fc2ブログ

安曇野と信州の四季の自然の素晴らしさや、人気のお店を紹介しています♪ 最近はほとんど『野鳥 大好き!』ですが^^;

冬の渓谷のカワガラス



2A3A5396 (2)_R


まだまだ冬の渓谷で元気に採食していたカワガラスです。




カワガラス(河烏)

昨日投稿した前日の山の公園は春を感じた散策だったのに、
ほぼ同じ時間で行けて、東西反対方向に位置する、
北アルプス山麓の渓谷はまだ真冬の様相でした

散策路や周囲にはまだ雪が残っており、
凍てつく寒さが身にしみます

ここでの出会いが楽しみな野鳥はカワガラス
地上や水中の寒さや冷たさをものともせずに、
元気に水生昆虫を採餌する様子を久しぶりに観察できました

2A3A4146 (2)_R

2A3A4237 (2)_R

2A3A4326 (2)_R

2A3A4516 (2)_R



何度も何度も水中に潜っては
カゲロウやトビケラの幼虫などを獲って食べていました

2A3A4587 (3)_R

2A3A4609 (3)_R

2A3A4611 (2)_R

2A3A4613 (2)_R

2A3A4724 (2)_R



まるで短い枝のようなモノを咥えては振り回して、
鞘が外れたように黄色いモノが出てくると、
始めて飲み込んで食べていました
その正体が知りたくて調べてみたけれど、
トビイロトビケラやヤマガタトビケラ、カクツツトビケラなど
トビケラの仲間?種類?らしいとまでしか分かりませんでした^^;

2A3A4742 (2)_R

2A3A4955 (2)_R



信州といえば昆虫食文化があることで有名ですが、
今は流石にそんなもの食べたことはない、食べたくもないという人が多く、
信州人はみな昆虫を食べるとは思わないでください!(笑)
ちなみに、水生昆虫であるザザムシの佃煮は
一瓶が数千円と結構な高値です

2A3A5396 (2)_R



この渓谷に新録が芽生えてオオルリが渡来する頃は、
カワガラスの雛が巣立つ頃でもあります。
ちびっこに出会えるのを楽しみに春を待つことにしましょう。



撮影:2024年2月20日、長野県安曇野市


関連記事
スポンサーサイト



COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.