fc2ブログ

安曇野と信州の四季の自然の素晴らしさや、人気のお店を紹介しています♪ 最近はほとんど『野鳥 大好き!』ですが^^;

カヤクグリ(茅潜、萱潜)のお名前の由来は?




スズメくらいの大きさで、ミソサザイ(鷦鷯)のような茶色をした地味な鳥さんなどとよく言われるカヤクグリ(茅潜、萱潜)
和名の由来は、冬は藪地(カヤ=ススキなどの総称)に潜むように生活し、なかなか姿を見せず藪の下を潜ることに由来するようです。藪の中をくぐり抜けるようにして、茅(かや)を潜り(くぐり)抜けるからカヤクグリ(茅潜、萱潜)という名がついたのでしょう。
そんなシーンを写真に撮ろうとすれば、枝被りでCM泣かせなのですが、この日出会ったカヤクグリ(茅潜、萱潜)は、藪の中から出てきて、平地で草の種子を探しながら採餌しているところでした。






こんなシーンなら、野鳥撮影初心者の私でも撮りやすいですね
カヤクグリ(茅潜、萱潜)に感謝して、下手な鉄砲を数撃ちました^^;

011A8081 (2)-a


011A8086 (2)-a



向こうを向いているときにそぉ~っと距離を詰めながら…

011A8092-a.jpg



背面は茶色系、お腹や胸はグレーで、確かに『地味な』鳥ではあります^^;

011A8133 (3)-a



でも、ミソサザイと同じく、連写のなかには愛嬌のある表情がた~くさん!(*^^*)

011A8144 (2)-a



精悍なお姿も^^

011A8173-a_20190217190306cd6.jpg



くりっとしたお目々は結構な鋭さと拝見いたします

011A8231 (2)-a



静音シャッターモードで撮っていたんですが、
『うるさいよ~!』と威嚇されてしまいました(^_^;)

011A8254 (2)-a



この冬は、カヤクグリ(茅潜、萱潜)をよく見かけるという方が多いようです
どんな草の種子かは分かりませんが、身体の大きさに比べると、とても小さい種子を食べているようです
これでは、かなりの量を食べなきゃお腹いっぱいにならないだろうなぁ~(^_^;)

011A8269 (2)-a


011A8322 (2)-a



俳句の世界では、カヤクグリ(茅潜、萱潜)は夏の季語になっているそうですが、留鳥ですからなんだか解せませんね^^;








いつも応援ポチありがとうございます
この記事が少しでも面白かった、参考になった、役に立ったと思ったら、
▼のボタンをポチッとしてもらえると、更新の励みになります(^_-)-☆

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
長野県 ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト



COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.