fc2ブログ

安曇野と信州の四季の自然の素晴らしさや、人気のお店を紹介しています♪ 最近はほとんど『野鳥 大好き!』ですが^^;

シマアジもいました!



2A3A3846 (2)_R


昨日投稿のセイタカシギがいた田んぼには鳥友さんの他に、
”スーパー中学生”兄弟もいました。
いえ、お兄ちゃんはもう高校生ですが、
おじさんたちには気づかない素晴らしい『視力』も持った兄弟です。
セイタカシギのほかに、シマアジがいると教えてもらいました。



シマアジ(縞味)

お兄ちゃんとは久しぶりの再会でしたが、
弟の中学生とはシギチ観察で何度か出会っています
カルガモの左から5番目、右からも5番目にいますと、懇切丁寧なご指導です(^^♪

2A3A3256 (2)_R



地元紙などにもたびたび登場する鳥少年、”スーパー中学生”!^^

2A3A3226 (2)_R



シマアジが動き出しました

2A3A3702 (2)_R



パタパタパタッ~♪・・・は、あいにくの後ろ向き^^;

2A3A3713 (2)_R

2A3A3714 (2)_R

2A3A3715 (2)_R



その後また、水が張られた田んぼを泳ぎ出したシマアジ

2A3A3756 (2)_R

2A3A3846 (2)_R




<後日談^^>

実は、翌日から2日間、安曇野を離れて栃木県の南部へ行っていたのですが、
火曜日に用事を済ませたあと、母と妹と三人でお昼を食べに行きました。
行ったのは『千両』という”回らない回転寿司”。
100円寿司の「元気寿司」が経営する別業態の店、ネタの良いちょっと高級な回転(しない)寿司店です。
「今日のおすすめ」にあった『シマアジ(縞鯵、島鯵)』をタブレット端末で注文しだら、
脂がのってマイウ~~(*´ڡ`●)、一皿2貫で500円也。
『シマアジ』を食べながら、前々日に見た「シマアジ(縞味)」のことを思い出してしまいました(笑)
一人あたり5~6皿くらい食べて、お会計は8,610円也。
インドマグロの赤身やホンマグロの中トロ、生いわしなどもいただきました。
いちばんたくさん食べたのは、三人でいちばん若い妹でした(^^♪
でも、年齢を重ねるとたくさんは食べられないから、「量」より「質」ですね。

以上、「シマアジ」のお話でした~(^^♪



撮影:2023年8月27日、長野県安曇野市


関連記事
スポンサーサイト



COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.