fc2ブログ

安曇野と信州の四季の自然の素晴らしさや、人気のお店を紹介しています♪ 最近はほとんど『野鳥 大好き!』ですが^^;

今季初撮りのレンジャク♪





2日前には、50羽ほど来ているという群れに出会えなかったレンジャクに、
この日ようやく会うことができました(^^)/

見当をつけて歩いていくと、それらしき人の群れが。
鳥を探すよりも、それを撮っている人を探したほうが早いといいますが、
この日は(も?)まさにそのとおり!(笑)
撮る方に都合よく低いところではないけれど、高すぎて戦意喪失というほどでもなく、
さっそく撮影の集団に加えてもらいました(^^♪





ヒレンジャク(緋連雀)、キレンジャク(黄連雀)

朝からしっかりとホザキヤドリギ(穂咲宿木・穂咲寄生木)の黄色い実を食べて満腹らしく、
ほとんどが枝にとまってま~ったりとしていました
地元の方の話では、2つの群れに別れたうちの一つが今ここにいるとのこと
ヒレンジャクが20羽強、キレンジャクが2羽確認できました

011A8925 (2)_a
▲ヒレンジャク


大好物を食べ始めたレンジャクを狙ってシャッターを切りました
枝被りばっかりですが…

011A9939 (2)_a

011A0442 (2)_a
▲ヒレンジャク


徐々に、スッキリシーンが撮れそうなところが分かってきました

011A0588 (2)_a

011A0644 (2)_a
▲どちらもヒレンジャク


ヒレンジャクとキレンジャクが一緒の場面もどうにか撮れました

011A0736 (2)_a
▲左がヒレンジャク、右がキレンジャク


レンジャクがホザキヤドリギの実を食べだすと、びっくりするほどの爆食いです

011A9069 (2)_a

011A9146 (2)_a
▲ヒレンジャク


011A9273 (2)_a

011A9557 (2)_a
▲キレンジャク


食べれば、当然のことながら出るものは出ます!

011A8959 (2)_a
▲キレンジャク


上のキレンジャクの脱糞シーンですが、「ウンピ」と「ウンニョ」の中間くらいの軟度でしょうか(笑)
ヤドリギが寄生する樹木にこの糞がピタリとくっつくのに最適な軟度らしいです
レンジャクに爆食いされても、ヤドリギはそのおかげで別な場所に子孫を残せるというウィンウィンの関係にあるそうです


さて、2羽いたキレンジャクのうちの1羽が比較的低めの近い枝にとまっていました
ホザキヤドリギの実は少ないけれど、ときどきぱくりと美味しそうに食べていたのでそちらを狙ってみましたが…
手前の枝がジャマで全身が見えない^^;

011A9620 (2)_a

011A9626 (2)_a
▲わかりにくいけれどキレンジャク


仕方がないのでドアップにトリミング拡大しました

011A9641 (2)_a

011A9658 (2)_a
▲同様にわかりにくいけれどキレンジャク


爆食いシーンばかりでなく、おすましポーズも少しは撮りましたよ(^^♪

011A9702 (2)_a

011A9749 (2)_a


011A9759 (2)_a
▲キレンジャク


群れが一斉に飛び立って、しばらくするとまた戻ってきましたが、その直後は皆が一斉に爆食いしていました
この勢いではすぐにホザキヤドリギの実が食べ尽くされてしまいそうです(^^♪

011A9811 (2)_a


011A9816 (2)_a





昨シーズンに大ベテランさんからヒレンジャク、キレンジャクそれぞれの雌雄、成鳥若鳥の見分け方をご指導いただいたのだけれど、この日はほとんどお腹ばかりで判別手がかりの上面が見えず、識別のおさらいは次回に持ち越しです♪






撮影:2021年1月6日、長野県







いつも応援ポチありがとうございます
▼のボタンをポチッとしてもらえると、更新の励みになります(^^♪

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ
にほんブログ村


野鳥観察ランキング




関連記事
スポンサーサイト



COMMENTS

4Comments

There are no comments yet.

森の樹

No title

こんにちは。
レンジャクのすごい群ですね!!
ここまでの群は見た事がありませんよ。^^
キレンジャクは、やはり関東甲信越では、少ないようですね。綺麗に撮れていますね~

  • 2021/01/09 (Sat) 11:24
  • REPLY
JACK0904

JACK0904

Re: No title

森の樹さん、こんにちは♪

昨シーズンは同じところで100羽の群れに会いました。
でも、今回のほうが撮りやすかったと思います。
数が多ければいいというものでもないのかもしれませんね^^;

やはりキレンジャクのほうが人気があるようですが、
信州ではヒレンジャクのほうが数が多いみたいです。
未熟で拙い写真をお褒めくださり恐縮です。

  • 2021/01/09 (Sat) 18:32
  • REPLY

柳宏

No title

こんにちは!
生まれは、安曇野近辺です、寒い山の中で育ちました。各種レンジャクやヒワやウソ そんな群れの中で遊んでいました。なつかしいです。

よろしくお願いいたします。

  • 2021/01/10 (Sun) 17:51
  • REPLY
JACK0904

JACK0904

Re: No title

柳宏 さん、こんばんは~♪

ご訪問とコメントありがとうございます。

> 生まれは、安曇野近辺です、寒い山の中で育ちました。各種レンジャクやヒワやウソ そんな群れの中で遊んでいました。なつかしいです。

レンジャクやヒワ、ウソの群れの中で遊んだなんて、羨ましいです。
両親の生まれ故郷で暮らし始めて6年ほど経ちますが、
冬の寒さは覚悟していたものの、やはり想像以上ですね。
でも、そんな寒い冬こそ野鳥と遊んでもらえるいい季節ですね。
自然豊かな安曇野、松本平は素晴らしいところ!

こちらこそ、これからもよろしくお願いいたします。

  • 2021/01/10 (Sun) 18:44
  • REPLY