fc2ブログ

安曇野と信州の四季の自然の素晴らしさや、人気のお店を紹介しています♪ 最近はほとんど『野鳥 大好き!』ですが^^;

2ndステージ 第12節 FC東京-山雅戦 プレビュー&スタメン予想記事拾い読み



2ndステージ 第12節
2015年9月26日(土)18:30KO 味の素スタジアム
FC東京 vs 松本山雅FC


”前回対戦では、FC東京が前半のうちに2点を先取。63分にDF大久保 裕樹のゴールで1点を返されるも、2点目は許さずにアウェイで勝利を収めた。FC東京は明治安田チャンピオンシップ進出争いのために、松本は残留争いのために。立場は違えど、勝利が必要なのはどちらも同じだ。

今節に向けてFC東京は中6日で、松本は中2日。しかも、松本は山形との激闘により、体力と気力を消耗していると思われる。コンディション面ではFC東京が有利なのは間違いない。この差がいかなる形で表れるのか、注目したい。

FC東京は、この試合でもDF森重 真人を中心とした組織的な守備からリズムを作り、カウンターやセットプレーを中心にゴールを狙うはず。相手の集中力が切れてくると目される後半まで、じれることなく進められるかがポイントだ。

松本もディフェンスがベースのチーム。しかし、最近は終盤の失点が目立つ。リードを得てくだんの時間帯を迎えた場合には、試合の終わらせ方に注目だ。指揮官からのメッセージを選手全員が把握し、最後の力を振り絞って狙いを遂行できるか。”(Jリーグ公式サイト「見どころ」より)


松本持ち前の機動力で東京戦初勝利へ/東-松12節
ニッカンスポーツ [2015年9月26日0時21分]
http://www.nikkansports.com/soccer/news/1543970.html

<J1:東京-松本>◇第12節◇26日◇味スタ
 18時半キックオフ。
 【松本】第1ステージで初対戦し、ホームで1-2の負け。ACL日程の影響で、中2日の実戦となる厳しいスケジュール。持ち前の機動力が発揮できるか。




【J1展望】2ndステージ・12節/FC東京-松本
遅れてきた怪物・平山に当たりが出れば…

SOCCER DIGEST Web 9月25日(金)19時0分配信
http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=11495


20150926.jpg


故障者/FC東京=権田、圍、石川、佐々木 松本=棗、ウィリアン、エリック、塩沢
出場停止/FC東京=なし 松本=オビナ

FC東京――攻撃陣のさらなる奮起が不可欠。

J1リーグ2ndステージ・12節
FC東京-松本山雅
9月26日(土)/18:30/味の素スタジアム

FC東京
2ndステージ成績(11節終了時):7位 勝点18 5勝3分3敗 14得点・9失点
年間成績(28試合終了時):3位 勝点53 16勝5分7敗 38得点・27失点

【最新チーム事情】
●前節に引き続きMFの高橋が出場停止。米本、野澤の2ボランチが濃厚。
●ボランチより前のポジションは流動的。前節に出番のなかった羽生は先発復帰か。
●攻撃陣を活性化するために平山をスタメンで使う可能性も。

【担当記者の視点】
 前節の横浜戦ではわずかシュート3本。決定打を繰り出せないまま0-1で敗れ、第2ステージの7位に後退してしまった。年間成績で順位がひとつ下の4位・G大阪に勝点2差に迫られ、チャンピオンシップへの道のりに霧がかかってきた。

 勝負どころで白星を掴み損ねる近年の悪癖を払拭するためにも、シーズン終盤に差し掛かるこのタイミングで格下と目される松本にはきっちりと勝っておきたい。仮にホームで敗れる事態になれば、チームの士気は下がるだろう。

 ここからラストスパートをかけるには、さらなる攻撃陣の奮起が不可欠。守備のベースはできているだけに、いかにコンスタントにゴールを奪うかが最大の焦点だ。期待したいのは、長身FWの平山(大怪我から復帰)。左右のクロスに合わせる技術はハイレベルで、松本が引いて守る展開になったとしても前線の基準点として機能するはずだ。

 遅れてきた怪物・平山に当たりが出れば、チームは勢いづくだろう。

松本――厚みのあるアタックで狙うは先制点。

松本山雅FC
2ndステージ成績(11節終了時):15位 勝点9 2勝3分6敗 10得点・21失点
年間成績(28試合終了時):16位 勝点24 6勝6分16敗 27得点・47失点

【最新チーム事情】
●オビナが累積で出場停止。前線の頼れる起点が不在なのは痛い……。
●代役候補だった塩沢も負傷欠場が濃厚。今節は工藤と前田の2トップで臨みそうだ。
●“中2日3連戦”の最後で疲労はピーク。自慢の運動量で後手を踏む可能性も?

