fc2ブログ

安曇野と信州の四季の自然の素晴らしさや、人気のお店を紹介しています♪ 最近はほとんど『野鳥 大好き!』ですが^^;

J1 2nd ステージ第16節 神戸vs山雅プレビュー&スタメン予想記事拾い読み



J1 2nd ステージ第16節
2015年11月7日(土)14:00KO ノエスタ
ヴィッセル神戸 vs 松本山雅FC



Jリーグ公式サイト・プレビュー
http://www.jleague.jp/match/j1/2015/110719/ticket/#preview

奇跡の残留を勝ち取るために、松本は残り2試合で勝点6を獲得するしかない。もちろん新潟の結果次第ではあるものの、その最低条件をクリアしなければ残留は不可能。神戸は前節で残留が決まり、モチベーションの維持が難しい状況であると考えれば、決して勝てない相手ではない。隙を突き、3ポイントを得られるか。

前節の山形戦を3-1で制し、リーグ戦での連敗を5でストップさせた神戸。残留も決まって一息つけた格好だ。それだけに、再び気を引き締められるかが今節の焦点となる。良い流れで天皇杯に臨むためにも、前節にハットトリックを成し遂げたFW渡邉 千真を中心に、神戸らしい戦いを見せて勝利を手にしたい。

一方、松本はホーム最終戦となった前節の鳥栖戦で惜敗。残留は非常に厳しい状況になったが、可能性がある限り諦めるわけにはいかない。神戸は明治安田J1 1stでは勝っている相手。前回と同様に自分たちのペースに引きずり込み、勝利へ近づきたい。前線で起点となっているFWオビナの活躍に期待だ。





Jリーグコラム2015年10月26日12:26
【J1 2ndステージ第15節 松本 vs 鳥栖 レビュー】
松本・GK村山「0.1%の可能性がある限り、頑張る」。逆転負けを喫した松本が残留に向けて厳しい状況に。

Text by J SPORTS 編集部
http://www.jsports.co.jp/press/article/N2015102612263102.html

松本残留厳し、残り2戦全勝かつ大量得点が最低条件
日刊スポーツ 10月24日(土)20時59分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151024-00000144-nksports-socc

【松本】今季を象徴するような逆転負け――奇跡を起こさない限り、残留は夢物語でしかない
SOCCER DIGEST Web 10月24日(土)22時50分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151024-00010022-sdigestw-socc

松本崖っぷち残り2節「6差」変わらず
日刊スポーツ 10月25日(日)8時9分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151025-00000018-nksports-socc

【J1】崖っぷちの松本 反町監督が認識する「見直すべき部分」とは
SOCCER DIGEST Web 10月25日(日)12時33分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151025-00010006-sdigestw-socc

松本MF工藤が急性肺損傷による肺胞出血で全治1か月
ゲキサカ 10月25日(日)15時48分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151025-01258936-gekisaka-socc

元川悦子コラム 2015年10月26日17:35
J1残留を賭けたホーム最終戦・鳥栖戦で逆転負けの松本山雅。もう奇跡はないのか?
Text by 元川 悦子
http://www.jsports.co.jp/press/article/N2015102611082102.html

土屋雅史コラム2015年10月23日18:15
「去年あれだけの想いを持ってJ1に上がったのに、簡単に落ちては絶対にいけないと思う」松本山雅FC x サガン鳥栖
Pre-match Words ~松本山雅FC 村山智彦選手編~

Text by 土屋 雅史
http://www.jsports.co.jp/press/article/N2015102010384402.html

【松本】練習試合で清水に快勝 オビナは負傷交代
スポーツ報知 10月31日(土)19時47分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151031-00000104-sph-socc

残り2試合連勝 残留最低条件に
2015年11月 6日掲載 信濃毎日新聞
http://www.shinmai.co.jp/soccer/2015/11/post-1532.html

山雅、残留へ背水の陣 残り2戦、7日敵地で神戸戦
2015年11月 6日掲載 信濃毎日新聞
http://www.shinmai.co.jp/soccer/2015/11/post-1533.html



【J1展望】2ndステージ・16節|神戸-松本|残留へ勝っても厳しい松本。神戸は2試合続けて対戦相手を降格へ誘うか
SOCCER DIGEST Web 11月6日(金)19時0分配信
http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=12328

