fc2ブログ

安曇野と信州の四季の自然の素晴らしさや、人気のお店を紹介しています♪ 最近はほとんど『野鳥 大好き!』ですが^^;

常念岳の頂は本日も快晴なり♪~2019.1.4

CATEGORY北アルプス



2019年1月4日、安曇野は、雲ひとつない快晴の青空でした。嬉しいことに、白く雪を戴いた北アルプスも、常念山脈から後立山連峰まで綺麗で勇壮な姿を見せてくれていました。じてんしゃ広場周辺の田んぼに出かけて、いつになくたくさんの写真を撮ってしまったほどです。例によって”青空大盛り”が多く、これでは「山の写真」じゃなくて「空の写真」だと言われそうですが、ご笑覧ください。






蝶ヶ岳から餓鬼岳までを、真っ青な空を背景にして

IMG_9867-a_20190105115509c01.jpg



あまり撮ったことがない常念岳から南の山も入れて、中央が鍋冠山で、右へ順に、蝶ヶ岳、常念岳、横通岳

IMG_9876-a.jpg



さらに南側にパンすると、じてんしゃ広場の桜と柳の樹

IMG_9870-a_201901051155109a5.jpg



トップ画像と同じ範囲を、真っ青な空と山だけにしてみました

IMG_9865-a.jpg



左に蝶ヶ岳、右に横通岳を従えて中央に聳えているのが常念岳
安曇野から最も「絵」になる三峰だと思います

IMG_9855-a.jpg



別な場所で撮った常念岳

011A3679-a.jpg



同じ三峰を少し移動して撮る!

IMG_9888-a_20190105115513526.jpg



信濃富士(安曇富士)こと有明山を真ん中に、左は燕岳、右は餓鬼岳

IMG_9903-a.jpg



同じところから、2つの三峰を一緒に♪

IMG_9912-a_20190105115518630.jpg



遠くの中央は、北アルプスではないけれど鉢伏山と高ボッチ

IMG_9911-a.jpg



古民家の見える田んぼから常念岳

IMG_9924-a_20190105115519c8c.jpg


IMG_9942-a_20190105115521073.jpg



後立山連峰
左は蓮華岳、中央あたりに爺ヶ岳、右へ鹿島槍ヶ岳、五竜岳、唐松岳、白馬三山の白馬鑓ヶ岳、杓子岳、白馬岳、そして小蓮華山や白馬乗鞍岳まで、少し雲はあるけれどとてもよく見通せる素晴らしい眺望でした

IMG_9945-a.jpg



鴨さんたちがまったりとしている拾ヶ堰の橋の上から常念岳

IMG_9964-a.jpg



やはり、せっかくの青空をたくさん入れてみたくなります(*^^*)

IMG_9957-a_20190105115524cef.jpg




○o。○o。○o。○o。○o。○o。○o。○o。○o。○o。○o。○o。○o。○o。○o。○o。○o。○o。○o。


…安曇野からの常念岳や北アルプスの山の写真といえば、やはり田淵行男さん。

安曇野を主たるフィールドに山岳写真家だけにとどまらず、高山蝶の生態研究や、蝶の細密画など多彩な才能を発揮したナチュラリストです。

今日(2019年1月6日)放送予定の、NHK日曜美術館「まだ見ぬ頂を目指して~山岳写真家 田淵行男~」をぜひ観ていただきたくて、再度告知させていただきます。一週間後に再放送がありますので、今日見逃してしまった方は来週に。


NHK日曜美術館『まだ見ぬ頂を目指して~山岳写真家 田淵行男~』
 ・Eテレ:1月6日(日)午前9:00~9:45
 ・再放送:1月13日(日)午後8:00~8:45
 ・番組公式サイト:http://www4.nhk.or.jp/nichibi/


安曇野市の田淵行男記念館では、現在『田淵行男 写真展~北の山』企画展で北海道の山の作品が展示されていますので、安曇野にお出かけの際はぜひ田淵さんの作品や、蝶の細密画、使用したカメラなどの展示品をご覧くださればと思います。

img249-a.jpg
▲※田淵さんの唯一のお弟子さんである水越武さんの写真展『森林列島』は終了しています。

img252-a.jpg
▲2017年にJCIIで開催された同企画展の図録


そして、次回の企画展『田淵行男写真展 日本アルプス』

img250-a.jpg

img251-a.jpg



千曲市の歴史館で開催中の『田淵行男展』に関する記事が、2018年12月30日の信濃毎日新聞「斜面」欄(朝日新聞の「天声人語」にあたる欄)に掲載されていましたので切り抜いたものを貼り付けておきます。
文字が小さくなってしまって読みにくいかと思いますがご容赦を。

img248-a.jpg


長野県立歴史館『自然を見つめた田淵行男』
 千曲市大字屋代260-6(科野の里歴史公園内)
 TEL:026-274-2000(代)
 2018年12月15日~2019年2月17日(日)
 入館料:一般300円、大学生150円、小・中・高・特別支援学生は無料
 公式web.サイト:https://www.npmh.net/exhibition/kikaku.php?m=2&n=300



田淵行男さんの事となると、もっともっと高く評価されていい方なのにと、つい熱が入り長くなってしまい恐縮です。
最後までご覧くださりありがとうございます。





nenga_hanko_1480333606082-150_2016120711092416a.jpg






いつも応援ポチありがとうございます
この記事が少しでも面白かった、参考になった、役に立ったと思ったら、
▼のボタンをポチッとしてもらえると、更新の励みになります(^_-)-☆

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
長野県 ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト



COMMENTS

2Comments

There are no comments yet.

sahee

見ました

田淵行男すごい方ですね。それまで、大勢の写真家の中の一人くらいにしか思っていなかった。記念館に行きたくなった。
昨秋、大学以来40数年ぶりに、松本に行ってきた。都会になりましたね。富成豆腐、アルプス公園も行った(初めて)。田沢北から松本に入ったのも初めて。
帰り道、平湯経由が早いかなと思って、選んだのが間違い、山道で面白くない。白馬経由にすべきでした。

JACK0904

JACK0904

Re: 見ました

>sahee さん、こんばんは♪

日曜美術館、観ていただけましたか!
田淵さん、すごい方でしょう!?
科学者と芸術家の両方を兼ね備えた方です!
ぜひ、田淵行男記念館でじっくりと田淵さんの作品を鑑賞してみてください。
堅物な方かと思いきや、以外にもおチャメな方なんですよ(笑)
「黄色いテント」(記念館で販売しています)を読んで
田淵さんの新たな面を発見しましたよ。

  • 2019/01/13 (Sun) 19:40
  • REPLY