fc2ブログ

安曇野と信州の四季の自然の素晴らしさや、人気のお店を紹介しています♪ 最近はほとんど『野鳥 大好き!』ですが^^;

キレンジャク祭り



2A3A1821 (2)_R


ネズミモチの実を爆食いするキレンジャクの群れが、
夕方近くに集合した数は100羽以上でした。




キレンジャク(黄連雀)

到着して駐車場に車を停めると、フェンス越しの真正面に、
キレンジャクが水たまりの水を飲みに降りてきたところでした

2A3A0639 (2)_R

2A3A0608 (2)_R



あたりに分散していたキレンジャクが
このカエデらしき木に集まって来ました
その数40~50羽ほど

2A3A0673 (2)_R



高いところは諦めて、なるべくスッキリした撮りやすそうなところから

2A3A0756 (2)_R

2A3A0864 (2)_R



ヒレンジャク(緋連雀)も混じっていたので数えてみたら、
(この時点では)5羽確認できました

2A3A0900 (2)_R

2A3A0926 (2)_R



せっかくのキレンジャクがたくさんの群れだからと、
その後はキレンジャクを狙っての撮影になりました
当地にやってくるレンジャクはほとんどがヒレンジャクで、
その中に数羽のキレンジャクが混じっているという群ればかりです
今年はキレンジャクの群れを見たのは、これで2回

2A3A0965 (2)_R

2A3A0999 (2)_R

2A3A1007 (2)_R

2A3A1603 (2)_R



このあとキレンジャクたちはフェンスのすぐ下のネズミモチ(またはトウネズミモチ)の
生け垣に次々と降りたち、わずかに残った黒い実を貪るように食べていました
(昨日投稿済みなので画像は省略です)
下の写真は食休みや嘴の手入れをしているところ

2A3A1612 (2)_R

2A3A1677 (2)_R

2A3A1786 (2)_R



キレンジャクの群れはまた水を飲んだり、
遠くの樹の下に落ちているらしき木の実を地面で採餌したりを繰り返し
何度か木に集合してはまたいくつかに別れて行動していました

2A3A1821 (2)_R



午後の3時ころになって、散らばっていたキレンジャクの群れが
電線や近くの木に集合したので、ざっと数えてみたら100羽以上!
これほどのキレンジャクの群れを見るのは初体験だったので、
テンション上がりまくりでした

2A3A1869 (2)_R

2A3A1848 (2)_R

2A3A1855 (2)_R



国宝をバックに撮らせてくれた約30羽のキレンジャク

2A3A1887 (2)_R



キレンジャクの群れの一部が、ピンポン玉ほどの実がぶら下がる
プラタナス(スズカケノキ)に飛んでいったので、
もしやとは思いながら行ってみると、
流石にこんなに大きな実には食らいついていませんでした(笑)。

2A3A1962 (2)_R



念の為翌日再び様子を見に行ってみると、見かけたキレンジャクは6羽だけ。
後日聞いた話では近くの市街地の住宅街でピラカンサの実を食べていた、とか
早朝に70羽ほどが群れていたということでした。

山の公園にも来てくれると嬉しいのですが、
これほどの数の群れが食べられるヤブランの実やヤドリギの実がほとんど見られないので、
「チョイ寄り」で終わってしまうかもと危惧しています。



撮影:2024年2月15日、長野県松本市


関連記事
スポンサーサイト



COMMENTS

2Comments

There are no comments yet.

melmarilyn

ひゃ〜これは!!すごい!!
テンション上がるのも当然ですよね😍
こちらも教会の屋根ちかくに大挙しいてとまっている小鳥さんいますけど
雀ちゃん〜もしくは〜たくさんいるとびっくりするけど〜鳩さんです。
それにしてもレンジャクってかっこいい鳥さんだね〜😊

  • 2024/02/22 (Thu) 20:42
  • REPLY
JACK0904

JACK0904

Re: タイトルなし

melさん、こんにちは~♪

コメント掲載と返信遅くなってごめんなさい^^;
ずっと温かい日が続いていたら、またいつもの寒さが戻ってきました。
この年になるとついていけなくてつらい日々です。
今日も朝から雪で、予報では一日降るようです。
鳥たちには会いに行けさなさそうです。

  • 2024/02/25 (Sun) 09:23
  • REPLY