fc2ブログ

安曇野と信州の四季の自然の素晴らしさや、人気のお店を紹介しています♪ 最近はほとんど『野鳥 大好き!』ですが^^;

安曇野のそば食べ歩き~安曇野そば処 青崎




知人から聞いて安曇野市のお隣、松川村の『安曇野そば処 青崎』に行って蕎麦をいただいて来ました。土曜日だったので混み合うかなと心配でしたが、幸い大混雑という程ではなくお昼にありつくことが出来ました(*^^*)






略図だけを見てたどり着けました^^

IMG_2819-a.jpg



まだ改築後からひにちが経っていないようで、真新しい建物です

IMG_2820-a_2019052712422775b.jpg



真ん中の囲炉裏風な大きなテーブルに相席で♪
入り口が見える席に座りましたが、決してその方の者ではございません(笑)

IMG_2832-a.jpg



さてと、何を注文しようかな!?
…って、いつもほとんど天ざるじゃないか~!(笑)
他店で見かけない「かきあげ天ざる」が気になるけど、比較ができるように天ざるにしよ~っと♪(*^^*)

IMG_2821-a.jpg


IMG_2822-a.jpg



一度に運ばれてくるのではなく、小出しに運ばれてきました^^
最初はそばつゆの入ったそば猪口と、その上に刻みネギ、おろし大根、わさびののった薬味皿、そしてつゆ徳利も

IMG_2824-a.jpg



続いて、大根の漬物と、揚げ蕎麦

IMG_2825-a.jpg



お茶をいただきながら、揚げ蕎麦をカリカリと…
眼前のお花を眺めつつ、大根の漬物もパリパリと…、お蕎麦を待ちます^^

IMG_2828-a.jpg


IMG_2827-a.jpg



次々にお客さんが来ていつの間にか満席となりましたが、さほど遅いなぁと感じない程度にまずは天ぷらが運ばれてきました

嬉しい!コシアブラ、定番の(?、笑)海老、南瓜、隠れて見えないけれど茄子とピーマンも
天つゆは提供されず、に茶塩でいただきますが、某店で酷い抹茶塩に出会ってしまいましたが、こちらはまともな抹茶塩でした

IMG_2829-a.jpg



そして、ざるそばも運ばれてきました♪

IMG_2830-a.jpg



拡大したのでおわかりかと思いますが、乱切り蕎麦です
いつものように、まずはそばつゆをつけずにいただきました
短めでやや腰が弱いかな!?

IMG_2831-a.jpg



とはいいながら、美味しくいただきました(๑´ڡ`๑)
そして、いつも「いやらしいかな?」と思いつつ、蕎麦湯の蓋を開けて蕎麦湯をかき混ぜてから蕎麦湯チェック!
いや、いつも、何様だ!と思われやしないかと、こっそりやるんです(-_-;)
ドロドロを出されていたらやめようと思いましたが、程よい濃度でおいしくいただきました(*^^*)

IMG_2833-a_2019052712482286e.jpg



店内は4人掛けのテーブル席が3卓と、私が着席した8人がけ、そして隣の小上がり

IMG_2834-a.jpg



お勘定を済ませて外へでると、東山がキレイ

IMG_2835-a.jpg



街灯の案内看板が『青崎山荘』になっていたのは、むかし山荘だった名残かな!?

IMG_2836-a.jpg



奥の建物にも食事中のお客さんが見えました
結構なキャパシティがありそうです

IMG_2837-a.jpg



知人から聞いていた評判から期待しすぎていたのかもしれませんが、五つ星で評価したら、☆☆★★★~☆★★★★くらいかなと感じました。天ぷらにコシアブラは評価大ですが、乱切り蕎麦が…(-_-;)。やはりそばきりは太さが揃っていないと茹で加減が違ってきますから、そこが私の好みではなかったですが、安曇野のそば店の中では平均か平均以上ではないでしょうか。

そばつゆは、10種類以上の野菜で旨味と甘味を加えた自慢のつゆとのことですが、こちらも好き嫌いが分かれるところかもしれません。

おいしくいただきました、ごちそうさまでした(๑´ڡ`๑)


安曇野そば処 青崎
住所:北安曇郡松川村3395-3
TEL:0261-62-3385
定休日:水曜日
営業時間:11:00~20:00



訪問&撮影:2019年5月25日







いつも応援ポチありがとうございます
この記事が少しでも面白かった、参考になった、役に立ったと思ったら、
▼のボタンをポチッとしてもらえると、更新の励みになります(^_-)-☆

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
長野県 ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト



COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.