fc2ブログ

安曇野と信州の四季の自然の素晴らしさや、人気のお店を紹介しています♪ 最近はほとんど『野鳥 大好き!』ですが^^;

大峰高原の「奇蹟の大樹」/七色大かえで



池田町に大峰高原という場所があることすら、私は数年前まで知りませんでした。父が池田町出身なので子どものころから何度も遊びに来たことはあっても、「東山」にはあまり興味を示しませんでしたから。

学生時代に登山に夢中になっていたので、池田町から興味を持って眺めていたのはいつも「西山」の方向ばかりです。燕岳や白馬方面の山々を眺めてはひとりご満悦の状態でした。


5、6年ほど前でしょうか、大峰高原には七色大かえでという大樹があって、秋には多くの観光客や写真愛好家たちが、その見事な紅葉の美しさに惹かれてやって来ると聞いたのは。皆が行くからというよりも、その樹が『奇蹟の大樹』と知ってから無性に逢いに行きたくなったのです。

終戦直後、戦後の食糧難を打開すべく、この地にやって来た開拓団の人々が開墾中、この大樹だけは抜根できず切り株だけが残りました。水利のないこの地では畑作が適わず、開拓団はこの地を去ります。時を経て、昭和40年代、この地に牧場を開こうとした者が発見した時には、切り株から枝幹が伸び、自然にしか作り得ない造形美があったというのです。

といっても、ひとり静かに花や樹を眺めるのは好きなんですが、そこに集まる人、人、人を見るのは好きではないという変わり者ゆえ、季節外れのこの時期がよいだろうと、先月はじめに、急に思いついて大峰高原に向かいました。

ひとりで気ままに車を走らせて夏のドライブもなかなかいいもんです。池田5丁目の信号を西山の方向に曲がって山道を登れば迷うことなく大峰高原です。


▼まだ夏休み前だし、お盆前でもありますから、広い駐車場には車が全く停まっていませんでした。大好きな「貸し切り」です(笑)。さっそく、逢いたかった『奇蹟の大かえで』とご対面。

TV_20150714_5722.jpg



▼走ってきた道の駐車場とは反対方向には、農作業中らしき人の姿がありました。この大峰高原は大半が私有地で、一部を池田町が所有管理しているのだそうです。

TV_20150714_5714.jpg



▼大かえでの近くには軽トラが2台停めてあり、2人のおじさんが大かえで周りの下草を草刈機で刈り取っていました。作業の邪魔にならないように近くまで寄るのは遠慮して、少し離れた距離から写真に収めました。

TV_20150714_5717.jpg


TV_20150714_5718.jpg


TV_20150714_5720.jpg


TV_20150714_5724.jpg



▼これによれば、昭和43年に再発見されたということです。200年以上この地に立っている大樹の生命力には改めて驚かされます。その後も新たに大きな樹が発見されているそうですから、これからも見つかるかもしれませんね。

TV_20150714_5715.jpg



▼紅葉の見頃を迎えると、七色大かえでは文字通り七色の紅葉に染まって見事な色合いになるようです。池田町の観光協会からお借りした写真です。※2015.10.15 写真を差し替えました。

TV_20151015_9999_50-800.jpg
2015.1015撮影



▼駐車場に立つ案内看板に、「北アルプス展望台」の文字を発見!元山男としては、迷わず移動開始です。必然的に、中かえでは次の機会にとなりました。

TV_20150714_5726.jpg



▼長峰山からの展望とはまた違った北アルプスの眺めにしばし見入っておりました。ライオンズクラブが作ってくれた案内は逆光でよく見えません。残念。

TV_20150714_5727.jpg


TV_20150714_5728.jpg


TV_20150714_5729.jpg


TV_20150714_5730.jpg


TV_20150714_5731.jpg




大峰高原の七色大かえで

標高は約1000mの私有地にある、イロハモミジの変種で、樹齢250年ほど。高さ11m、枝先の直径15m、根周り3.25m。毎年5月に芽吹き、開花し、10月中旬より紅葉がはじまり、様々な色が入り混じったグラデーションになり、最後は全体が赤く紅葉し、雨や強い風が吹く11月上旬に落葉する。周辺の小さなかえでは、自然に育っている大かえでの子供だと思われる。紅葉シーズンには、2万人の見物客が訪れる。

特徴と見頃:10月中旬~11月初旬
場所:池田町池田 大峰
   池田5丁目信号機より15分(県道274号線)約6.5km
問合せ:池田町観光協会0261-62-9197

大峰高原の中かえで
特徴と見頃:11月初旬~11月中旬
大かえでほど大きくはないが、赤色に染まると近くの白樺林とのコントラストが見事だとのこと。


002_20150810113112880.jpg

▲▼池田町観光MAP(PDFファイル)
http://www.ikeda-kanko.jp/fall/aki/map.pdf

池田町観光協会公式サイト
http://www.ikeda-kanko.jp/

池田町公式サイト
http://www.ikedamachi.net/





▼ブログランキングに参加しています♪
 応援よろしくお願いします♪

この記事が少しでも面白かった、参考になった、役に立ったと思ったら、
下のボタンをポチッとしてもらえると、とても励みになりますヽ(´ー`)ノ

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  


関連記事
スポンサーサイト



COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.