fc2ブログ

安曇野と信州の四季の自然の素晴らしさや、人気のお店を紹介しています♪ 最近はほとんど『野鳥 大好き!』ですが^^;

安曇野の里を訪ねて/田淵行男記念館・あづみ野ガラス工房・ビレッジ安曇野・プラザ安曇野



安曇野インターから人気のスポットの大王わさび農場に向かう途中、「重柳」の交差点を曲がらずにそのまま直進すると、やはり安曇野を訪れる方には人気の場所があります。

田淵行男記念館や、あづみ野ガラス工房、土産品などを扱うプラザ安曇野、公共の宿・ビレッジ安曇野などが集まる「安曇野の里」です。ガラスの作品を制作体験するのがお目当ての人もいれば、山岳写真家の田淵行男記念館を訪れる人などもおり、観光シーズンは賑やかな一角となります。


▼こちらが、田淵行男記念館です。安曇野を活動の場としていた田淵行男は高山蝶の研究家でもあり、また山岳写真家として知られています。安曇野の自然に包まれるように立つ記念館には、彼の見事な観察眼と写真技術の高さを実感させられる高山蝶の写生画や山岳写真、著作などを展示しています。

TV_20150714_5508.jpg



▼田淵行男記念館からプラザ安曇野に向かう小径の途中を流れるせせらぎには、こんな水車が。

TV_20150714_5511.jpg



▼プラザ安曇野の前にはバス停がありました。あづみ野周遊バスや中房温泉行きのバスが利用できるようです。隣接する公共宿泊施設のビレッジ安曇野では、480円で日帰り入浴もできるんですね。

TV_20150714_5512.jpg



▼おみやげ品などを扱うプラザ安曇野。この日は7月上旬だったので、6月に収穫したであろう新玉ねぎがたくさん並んでいました。とても甘くて美味しい、豊科名物のひとつです。

TV_20150714_5514.jpg


TV_20150714_5517.jpg



▼プラザ安曇野から田淵行男記念館とは反対の方向には、公共宿泊施設のビレッジ安曇野があります。平成10年に豊科で告別式に出席した際、親戚数名と宿泊したことがありましたが、詳細はほとんど記憶に残っていません。

TV_20150714_5519.jpg



▼ここにも水の流れがありました。緑と水の安曇野らしいですね。

TV_20150714_5522.jpg


TV_20150714_5523.jpg



▼プラザ安曇野を通り抜けると、広場があります。何かの碑がありましたので、近くまで歩み寄ってみましたが、結局何だか分かりませんでした(汗)。

TV_20150714_5526.jpg


TV_20150714_5528.jpg



▼田淵行男記念館の裏手になりますが、あづみ野ガラス工房です。

TV_20150714_5529.jpg


TV_20150714_5532.jpg


TV_20150714_5541.jpg



▼広場の更に奥、ガラス北工房の裏手からはアルプスの山並みが見渡せました。この日は風が強かったので、空気中のチリやホコリが吹き飛ばされて空気が澄んでいましたから、余計に青空の綺麗さを感じました。

TV_20150714_5534.jpg


TV_20150714_5536.jpg



▼広場を振り返ると、こんな感じ。元気のいいちびっ子たちが大喜びして駆け廻れそうです。

TV_20150714_5539.jpg



▼ガラス工房から田淵行男記念館への途中からも、緑が、青空が、北アルプスが、と、素晴らしい眺めです。

TV_20150714_5543.jpg


TV_20150714_5545.jpg




安曇野の里

ビレッジ安曇野、プラザ安曇野、田淵行男記念館、あづみ野ガラス工房、とんぼ玉楽舎(とんぼだまがくしゃ)などが集まっています。

・ビレッジ安曇野・・・安曇野の風景を満喫できる公共の宿
・お土産処プラザ安曇野・・・名水、わさび&手打ちそば
・田淵行男記念館・・・写真家・田淵行男の全軌跡を収蔵
・あづみのガラス工房・・・オンリーワンの手作りガラス
・とんぼ玉楽舎・・・とんぼ玉づくりが体験できます

わさび田湧水群・名水百選の里を有する安曇野の里は、湧水に囲まれた自然豊かな敷地にさまざまな施設が点在しています。周辺はわさび畑・湧水の流れる小川・蛍の舞う湧き水散策路・こんこんと水が湧き出るわさび田湧水群公園などがあり、北アルプスを見ながらゆっくり過ごすことができます。

場所:長野県安曇野市豊科南穂高 5089-1
問合わせ:一般社団法人 豊科開発公社(Tel:0263-72-8568)
アクセス:自動車=安曇野ICから 4km 5分、鉄道利用=JR大糸線柏矢町駅下車 →徒歩 15分
web.サイト:http://www2.dango.ne.jp/villagea/


