fc2ブログ

安曇野と信州の四季の自然の素晴らしさや、人気のお店を紹介しています♪ 最近はほとんど『野鳥 大好き!』ですが^^;

堀金で出会った道祖神♪



安曇野に移り住んで2ヶ月が経ちました。嬉しくて、あちこちへと出かけた時に出会った道祖神の堀金編です。


観光案内やパンフレットによく登場する常念道祖神は、やはり桜のころが人気なのでしょうか。夏や秋桜の季節には訪れる人も少ないようです。

TV_20150924_8637-800.jpg


TV_20150924_8640-800.jpg


TV_20150924_8647-800.jpg



改めて安曇野市の道祖神リストで調べてみたら、この道祖神の造立は平成になってからなんですね。新しい道祖神ですが、すっかり堀金や安曇野の「顔」になっています。


№767(※安曇野市作成の道祖神マップ記載連番です)
所在地:堀金地区、扇町
形態:祝言・酒器像
年代:平成3年(1991年)
碑高幅(cm):65-60-27
銘・碑文:平成三年五月吉日

№768(※安曇野市作成の道祖神マップ記載連番です)
所在地:堀金地区、扇町
形態:祝言・酒器像
年代:不詳
碑高幅(cm):90-75-42
銘・碑文:常念道祖神 じようめぐさの会






常念道祖神のすぐ近くに祀られているのが、こちらの道祖神です。二十三夜塔や念仏塔とともに、屋根に収まっていて、しかも柵で囲まれて守られています。地域の人達を守る道祖神が守られているというのは、悪戯されるなどのよくないことでもあったのでしょうか。

TV_20150924_8648-800.jpg


TV_20150924_8650-800.jpg


TV_20150924_8653-800.jpg


隣には、二十三夜塔や天満宮も祀られています。

TV_20150924_8657-800.jpg


TV_20150924_8655-800.jpg




№735 (※安曇野市作成の道祖神マップ記載連番です)
所在地:堀金地区、扇町、川口集会所西北
形態:文字碑
年代:寛政8年(1796年)
碑高幅(cm):95-80-43
銘・碑文:寛政八丙辰年二月吉日 川口中


№736 (※安曇野市作成の道祖神マップ記載連番です)
所在地:堀金地区、扇町、川口集会所西北
形態:祝言・酒器像
彩色:彩色
年代:安政4年(1857年)
碑高幅(cm):190-100-47
銘・碑文:安政四巳二月吉日 川口村中
備考:郡内最大


彩色道祖神は、穂高地区ではそれほど珍しくありませんが、堀金地区ではこの道祖神を含めても2碑だけです。もうひとつは上堀地区の自生庵西にある、文政11年に造立された祝言・酒器像です。







▼ブログランキングに参加しています♪
 応援よろしくお願いします♪

この記事が少しでも面白かった、参考になった、役に立ったと思ったら、
下のボタンをポチッとしてもらえると、とても励みになりますヽ(´ー`)ノ

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  


関連記事
スポンサーサイト



COMMENTS

2Comments

There are no comments yet.

ぷく

No title

すごいすごい!!

安曇野の景色にうっとりです。

道祖神さまのなんともいえない素朴なあたたかさと、地に根付いた人々の信仰心がじんわりと伝わってきますね。

これから少しずつ。、正真正銘の「安曇野日記」をさかのぼって読ませていただきますね。

  • 2015/09/28 (Mon) 23:14
  • REPLY

JACK0904

No title

>ぷくさん♪

ご訪問とコメント、ありがとうございます。

古いコンパクトデジカメが大活躍中です(笑)。
こんな拙い写真でも、
少しでも安曇野の素晴らしさがお伝えできればいいのですが。

プロのカメラマンが撮った写真なら↑の道祖神の間に
常念岳が入るのですが、
そんな光景が毎回見られるわけではありません。

ガイドブックやパンフレットのような
条件がそろった美しい写真とはいきませんが、
ありのままの日常の光景をお伝えしていきたいと思っています。