fc2ブログ

安曇野と信州の四季の自然の素晴らしさや、人気のお店を紹介しています♪ 最近はほとんど『野鳥 大好き!』ですが^^;

豊科/八坂神社



豊科に、昔入ったことのある「豆んちカフェ」という珈琲店を見つけて懐かしんでいたのですが、あいにくの「CLOSED」。

TV_20150811_6515-800.jpg


TV_20150811_6519-800.jpg



道路の反対側に神社があったので、せっかくですから散歩がてら見学することにしました。

TV_20150811_6521-800.jpg



まっすぐ歩けば民家にぶつかってしまいそうですが、参道は左にカーブしています。その左脇に、二十三夜塔やなんとも素朴な道祖神が祀られていました。左側の2つは道祖神なのか石神なのか、微妙なところです。

TV_20150811_6509-800.jpg



その隣には、可愛らしいサイズの大黒様が。大黒様を道祖神として祀っているところも全国には結構あるらしいですから、先ほどのものも含めて、道祖神ということにさせてもらいました。

TV_20150811_6511-800.jpg



手水舎は水道の栓をひねって使うようになっておりました。

TV_20150811_6503-800.jpg



左奥にはこんな記念碑も。

TV_20150811_6500-800.jpg



風が強い日でしたので、ビニルらしき紐が鳥居に引っかかってパタパタしていました。

TV_20150811_6505-800.jpg



中央が銅板葺でその両側が瓦葺の屋根を持つ拝殿。そのときは気づかなかったのですが、狛犬に挟まれた中央の石は「千度石」でしょうか。本殿は隠れていて拝見出来ませんでした。

TV_20150811_6498-800.jpg



「八坂神社」というメジャーな名前でしたので調べてみましたら、やはり総本山は、祇園さんとも呼ばれる京都祗園の八坂神社とのことです。7月の祇園祭(祇園会)は大変有名です。全国にある八坂神社や素戔嗚尊(すさのおのみこと)を祭神とする関連神社は約2,300社に及ぶのだそうです。

明治15年(1882年)創建というこちらの神社も、ご祭神は素戔嗚尊と櫛稲田姫命(くし(い)なだひめのみこと)。素戔嗚尊(すさのおのみこと)は天照大神の弟神、八岐大蛇(やまたのおろち)を退治した神様で、櫛稲田姫命は素戔嗚尊の奥さんです。古事記にも登場する神様の名前は、神社仏閣に疎い私でも聞き覚えがありました。

TV_20150811_6496-800.jpg




八坂神社
長野県安曇野市豊科4381
アクセス:豊科駅及び南豊科駅から徒歩約10分







▼ブログランキングに参加しています♪
 応援よろしくお願いします♪

この記事が少しでも面白かった、参考になった、役に立ったと思ったら、
下のボタンをポチッとしてもらえると、とても励みになりますヽ(´ー`)ノ

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  


関連記事
スポンサーサイト



COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.