fc2ブログ

安曇野と信州の四季の自然の素晴らしさや、人気のお店を紹介しています♪ 最近はほとんど『野鳥 大好き!』ですが^^;

安曇野のそば食べ歩き~そば処 安留賀(あるが)




最初にこの店を訪れたのは安曇野に移り住んで間もない2015年の秋でした。某イベントに参加してバスで移動の途中で昼食に立ち寄りました。以来、個人的に何度か訪れようと思っていたのですが、そんなときに限って来店すると『本日定休日』(笑)。ちゃんと休業日を調べずに出かけていって休業日に当たるのはこの店だけではないし、今に始まったわけでもないけれど、それが数回重なるとなぜか足が遠のいてしまうのです、…こんなに旨い蕎麦屋さんなのに!(*^^*)
(iphoneにて撮影)

IMG_2591-a.jpg






お彼岸に埼玉からやってきた母や、南信からやってきた親戚のお姉さんと連れ立って先日訪れました。3年半ぶりです。安曇野湧水公園や安曇野の里からほど近いところにあります。安曇野インターから北へ直進、「重柳」の信号を右折すれば大王わさび農場や白馬村方面ですが、そこを直進して柏矢町の駅に向かう途中の万水川(よろずいがわ)を渡って、道がすこし下がった辺りの左側です。こんな大きな看板や顔出しパネルがあるので、すぐに分かると思います。

IMG_2584-a_201903231127113ee.jpg



大型車も駐車可能な広い駐車場から入り口へ
古民家再生では有名な方が手がけた建物だと、以前聞いた記憶があります

IMG_2585-a.jpg


未舗装ですが、この駐車スペースは以前よりも広がったように思いました

IMG_2588-a.jpg


入り口前には噴水のある池

IMG_2586-a_201903231127147ee.jpg


以前は鯉が泳いでいたような…、見えなかっただけかも^^;

IMG_2587-a.jpg


大王松(だいおうしょう)もご立派!

IMG_2594-a_20190323112854915.jpg


暖簾をくぐる前に、おすすめをチェック!

IMG_2593-a_20190323112852e4c.jpg


IMG_2590-a_201903231127183ae.jpg


黒板の後ろが気になって覗いてみると、親切にも三脚が!

IMG_2592-a.jpg


お昼どきでしたが、観光シーズン前だったためか空いていました
趣のある囲炉裏をぐるりと囲むようなしつらえのテーブル席へ

IMG_2576-a.jpg



こちらの座敷からは東山が眺められる…はず^^;
この日はあいにく雨上がり直後でしたから

IMG_2577-a_20190323112700ef4.jpg



お品書き
素晴らしいweb.サイト(俗に言う、「ホームページ」)があるのですが、一部だけの紹介なので、頑張って全部写真に収めて来ました^^

IMG_2578-a_20190323112702061.jpg


IMG_25689-a.jpg


IMG_25701-a.jpg


IMG_2572-a.jpg


IMG_2575-a_20190323112657645.jpg


IMG_2573-a.jpg



時季的に山菜の天ぷらを期待して、天せいろそばをお願いしました

IMG_2579-a_20190323112704931.jpg



蕎麦は、私好みな白い細めの更科そば、石臼挽きの安曇野産のそば粉使用
この時期なので流石に新蕎麦のような香りは楽しめなかったけれど、喉越しよくスルスルと食べられました
程よく元気な音をたてて蕎麦を啜る至福の時♪、音も立てずに上品ぶってちゃ~、いくらうまい蕎麦だって不味そうだってぇ~もんだぜ!(笑)
半分はつけつゆなしで、わさびをちょいと載せただけで食べてしまったほど美味しい蕎麦でした
つゆは、やや辛め~中庸な感じでしたが、あまりつけすぎないほうが蕎麦が美味しく食べられると感じます

IMG_2580-a.jpg



天ぷらは、蓮根、わさびの花、しいたけ、さつまいも、ピーマン、海老
蕎麦の美味しいのはもちろんですが、この天ぷらが絶品!、下手な天ぷら専門店よりも、よほど美味しいのです!!
実はこの店、夜営業にも力を入れており、夜は『そばが食べられる天ぷら屋』を自称するだけあります!
伊那市からやってきた料理上手なお姉さんも、天ぷらの美味しさに感心していました(狙い通り!)

IMG_2581-a_20190323112706164.jpg



蕎麦湯は、期待通りの薄め!
これについては、web.サイトに掲載の店主のコラム記事⇓を是非読んで戴きたい!(ドロドロの蕎麦湯がサイコーなんて通ぶっている御仁は必ず読むこと!、笑)
安曇野は四方山そば話/そば湯が薄くてラッキー

IMG_2582-a_20190323112708179.jpg



季節の天ぷらのお知らせと思いますが、親切でなかなかいい方法だなと感心!^^;

IMG_2583-a_201903231127090f3.jpg




さて、以下は2015年10月3日に初めて来店したときのコンデジ写真です。

「穂高そば」などは、自分でわさび芋をすりおろし、残ったわさびは持ち帰ることができます
(わさび芋=県外の方は生わさびと言いますが、安曇っ子は茎も葉も花もすべて食すので「芋」と表現します)

TV_9367-a.jpg


TV_9363-a.jpg



天井にボートや…

TV_9379-a.jpg



ピアノがあるスペースを挟んで…、

TV_9373-a.jpg



この奥は広いお座敷なので、大人数の団体でも利用可能ですが、
当然のことながら、個人で利用したほうが挽きたて、打ち立て、茹でたての美味しい蕎麦にありつけること間違いなし♪

TV_9375-a.jpg



当時の暖簾は白でした

TV_9386-a.jpg



季節は秋だったので、柿が!
蔵の白壁に柿を、…入らなかった!(-_-;)

TV_9390-a.jpg




参考程度にときどき食べログなどを見ると、『手打ちそばの店です』などとよく目にします。安曇野(を含む長野県)には、私の知っている限りでは、一部のチェーン店を除き、手打ちのそば店しかありませんし、そういう店こそがそば店です。都内のたとえば『冨士そば』は、手っ取り早くそれなりに美味しく食べられる気軽な店として人気ですが、それらと同列に見ているような口コミの書き込みも見受けますからあまりアテにはしていません。もちろん、当ブログも含めて、食べ物、特にラーメンや蕎麦は好みが合わなければ美味しいと感じないと思いますので、その点ご考慮ください。

私には好みの蕎麦なのでとても美味しくいただきましたが、黒っぽい田舎そばがお好きな方なら別なそば店にしたほうが良いかもしれません。店主の心意気、栄養士の資格を持つという奥様の学識も相まって、素晴らしいおもてなしをしている店と感じます。

是非、web.サイトの「ホームページ(=トップページ)」と「安曇野は四方山そば話」だけでも目を通してみてください。四方山そば話が4話だけで、更新がないのが寂しいのですが…(笑)



そば処 安留賀(あるが)

住所:安曇野市穂高737-1
TEL:0263-82-8282
定休日:定休日(祝日の場合は営業)
営業時間:11:00~14:00 17:30~21:00(火曜日の夜営業は予約のみ)
駐車場:26台(大型車可)
席数:椅子席3卓18席/座敷席12卓52席
web.サイト:https://www.aruga-soba.jp/










いつも応援ポチありがとうございます
この記事が少しでも面白かった、参考になった、役に立ったと思ったら、
▼のボタンをポチッとしてもらえると、更新の励みになります(^_-)-☆

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
長野県 ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト



COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.