fc2ブログ

安曇野と信州の四季の自然の素晴らしさや、人気のお店を紹介しています♪ 最近はほとんど『野鳥 大好き!』ですが^^;

山の公園にウソがやってきた



2A3A6056 (2)_R


先日、嬉しい出会いがありました。
ここ数年、山の公園でウソを見かけない年が続いていましたが、
数年ぶりに見かけました。
さらに嬉しいことに、ウソとアカウソの両方がやってきたのです。





ウソ(鷽、嘯鳥)、アカウソ(赤鷽、赤嘯鳥)♂♀

懐かしい「フィー、フィー」の声と姿
山の公園でよく観察できるのは亜種アカウソです
カエデの翼果を食べる姿を懐かしい気持ちでうっとりと眺めていました^^
ここで毎年観察を続けていたけれど、
2021年の2月に見てから3年ぶりの「再会」です
(2022年の2月に少し離れたところでアカウソの雌を一度だけ見かけて以来です)

2A3A5920 (2)_R

2A3A5935 (2)_R

2A3A5969 (2)_R

2A3A6016 (2)_R



気づけば亜種ウソの雄の姿もあり、
ますます嬉しくなってきました
亜種ウソに出会ったのは2019年の4月以来ですから、
5年ぶりに見かけたことになります

2A3A6456 (2)_R

2A3A6469 (2)_R

2A3A6512 (2)_R

2A3A6675 (2)_R



雄なら亜種ウソと亜種アカウソの区別がすぐわかるのですが、
雌はウソなのかアカウソなのか、識別には全く自信ありません^^;

2A3A6691 (2)_R



この日はついつい雄ばかり撮ってしまい、
翌日に雌を重点的に撮ることにしました

2A3A7181 (2)_R

2A3A7188 (2)_R

2A3A7263 (2)_R



大雪が降って数日、
まだ木の枝元には雪が残っていたので、
ウソやアカウソたちは水を飲む代わりに雪を齧っていました

2A3A6734 (2)_R

2A3A6745 (2)_R




カエデの木の周囲には枝が密集していて被りが多く、
そこそこ近いけれど見上げる状態で腹打ちばかり。
すっきりとした画になかなかならず、
撮影には苦労させられる場所ですが、
両亜種のウソに会えただけでも幸せなシーズンとなりました。



撮影:2024年2月10・11日、長野県松本市


関連記事
スポンサーサイト



COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.