fc2ブログ

安曇野と信州の四季の自然の素晴らしさや、人気のお店を紹介しています♪ 最近はほとんど『野鳥 大好き!』ですが^^;

おすすめTV番組/白馬岳



今夜放送予定の山番組です。BS-TBSにて毎週放送しているのですが、今回は昨年の7月に放送された白馬岳の再放送ですから、見逃してしまった方には嬉しいアンコール放送です。

もう40年も前のことですが、6月下旬から1ヶ月の間に3度も大雪渓を登って白馬岳に登りました。その年の夏合宿に、3,000mの後立山連峰から海抜ゼロの親不知に向かう、当時開通したばかりの栂海新道というルートを計画していたので、2回はその下見の山行でした。

2度目の下見山行では、前日に小雪渓で、滑落した登山者が遭難死する事故が発生していました。大雪渓の上部で、名古屋から来た2人連れの女性が怖いから同行させてくれとせがまれて、同行のN君と二人でサポートして登ったのです。ヘルメットやピッケル、冬用アイゼンを装備した私達がきっと頼もしく見えたのでしょう。彼女たちは、見るからに登山初心者で、簡易アイゼンしか持参しておらず、怖くなったのでしょうね。ほおっていくわけにもいかず一緒に登ることになってしまいました。

途中、音もなく落ちてくる落石にも相当ビビっていました。急斜面で危険なところは、ピッケルでステップを刻んであげたりしながら、ようやく小屋にたどりつきました。後日、礼状が届いて無事に下山したことが分かったので安心しました。……初心者だけで登るのは無謀です。上級者に同行してもらうか、山岳ガイドを依頼して、安全な登山を心がけてください。



日本の名峰・絶景探訪
BS-TBS 毎週土曜日 21:00~21:54


003_20150703110243677.jpg




7月4日放送★アンコール放送(2014.7.19)
#50「風薫る大雪渓 白馬岳」

長野と富山の県境に位置する、標高2932mの白馬岳。その美しい姿は北アルプスを代表する景色です。豊富な高山植物から花の名山としても有名。

今回、白馬岳頂上を目指すのは、俳優・深水元基。特に人気が高い猿倉からのルートでスタート。全長3.5km、標高差600mの日本一のスケールを誇る白馬大雪渓を歩きます。長い冬から夏へ、一気に表情を変える白馬岳の魅力とは…


【 ロケ日: 2014年6月 】

002_2015070311054856e.jpg



<番組概要>

春夏秋冬365日、それぞれの表情を見せる日本の名峰や、郷愁を誘う原風景を、臨場感あふれる映像で紹介する自然派ドキュメント番組。
山岳を愛する旅人がその地を訪れ、山頂へのアタックや原風景に秘められた謎を追い求める。
絶景はもちろんの事、番組では、その地で見る「朝日」にもこだわりをみせ、季節、天気、気温などの諸条件が奇跡的に満たされた限られた時間にしか見る事の出来ない貴重な”夜明け”の瞬間をお届けする。番組ナレーションは津嘉山正種。


001_2015070311064855c.jpg



<見どころ>

夏山シーズンを迎える前の、静寂な山。植物が芽を出し、高山植物の花が咲き、まさに山が動き始める頃。

さわやかな新緑の中を抜け、白馬大雪渓へ。多い時期には行列をなす大雪渓を独占する深水。贅沢なひと時だ。

しかし、予想以上の急斜面に体力を奪われていく。距離感がつかめず、進んでいる感覚が無くなり、体力と気力との闘いが続く。

大雪渓を抜けると、日本で最大級の白馬山荘で登山者を温かく迎えてくれる。山荘で疲れた体を癒し、ご来光を求め、頂上を目指す。


daisekkei1.jpg

(C)http://vill.hakuba.nagano.jp/



<取材後記>

アシスタントとして、初めて山に登りました。
梅雨の時期は山の天気も非常に変わりやすく、撮影も大変悩ませられました。
しかし、この季節だから見ることが出来る白馬の一瞬だけ見せる様々な表情を見た気がします。

そして驚いたのが、暑さと虫の多さでした。
いつの間にか虫に噛まれ、山頂に着いた頃には掌から甲まで腫れ上がっていました。
体温調節も重要ですが、虫対策も重要なんだなぁと身にしみて感じた白馬岳でした。


※以上、番組HPより引用




番組ホームページ
http://www.bs-tbs.co.jp/meihou/
http://www.bs-tbs.co.jp/meihou/archive/20140719.shtml

白馬村公式サイト
http://vill.hakuba.nagano.jp/index2.html

ヤマケイ/登山ルート・白馬岳
http://www.yamakei-online.com/yamanavi/yama.php?yama_id=465



004_20150703111008a28.jpg
(C)http://vill.hakuba.nagano.jp/


参考までに、猿倉荘から白馬岳までの標準的なコースタイムを記しておきますが、年齢や経験、体力に応じて、余裕ある計画を立ててください。

猿 倉 荘
1:10↓↑1:00
白 馬 尻
2:30↓↑1:30
葱   平
2:00↓↑1:00
村営頂上宿舎
0:20↓↑0:15
白 馬 山 荘
0:15↓↑0:10
白 馬 岳








▼ブログランキングに参加しています♪
 応援よろしくお願いします♪

この記事が少しでも面白かった、参考になった、役に立ったと思ったら、
下のボタンをポチッとしてもらえると、とても励みになりますヽ(´ー`)ノ

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  


関連記事
スポンサーサイト



COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.