fc2ブログ

安曇野と信州の四季の自然の素晴らしさや、人気のお店を紹介しています♪ 最近はほとんど『野鳥 大好き!』ですが^^;

会いたかったヒバクシャにめぐり逢い♪



反戦についての記事ではありません(笑)。穂高の有明に、広島で被曝した蒸気機関車が保存されていることを知ったのは今年の始めでした。保存してある敷地内で3日間かけての移動というニュースで知ったのです。いつか会いたいなと思っていたのですが、この夏にやっとめぐり逢うことができました。

TV_20150714_5706.jpg


TV_20150714_5700.jpg


TV_20150714_5698.jpg



この機関車は昭和15年に製造された、「デゴイチ」の愛称で親しまれているD51の483号機です。第2次世界大戦中の昭和20年8月、広島に配属されていたために原爆の灰を浴びているのだそうです。その後、北海道に配属されて貨物輸送で活躍していましたが、昭和51年に引退するまでの間の走行距離は約256万Km、地球を63.8周したことになります。

TV_20150714_5704.jpg


TV_20150714_5703.jpg


TV_20150714_5702.jpg



保存会の方々の尽力により、綺麗に塗装されて大切に保存されているのですが、蒸気機関車は、煙突から煙を吐き上げて走っている姿こそ一番雄壮だと思ってしまいます。D51-486の静かな姿を目に焼き付けてから、近くの北細野駅で大糸線の線路を眺めるにつけ、そんな叶わぬ夢の姿を想像してしまいました。

TV_20150714_5713.jpg
JR大糸線の北細野駅。無人駅です。


TV_20150714_5709.jpg
北細野駅から、白馬、糸魚川方面。


TV_20150714_5711.jpg
北細野駅から、松本方面。




この機関車と機関車の引越しについての以前の記事です。保存されている場所や引越の様子などは、こちらでどうぞ。

広島で被爆した機関車 2015/02/10

機関車の引っ越し、その後 2015/03/05




▼ブログランキングに参加しています♪
 応援よろしくお願いします♪

この記事が少しでも面白かった、参考になった、役に立ったと思ったら、
下のボタンをポチッとしてもらえると、とても励みになりますヽ(´ー`)ノ

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  


関連記事
スポンサーサイト



COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.