開運堂を取り上げた、以前の記事です。


2014/11/12
ん!? 見たことあるような…


2014/12/02
ん!? 見たことあるような… その2


2014/12/13
和菓子の老舗/開運堂




<追記>
「義塩」の紹介部分に出てきた「牛つなぎ石」は、開運堂本店のすぐ近くの本町通り交差点角にあります。
松本観光コンベンション協会のサイトを参照してください。


Ushi-tsunagi-ishi01s2010.jpg
Wikipediaより


戦国時代、武田信玄の軍が塩不足に陥り、敵方の上杉軍が塩を送ってきたときに、塩を運んできた牛をつないだと言われる伝説の石です。明治以降には、富山から鰤(ぶり)を運んだ牛や、新潟から送られる塩を運んだ牛をつないだとも伝わっています。





▼ブログランキングに参加しています♪
ポチッとしてもらえると励みになります
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野県情報へ    




関連記事
スポンサーサイト



COMMENTS

4Comments

There are no comments yet.

ぷく

No title

開運堂のお菓子はどれも美味しそう!

「これはうまい」というネーミングだけでも、美味しさのバロメーターがぐぐぐっと上がっちゃいそうですね^^

  • 2015/03/08 (Sun) 22:36
  • REPLY

JACK0904

Re: No title

> ぷくさん、こんにちは♪

最近は、松本市近郊のあちこちで扱うようになり、
なんだかありがた味が薄くなってきたような気もします。

確かに「これはうまい」とはよく付けたものです
そして、その名に違わず本当に旨いっ!(o'ー'o)ノ

  • 2015/03/10 (Tue) 06:32
  • REPLY

myfriend

老松とロ-ルケ-キ お薦めです

倉敷にすんでいます。
私がネットでとりよせして味わっているお薦めの品は、老松とロ-ルケ-キ。
 この味は、他をよせつけぬ抜きんでた味です。

  • 2015/03/13 (Fri) 09:12
  • REPLY

JACK0904

>myfriend さん

ご訪問とコメント、ありがとうございます。

ロールケーキはまだ味わったことがありませんが、
老松はわが家でもお気に入りのひとつです。

昔からの懐かしい和菓子にどうしても目が行ってしまい、
なかなか洋菓子に目線が向きません(笑)
次回訪れた時にはお薦めのロールケーキを試してみることにします。