fc2ブログ

安曇野と信州の四季の自然の素晴らしさや、人気のお店を紹介しています♪ 最近はほとんど『野鳥 大好き!』ですが^^;

ニッコウキスゲにノビタキを期待したけど^^;♪




読書や、映画、韓ドラ(「愛の不時着」じゃないですケド、笑)に10日間以上も耽っていたので運動不足も気になり、先日はキスゲが咲いているであろう高原へ出かけてみました。
梅雨明け前の絶好とは言えない天気の平日なのに、2週間前よりもかなり人が多かったのは予想外。

IMG_3935_a.jpg
▲iphoneにて撮影

散策路に沿って、鹿がキスゲを食べないように柵が張られています。
でもよく考えてみれば、開発や温暖化などが原因で鹿には何の罪はなく、悪いのは人間の方なんですよね。






キスゲは咲いているけれど、期待するノビタキは姿が見えず、
遊んでくれたのはホオアカ(頬赤)だけ

オオカサモチの白やキスゲの黄色を入れた”苦し紛れ”に終始

011A8654 (2)_a


011A8665 (2)_a



何を咥えているのか、虫のような花の蕾のような、拡大してもよくわからず^^;

011A8750 (2)_a



キスゲやイブキトラノオ、カラマツソウなどが咲くお花畑を愛でる(!?)ホオアカ♪

011A8755 (2)_a


011A8766 (2)_a



ノビタキが一向に現れないので、見切りをつけて移動しようと駐車場に戻ると、数日前にもお会いした鳥見のベテランさんに再会、聞けば昨日は濃霧で撮影どころではなく、また来たんだよと
となると、キスゲにノビタキが期待はずれでも、シャッターが切れただけマシと思わねばならないかも!?

移動先でも、出会えたのはホオアカばかり^^;

011A8827 (2)_a



レンゲツツジはもう終わっており、名残のコバイケイソウにでも来てくれればホオアカでも役に不足はないけれど、枯れ枝ばかりでは…^^;

駐車場を挟んで反対側からノビタキの声がするのでそちらに行ってみると、
ノビタキ(野鶲)♂とヨシカレハ幼虫との2ショット(!?)

011A8876 (2)_a



ここでもホオアカにも遊んでもらったけど、同じく季節感ゼロ^^;

011A8904 (2)_a



ヤマドリゼンマイ(orオニゼンマイ?)がせいぜいといったところ、トホホ~

011A8925 (2)_a



群生するヨツバヒヨドリに来てくれたけど、う~ん、これじゃ絵にならん!^^;

011A9023 (2)_a



行々子、行々子って、啼いてごらん!…(笑)
『・・・・・・オジサン、ムリ!』

011A9288 (2)_a



取り敢えずノビタキには会えたけど、なんだかなぁ~^^;
今度は、2週間前にノビタキに遊んでもらった湿原へ移動

IMG_3954.jpg
▲iphoneにて撮影



会えたのは、ノビタキのちびっ子
でもあいかわらず味気ない、こんなシーン^^;

011A9328 (2)_a



こうなったら鳥撮りは諦めて、花を愛でたり蝶を楽しもうと、湿原を2時間かけてのんびりと一回り
ホオアカだけは慰めに(たぶん)ノリウツギ(糊空木)にとまって遊んでくれました^^

011A9369 (2)_a


011A9829 (2)_a




この日の鳥見はパッとしなかったけれど、たくさんの花や蝶(幼虫のケムンパスも)に巡り会えたし、スマホのアプリを見たら歩行数もかなり多かったので運動不足も少し解消し、それなりに愉しめた一日でした。

最後までおつきあいくださり、ありがとうございました♪




撮影:2020年7月16日、長野県







いつも応援ポチありがとうございます
この記事が少しでも面白かった、参考になった、役に立ったと思ったら、
▼のボタンをポチッとしてもらえると、更新の励みになります(^_-)-☆

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ
にほんブログ村


長野県ランキング




関連記事
スポンサーサイト



COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.