fc2ブログ

安曇野と信州の四季の自然の素晴らしさや、人気のお店を紹介しています♪ 最近はほとんど『野鳥 大好き!』ですが^^;

地球を42周した諏訪湖畔のデコイチ

CATEGORY中信


日本の蒸気機関車のなかで最も人気があるのは、デコイチまたはデゴイチの愛称で知られるD51ではないでしょうか。主に貨物輸送のために使用されていましたが、太平洋戦争中に大量生産されたこともあって、製造車両数は総数1,115両に達しており、ディーゼル機関車や電気機関車などを含めた日本の機関車1形式の両数では最大を記録しました。この記録は現在も更新されていません。今でも保存されているのは180両で、このうち動態保存されているのは、JR東日本の498号機と、JR西日本の200号機の2両だそうです。

ちなみに、私が好きな、愛称シゴハチのC58は客貨両用の万能機として製造されましたが、その数は全部で431両ですから、D51に比べると大変少なく、現在保存されているのはわずか53両、うち動態保存は2両です。(239号機は盛岡車両センターで「SL銀河」として活躍、363号機は秩父鉄道の「パレオエクスプレス」などで活躍しました。)


先日、高島城を訪れた時に見かけたのが、諏訪市湖畔公園に静態保存されているD51 824です。国鉄浜松工場で昭和18年3月16日に製造され、中央東線や篠ノ井線で活躍しましたから、まさに信州で育った蒸気機関車です。


TV_20150423_4472.jpg


TV_20150423_4473-2.jpg


腕木式信号機も一緒に展示されていますが、機関車の現役時代を彷彿とさせてくれています。

TV_20150423_4452.jpg


除煙板の形が一般的ではなく、この車両特有のものなのでしょうか。説明書きの看板と物置の間には、この機関車に取り付けられていたと思われる集煙装置が取り外されて展示されていました。

TV_20150423_4454.jpg



スペックや履歴が書かれた説明書きの看板がありました。写真に撮って文章に書き起こさずに済ませようと無精を決め込んではみましたが、やはり読みにくいようなので、せっせと文字起こしいたしました(笑)。


TV_20150423_4455-2.jpg




蒸気機関車D51824号

形式称号…D51
製造所…国鉄浜松工場
製造年月日…昭和18年3月16日
全長…19.7米
運転整備重量…125.8t
動輪径…1.4米
水槽容量…20.0立法米
石炭積載量…8t
最大馬力…1,300馬力

D51形蒸気機関車は、デゴイチという愛称で親しまれ、昭和11年にはじめて製造された蒸気機関車で、国鉄の主要機関者のなかで最大の製造数を誇ろ代表的な蒸気機関車です。

このD51824号は、昭和24年6月上諏訪機関区に配属となり、以来昭和39年3月まで15年間、中央東線、篠ノ井線の主力機関車として、旅客、貨物の輸送に日夜活躍し、この地方の文化の交流、経済の発展に多大の貢献をしてまいりました。

その後、松本、長野両機関区へ転属し、国鉄の動力近代化に伴って、昭和45年8月廃車となりました。この間の稼働実績は、27年間、約170万キロメートル(地球を42周)を走行しております。

このなじみ深いD51824号が末長く科学的遺産として、また教育資料として、諏訪湖畔に永久保存されることになりました。

どうか皆さん、いつまでもやさしく可愛がってください。

昭和45年11月
                        諏訪市
                        D51482号保存協力会






TV_20150423_4457.jpg


動輪やロッドなども、綺麗に塗装されていました。定期的にメンテナンスされているようです。左側に見える階段を登ると運転席に入ることができます。防犯用のシャッターが取り付けてありますので、中を見学するのなら時間を確認しておきましょう。


運転席シャッターの開放時間

午前9時15分~午後3時45分(平日)
午前9時15分~午後2時45分(土、日)




TV_20150423_4459.jpg


カマの口が開いています。中を覗き込めたのは初めてです。

TV_20150423_4460.jpg


TV_20150423_4462.jpg


ストロボをつけて撮影したら、中にゴミが…。

TV_20150423_4461.jpg


TV_20150423_4463.jpg


運転席左側の窓から外を眺めていると、運転士の気分です。

TV_20150423_4464.jpg


圧力計。管理人もいないのに、盗難に遭わずに済んでいます。これからも不心得者が現れないことを祈ります。

TV_20150423_4465.jpg


運転席右側の窓から進行方向を眺めてみました。もし走らせてみたら、煙やススで、こんなに綺麗には見えないのかもしれませんね。

TV_20150423_4467.jpg


TV_20150423_4469.jpg


炭水車の後ろには、諏訪湖遊覧船の白鳥の姿が。

TV_20150423_4470.jpg


TV_20150423_4471.jpg


電車や気動車よりも、生き物のような感覚にとらわれるのは私だけでしょうか。その分、機械としてもとても親しみが持てるような気がするのです。アナログ的というのでしょうか、蒸気機関車が今だに人気があるのはその辺が影響しているのかもしれません。

TV_20150423_4473.jpg




このほか、諏訪湖畔には岡谷市になりますがもう一両のD51が保存されていますし、以前の記事に書いたように安曇野市にもD51が保存されています。安曇野市のD51については以下の過去記事をよろしければどうぞ。

広島で被爆した機関車/2015/02/10

機関車の引っ越し、その後/2015/03/05




諏訪市湖畔公園
諏訪市湖岸通り2.3.4.5丁目
・JR中央本線上諏訪駅から徒歩で約10分
・中央自動車道諏訪ICから車で約15分










▼ブログランキングに参加しています♪
この記事が少しでも面白かった、役に立ったと思われましたら、
下のボタンをポチッとしてもらえると、とても励みになります
ヽ(´ー`)ノ

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野県情報へ    





関連記事
スポンサーサイト



COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.