【担当記者の視点】
 直近3試合は、すべて先制しながらも相手を突き放せずに失点し、3戦連続ドロー。勝点を積み上げてはいるが、勝ち切れないもどかしさが拭えず、消化不良のまま“中2日3連戦”の最後のゲームに臨む。

 守備力に秀でるFC東京を相手に、先に失点するようだと、厳しい戦いを覚悟しなければならない。リードを得た相手に守りに入られた時、それをこじ開けるだけの攻撃力は、残念ながら松本は持ち合わせていない。

 年間順位3位のチームから大金星を挙げるには、是が非でも先制点が欲しいところ。連係面が深まってきている工藤とキム・ボギョンのコンビでかき回し、前節に鮮やかな同点弾をミドルで叩き込んだ前田が仕留める。これまで以上に攻撃の精度を高め、厚みのあるアタックでゴールを目指したい。




【予想スタメン】
リーグ戦7試合勝ち星なしと苦境に立たされる松本、
FC東京戦は真価を問われる一戦に

SOCCER KING 9月25日(金)19時3分配信
http://www.soccer-king.jp/news/japan/jl/20150925/353616.html

■FC東京 大崩れの心配はなく、先制点が勝利へのカギ

 前節の横浜FM戦は、互いにバランスを重視し、戦術的にも拮抗したゲームになった。しかし、終了間際に失点し、リーグ7試合ぶりの敗戦で2ndステージで7位に後退。特に高橋秀人の出場停止の影響もあり、中盤の構成力に課題を残すことになった。

 そのため、今節は中盤のシステムを変えて臨むことになりそうだ。アンカーには米本拓司を初起用する形にもトライ。松本のサイドやシャドーを起点にした攻撃のケアを徹底する。

 ただし、平山相太がひざを痛め、前節は欠場。太田宏介も横浜FM戦で右脇腹を負傷し、別メニューが続いた。チームの苦境は続くが、太田は「痛みは残るが、出場を想定して準備をしてきた。ここ数試合は個人的にも得点に絡むことができていないが、今節は絶対に連敗できないし、勝ち点3が必要になる。FKやクロスを含め、個人としてもインパクトのある結果を残して勝利をつかみたい」と意欲的だ。

 全員がハードワークをし、空中戦やセットプレーにも強い松本だが、FC東京は2ndステージ、年間共にリーグ最少失点を誇り、大きく崩れることはないはず。先制点を奪うことができれば、狙いどおりの試合運びができるだろう。特に味の素スタジアムでの戦績は、2ndステージで4勝1分と無敗を誇る。ホームで優位に試合を進めたい。(totoONE編集部)

■FC東京予想スタメン

4-3-1-2
GK
ブラダ・アブラモフ
DF
徳永悠平、森重真人、丸山祐市、太田宏介
MF
羽生直剛、米本拓司、橋本拳人、河野広貴
FW
ネイサン・バーンズ、前田遼一

■松本山雅FC 残留争いに食らいつくためにこれ以上の敗戦は許されず

 極めて苦しい状況で強敵に立ち向かわなければならない。20日にG大阪、23日には山形と壮絶な戦いを演じてともにドロー決着。今度は再び中2日の過密日程で、年間3位のFC東京と敵地で対戦する。しかも、チーム最多となる5ゴールを挙げている攻撃の核、オビナを出場停止で欠く上、1トップの代役候補である塩沢勝吾も負傷して出場回避が濃厚。普段とは違う戦い方を強いられることになる。ただでさえ、直近の3試合はいずれも先制点を守り切れずに引き分けた展開。残留争いに食らいつくためには、これ以上勝ち点を落とせない。

 この苦境で光明になり得る存在は、キム・ボギョンと前田直輝だろうか。キムは途中加入した直後の第10節湘南戦からさっそく先発すると、3試合目の山形戦では7分に自らの突破から先制点をアシスト。その後も攻撃面で随所に違いを見せているほか、周囲との連係もスムーズになっており、反町康治監督の期待値は高い。もう一人の前田は、ここ2カ月ほど先発落ちの憂き目に遭っていたが、山形戦で途中出場した5分後に得意の左足でゴール。小学生時代からヴェルディ育ちの20歳は「FC東京には特別な思いがある。次は自分のゴールで勝ち点3を取りたい」と力強く語っており、フレッシュな状態でもあるため、先発起用される可能性がある。

 リーグ戦が残り6試合となり、松本は残留圏内に勝ち点差「5」の16位。この瀬戸際で「窮鼠猫を噛む」ことができるか。松本の真価が問われる。(大枝令)

■松本予想スタメン

3-1-4-2
GK
村山智彦
DF
酒井隆介、飯田真輝、喜山康平
MF
岩間雄大、田中隼磨、岩上祐三、キム・ボギョン、安藤淳
FW
前田直輝、工藤浩平






▼ブログランキングに参加しています♪
 応援よろしくお願いします♪

この記事が少しでも面白かった、参考になった、役に立ったと思ったら、
下のボタンをポチッとしてもらえると、とても励みになりますヽ(´ー`)ノ

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  


関連記事
スポンサーサイト



COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.