田淵行男記念館

山岳写真家で高山蝶の研究家でもあった田淵行男の作品を展示。自然体験講座等も実施している。

<現在開催中の展覧会>

・田淵行男記念館25周年企画展
「山と蝶」
6月9日(火)~10月12日(月・祝)
 山岳写真家で、昆虫の生態研究科でもある田淵行男(1905-89)は自然を愛し、生涯にわたって自然保護の大切さを提唱し続けました。田淵は自然を単なる被写体としてではなく、実に気の遠くなるような時間をかけて観察していました。今展では、田淵が愛した山と蝶に焦点をあわせ、モノクロームの山岳写真と生態研究のために描いた蝶の水彩画などを中心に数々の傑作を紹介します。
田淵行男
1905年鳥取県生まれ。1945年疎開をきっかけに安曇野に移り住む。1951年朝日新聞社から初めての著書『田淵行男山岳写真傑作集』を出版。以降、亡くなる1989年までの間に36冊の著書を発表。壮大な北アルプスと緑豊かな安曇野をメインフィールドとして、高山蝶、アシナガバチなどの生態研究や、山岳などの自然写真の撮影にその生涯を捧げた。環境庁(現・環境省)長官より自然保護思想普及功労賞、日本写真協会功労賞など数多くの賞を受ける。
安曇野名誉市民。

小口和利写真展
「憧れのヨーロッパアルプス」
7月14日(火)~9月27日(日)
 国内外で活躍し続ける写真家小口和利氏による本場ヨーロッパの迫力に満ちたアルプスの写真約20点を展示。
小口和利
1953年長野県松本市生まれ。大学卒業後、北アルプス穂高岳涸沢ヒュッテで働いた後、渡欧。オーストリアのインスブルックを足がかりにヨーロッパアルプスを登り歩く。ヨーロッパ滞在中に出会った写真家の水谷章人氏に師事。帰国後東京綜合写真専門学校を卒業。1983年よりNHK文化センター松本教室、1998年より松本フォトアカデミー、2000年より田淵行男記念館友の会写真部で現在まで講師を勤めている。ヨーロッパアルプス、ヒマラヤ、アラスカ、南米パタゴニアや地元信州の山々で撮影を続けている。写真集に『太陽の背なか』(Bee Books)、『水の回廊』(Bee Books)、『常念刻々』(郷土出版社)、『ON THE EARTH』(2015年出版予定)、著書に『オーストリア・アルプスハイキング案内』(山と渓谷社)がある。

場所:長野県安曇野市豊科南穂高 5078-2
問合わせ:田淵行男記念館(Tel:0263-72-9964)
開館時間:午前9時~午後5時
休館日:月曜日(祝日の場合はその翌日)、祝日の翌日、12月28日から1月4日
入館料:高校生以上 300円
web.サイト:http://azumino-bunka.com/facility/tabuchi-museum/


あづみ野ガラス工房

普段なかなか目にすることのできないガラス制作の光景を目の前で見学することができます。多摩美術大学卒業生が制作のお手伝いをする吹きガラス体験と、一つひとつ作者が丹精を込めて制作した「あづみ野ガラス」の展示販売をしています。

場所:長野県安曇野市豊科南穂高 5076-17
問合わせ:あづみ野ガラス工房(Tel:0263-72-8030)
営業時間 9:00~16:30
休業:年中無休(年末年始を除く)
料金:20分吹きガラス体験コース=3240円、絵付け体験=1620円、リュータ体験=1350円
web.サイト:http://www.azumino-glass.com/


グラスアート瑠璃工房 とんぼ玉楽舎

模様選び、ガラス棒の色選びから始め、800℃のバーナーでガラス棒を溶かし、オンリーワンのとんぼ玉を作ってみませんか。出来上がったとんぼ玉でオリジナルアクセサリーというのもいいですね。

場所:長野県安曇野市豊科南穂高 5089-1
TEL:0263-73-0668
営業時間:9:30~17:00(※とんぼ玉作り受付は16:00まで)
休業:火曜日
料金:とんぼ玉作り体験800円~
web.サイト:http://www.rurikoubou.co.jp/index.html


公共の宿 ビレッジ安曇野

清らかな湧水が流れる安曇野の中心に位置する公共宿泊施設です。全国名水百選の湧水を使ったミネラルたっぷりのお風呂があり、北アルプスの雪解け水で育った、地元のお米や野菜を使った季節料理も楽しみ。

場所:長野県安曇野市豊科南穂高 6780
TEL:0263-72-8568
料金:8,640円~(大人1名1泊/2食付/消費税込)
   ※料金は季節・曜日・プラン等により変動があります。
web.サイト:http://www2.dango.ne.jp/villagea/









▼ブログランキングに参加しています♪
 応援よろしくお願いします♪

この記事が少しでも面白かった、参考になった、役に立ったと思ったら、
下のボタンをポチッとしてもらえると、とても励みになりますヽ(´ー`)ノ

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  


関連記事
スポンサーサイト



COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.