fc2ブログ

安曇野と信州の四季の自然の素晴らしさや、人気のお店を紹介しています♪ 最近はほとんど『野鳥 大好き!』ですが^^;

おすすめTV番組/白馬三山縦走 不帰の岩峰


この縦走のポイントは、いうまでもなく不帰ノ嶮(かえらずのけん)の通過です。不帰ノ嶮は正確には不帰一峰と二峰の鞍部から、二峰の北峰を指すもので、慎重に行動し、不注意な歩き方さえしなければ恐れる必要はないのですが、この番組のルートは逆コースよりも難易度が高いといえます。つまり、白馬岳から唐松岳を目指すルートのほうがより安全に通過できるコースです。(とはいえ、どちらのコースでも、やはり難所ですからそれなりの心構えを忘れずに!)

北アルプスを何度か体験した方で、少し難易度の高いコースに挑戦してみようという方なら、むしろ白馬岳から唐松岳に向かうコースでこの不帰ノ嶮にチャレンジしたほうがよろしいかと思います。「三点支持」といったロッククライミングの基礎的な技術のトレーニングをしてから、こういった難所に挑戦したほうがより安全であることは間違いありませんので、機会があれば講習会などで体験してみることをお勧めします。

まずはこういったテレビ番組でどんなコースなのか「疑似体験」してみてはいかがでしょうか。放送は、明日8月22日(土)、夜10時からです。



日本の名峰・絶景探訪
BS-TBS 毎週土曜日 22:00~22:54


003_20150703110243677.jpg



<番組概要>

春夏秋冬365日、それぞれの表情を見せる日本の名峰や、郷愁を誘う原風景を、臨場感あふれる映像で紹介する自然派ドキュメント番組。
山岳を愛する旅人がその地を訪れ、山頂へのアタックや原風景に秘められた謎を追い求める。
絶景はもちろんの事、番組では、その地で見る「朝日」にもこだわりをみせ、季節、天気、気温などの諸条件が奇跡的に満たされた限られた時間にしか見る事の出来ない貴重な”夜明け”の瞬間をお届けする。番組ナレーションは津嘉山正種。


8月22日放送
アンコール放送「白馬三山縦走 不帰の岩峰」

003_20150820075803899.jpg



白馬三山と呼ばれる、白馬鑓ヶ岳(2,903m)、杓子岳(2,812m)、白馬岳(2,932m)は後立山連峰の北部に位置する。

一般的な登山ルートは、八方池→唐松岳→不帰キレット→白馬鑓ヶ岳→杓子岳→白馬岳というコース。色とりどりの高山植物が咲き、岩稜歩きと、夏山のエッセンスが凝縮されている事から、登山者にとても人気が高い山。

今回の旅人は、月の放送では残念ながらご来光を見る事が出来ず、リベンジを誓った深水元基。今度こそ、白馬の朝日を浴びたいと再びアタックする。

【 ロケ日: 2014年8月 】


<見どころ>

001_2015082007580424e.jpg



8月中旬。夏山シーズンのピークを迎えた登山道は山を楽しむ人々で行列をなしていた。

白馬鑓ヶ岳~杓子岳~白馬岳を3泊4日で縦走するルートを今回選んだ深水。

道中では高山植物を楽しむが、白馬連峰一の難所と呼ばれる「不帰ノ嶮(かえらずのけん)」では鎖場が連続。途中には空中ハシゴ…と息を抜く余裕はない。慎重に歩を進めながら、深水は白馬と一体になっていく。


<取材後記>

002_20150820075806b7e.jpg



アシスタント(女子)は、今回が初登山でした。
急峻な不帰ノ嶮、雪渓の下りなど、気の遠くなる瞬間も。
しかし、瞬間的に魅せる山の風景は美しく、花は可憐なものばかりでした。
辛い行程でしたが、今思い返せば、思い出すのは山小屋で飲んだホットミルクの味が忘れられません…。



※以上、番組HPより引用




<ご注意>
①取材後記に「アシスタント(女子)は、今回が初登山でした」とありますが、初登山でこのコースは無謀ですから、絶対に止めましょう。この取材には、間違いなく登山ガイドが取材スタッフに対しても複数名同行しているはずです。だから初登山でも登れたのです。そういった点も明記して欲しかったです。そうしないと、「勘違い」を起こす方が必ず出ますから。

②コースに白馬大雪渓を取るなら。夏でもせめて軽アイゼンは必携です。そういった事が分からない方は、このコースを縦走するのはやめておいたほうがいいです。

※いろいろと上から目線で物申し上げていて恐縮ですが、北アルプスや山を軽視しているかのような登山者を多く見かける昨今、山で遭難してほしくないとの切実な思いから申し上げていますので、その点ご理解ください。技量に見合った登山で、山の素晴らしさを満喫してください。



番組ホームページ
http://www.bs-tbs.co.jp/meihou/


参考登山記録(※逆まわりコースを含みます)

35年ぶりの不帰、白馬三山、高嶺の花咲く大雪渓を下る
唐松岳、不帰、白馬鑓ヶ岳、白馬岳/登山情報サイトYamakei Online

http://www.yamakei-online.com/cl_record/detail.php?id=36667
白馬三山縦走と不帰越え(2泊3日)/白馬村観光局公式サイト
http://vill.hakuba.nagano.jp/green/tozan_trekking/model_course.html
白馬三山・不帰ノ嶮・唐松岳縦走/登山情報サイトYamakei Online
http://www.yamakei-online.com/cl_record/detail.php?id=13587
白馬三山縦走と不帰の剱/ヤマレコ
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-695497.html









▼ブログランキングに参加しています♪
 応援よろしくお願いします♪

この記事が少しでも面白かった、参考になった、役に立ったと思ったら、
下のボタンをポチッとしてもらえると、とても励みになりますヽ(´ー`)ノ

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  


関連記事
スポンサーサイト



COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.