fc2ブログ

安曇野と信州の四季の自然の素晴らしさや、人気のお店を紹介しています♪ 最近はほとんど『野鳥 大好き!』ですが^^;

豊科で出会った道祖神/吉野・中曽根地区



秋晴れの12日、風が強かったのですがまた道祖神に出会いたくなってぶらりと出かけました。まずは、数日前に車で通りかかった時に、まだ稲刈りしていない田んぼを見かけたのが気になってまた行ってみました。

TV_20151012_9999_2-800.jpg



やはりまだ刈取らずにそのままです。文字通り、立派な黄金色なのに-。田んぼの向こうに見える大樹は吉野荒井堂の大銀杏です。吉野桜散歩道の脇にあった田んぼです。

TV_20151012_9999_8-800.jpg



桜の木がほんの少しだけ紅葉しています。

TV_20151012_9999_10-800.jpg



吉野地区の大岩不動明王の隣にあった文字道祖神です。

TV_20151012_9999_48-800.jpg


TV_20151012_9999_15-800.jpg


TV_20151012_9999_18-800.jpg


TV_20151012_9999_28-800.jpg



帰宅してから、例によって安曇野市のリストで調べてみました。

№564(※安曇野市作成の道祖神マップ記載連番です)
所在地:豊科 吉野 大岩不動明王北
形態:文字碑
年代:元治2年(1865年)
碑高幅(cm):140-120
銘・碑文:元治二乙丑年暮春之吉且建之 中原中 華風皆来講中安全 蜀山恵珉謹書
備考:慶応元年


道祖神の裏に刻まれた文字を確かめようとして、裏側に回ろうとしたら、こんな可愛らしいサイズの馬頭観音もありました。

TV_20151012_9999_26-800.jpg



かろうじて常念岳も入れることが出来ました。

TV_20151012_9999_43-800.jpg



せっかくなので、大岩不動明王にも手を合わせてきました。

TV_20151012_9999_34-800.jpg


TV_20151012_9999_50-800.jpg



こちらの横にも、石碑がいくつかありました。

TV_20151012_9999_53-800.jpg


TV_20151012_9999_54-800.jpg


TV_20151012_9999_59-800.jpg



大岩不動明王から移動中の通りすがりに、うっかりすると気がつかないくらいに小さな道祖神を見つけました。

TV_20151012_9999_61-800.jpg



どれくらい小さいかというと、

TV_20151012_9999_63-800.jpg



もう少し離れてみましょう。私の「愛車」のタイヤも少し写っていますが、それと比べてみると、本当に可愛らしいサイズです。

TV_20151012_9999_64-800.jpg



小さくても、辻で地域の人々をちゃんと見守っていてくれる道祖神に変わりはありませんね。

№566(※安曇野市作成の道祖神マップ記載連番です)
所在地:豊科 吉野
形態:文字碑
年代:天保3年(1832年)
碑高幅(cm):45-30-16
銘・碑文:天保二辰年正月吉日


更に田んぼの中を行きますと、遠くにそれらしき場所がありました。道祖神をお目当てにしてうろついていると、だんだん道祖神がありそうな場所の見当がついてきますね。

TV_20151012_9999_65-800.jpg


TV_20151012_9999_66-800.jpg


TV_20151012_9999_67-800.jpg



ちゃんと屋根が付けられて大切にされています。やはり辻に祀られておりますが、いつごろのものなのか、どちらも年代は不明の道祖神です。ほいでもってせ~、あいさの(=間の)石碑はこら何だいね?

TV_20151012_9999_70-800.jpg


TV_20151012_9999_71-800.jpg


TV_20151012_9999_73-800.jpg


TV_20151012_9999_76-800.jpg



№546(※安曇野市作成の道祖神マップ記載連番です)
所在地:豊科 中曽根 元町
形態:文字碑
年代:不詳
碑高幅(cm):52-28
銘・碑文:子供中

№633(※安曇野市作成の道祖神マップ記載連番です)
所在地:豊科 中曽根 元町
形態:双体握手像
年代:不詳
碑高幅(cm):47-45
銘・碑文:
備考:比較的に新しい像


もう少し長野自動車道の方に行ってみるとこんな石碑がありましたが、なんという文字が彫られているのか、私には読めません。

TV_20151012_9999_86-800.jpg



そこからすぐ近くにあった道祖神です。T字路状の辻にありました。

TV_20151012_9999_92-800.jpg


TV_20151012_9999_94-800.jpg


TV_20151012_9999_97-800.jpg



どうにか裏側の銘文も撮ることができました。

TV_20151012_9999_107-800.jpg



念仏供養塔と二十三夜供養塔も一緒に祀られています。

TV_20151012_9999_102-800.jpg



№547(※安曇野市作成の道祖神マップ記載連番です)
所在地:豊科 中曽根
形態:祝言・酒器像
年代:安政5年(1858年)
碑高幅(cm):125-100
銘・碑文:安政五午年正月吉祥日 下中曽根連中 帯代金廿両


風が強くてやだくてね~、ペダルを漕ぐのも「あ~、ごしたい!」(=疲れた)だったもんでせ、はぜかけの田んぼを後にして、おら家路についただよ♪(むりくり信州弁にしたら、ヘンな文章になりました、笑)

TV_20151012_9999_108-800.jpg






▼ブログランキングに参加しています♪
 応援よろしくお願いします♪

この記事が少しでも面白かった、参考になった、役に立ったと思ったら、
下のボタンをポチッとしてもらえると、とても励みになりますヽ(´ー`)ノ

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  

関連記事
スポンサーサイト



COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.