fc2ブログ

安曇野と信州の四季の自然の素晴らしさや、人気のお店を紹介しています♪ 最近はほとんど『野鳥 大好き!』ですが^^;

穂高・柏原で出会った道祖神♪



穂高にある母方の墓参りに行った時、いつも広域農道ばかり走っているので、たまには違う道を通って豊科に帰ることにしました。すると、やはり、いつもとは違う道祖神との出会いがありました。


広域農道の「柏原西」の交差点から柏矢町駅を経て国道147号線に向かう県道309号線を走ると、長野集会所の前に道祖神が祀られています。金属製の囲いで守られており、お賽銭箱が置かれていました。

TV_20150815_7064-800.jpg


TV_20150815_7067-800.jpg


TV_20150815_7068-800.jpg


安曇野市作成の道祖神リストによれば、

№251
所在地:柏原長野、長野集会所前
形態:祝言・酒器像
年代:安政6年(1859年)
碑高幅(cm):98-110-37
銘・碑文:安政六未年正月吉祥日 長野中 帯代十五両



となっています。よく見かける形態の双体道祖神で、衣冠束帯等の特徴をモチーフとした、いわゆる「安曇野型」と呼ばれる典型的な道祖神です。


さて、県道309号線を東に向かい、大糸線の踏切を渡るとすぐ、道は左にカーブしていますが、そちらにも道祖神が祀られていました。こちらも、安曇野市のリストで確認してみました。

TV_20150815_7082-800.jpg


TV_20150815_7084-800.jpg


№249
所在地:下柏原、柏矢町駅南踏切前
形態:笏扇像
年代:文政10年(1827年)
碑高幅(cm):100-90-30
銘・碑文:文政十亥年二月吉日 下柏原



神主姿の男神が笏(しゃく)を、女神が扇を持っている双体道祖神で、こちらもよく見かけるタイプです。屋根や囲いで守られていて、地域の人々に大切にされているようです。



記事中の道祖神のリストや観光マップより詳細な地図は、安曇野市の公式サイトからPDFファイルをダウンロードできます。以下に、そのリンクを貼っておきますので、興味がおありの方はどうぞ。

道祖神マップ:市内全図(PDF:2,062KB)

道祖神 所在地・碑文等一覧(PDF:930KB)

※市内を4つに分けた地図もあります。
 (1) 市北西部(PDF/2MB)
 (2) 市北東部(PDF/1.98MB)
 (3) 市南西部(PDF/2MB)
 (4) 市南東部(PDF/1.99MB)



長野集会所前の道祖神はこちらです




柏矢町駅南踏切前の道祖神はこちら







▼ブログランキングに参加しています♪
 応援よろしくお願いします♪

この記事が少しでも面白かった、参考になった、役に立ったと思ったら、
下のボタンをポチッとしてもらえると、とても励みになりますヽ(´ー`)ノ

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  


関連記事
スポンサーサイト



COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.