神戸――2種登録の藤谷のプロ初先発が濃厚。

001_20151107080328d12.jpg

故障者/神戸=レアンドロ、小川、前田、三原、増川、ブエノ、高橋峻、奥井、山本 松本=オビナ、工藤、棗、エリック、柴田   出場停止/神戸=なし 松本=なし

J1リーグ 2ndステージ・16節
ヴィッセル神戸-松本山雅FC
11月7日(土)/14:00/ノエビアスタジアム神戸


ヴィッセル神戸
2ndステージ成績(15節終了時):12位 勝点16 5勝1分9敗 23得点・24失点
年間成績(32試合終了時):14位 勝点35 9勝8分15敗 40得点・43失点

【最新チーム事情】
●前節、山形に勝利し(○3-1)、J1残留が決定。対戦した山形はJ2に降格。
●レアンドロ、小川、増川ら負傷者はまだ多い。
●高橋峻、奥井の怪我により、藤谷が右WBでプロ初先発を務めそう。

【担当記者の視点】
 前節は、降格回避へ勝利が絶対条件だった山形を下し、自らの手でJ1残留を決めた。今節の相手、松本も勝点3を得なければ降格が決まる(新潟が勝点1を獲得しても降格が決定)だけに、前掛かりに攻めてきた裏を狙い、得点を奪いたい。

 注目はプロ初先発が濃厚な藤谷と、公式戦ここ4戦で6ゴールと絶好調の渡邉。前者は、高橋峻、奥井の負傷で出番が回ってきた形だが、ネルシーニョ監督も認める正確なクロスで、チャンスを演出したい。一方、渡邉は、前節ハットトリックを達成するなど、まさに“確変”状態。レアンドロ、小川と攻撃陣に負傷者が多いなかで、エースとしての働きに期待がかかる。

 この松本戦の1週間後には、初タイトル獲得へ、最後のチャンスとなる天皇杯・横浜戦が控える。良い形で臨むためにも、ホーム最終戦を勝利で飾りたい。

松本――たとえ降格しても勝者として現実を受け入れたい。

松本山雅FC
2ndステージ成績(15節終了時):16位 勝点12 3勝3分9敗 12得点・26失点
年間成績(32試合終了時):16位 勝点27 7勝6分19敗 29得点・52失点

【最新チーム事情】
●負傷離脱していたキム・ボギョンが全体練習に復帰。
●1日の練習試合でオビナが負傷し、戦線離脱。
●前節に初先発したウィリアンが引き続き好調をキープ。

【担当記者の視点】
 この試合に勝利しても、現時点で勝点6差の15位の新潟が勝利もしくは引き分ければ、その時点でジ・エンド。しかも新潟との得失点差は8ポイントも離されている。もはや降格は時間の問題と言っていい。

 極めて厳しい状況に置かれているが、逆に言えば、やるべきことはこれ以上ないほど、はっきりしている。ただひたすら勝点3を目指すのみ――。それ以外に生き残る道はない。

 神戸は第1ステージで2-0の勝利を収めている相手であり、良いイメージを持って戦いに挑めるはず。仮に先制点を奪えたら、さらに2点目を取りに行く強気なスタンスが必要だ。現状では1点を守り切れるだけの力はない。最後の瞬間までゴールを狙い続けて、たとえ今節で降格が決まったとしても、勝者としてその現実を受け入れたい。




【予想スタメン】土俵際に追い詰められた状況でもチームは前向き、松本が奇跡の残留へ闘志を燃やす
SOCCER KING 11月6日(金)20時0分配信
http://www.soccer-king.jp/news/japan/jl/20151106/367102.html

■ヴィッセル神戸 前節のように先手を取れるかが勝利へのポイント

 前節の山形戦を3-1で勝利し、J1リーグ戦での連敗を「5」でストップ。6試合ぶりの白星で、なんとかJ1残留を達成できた神戸。今節は、16位松本との対戦になるが、少しでも順位を上げるためにも、次週の天皇杯へ良い形でつなげるためにも、ホーム最終戦では是が非でも勝利を収め、4月以来となるリーグ戦連勝といきたい。

 ただし、レアンドロや小川慶治朗をはじめ、別メニュー調整組は依然として多く、限られたメンバーでの戦いを余儀なくされ、今回もチームの総力が問われる。その中で注目は、チームで今、最も活躍が光る、渡邉千真。前節は渡邉自身J1で2度目となるハットトリックを達成し、チームの勝利に貢献。2ndステージだけで8得点を決め、今季のリーグ戦でのゴールを二桁の10得点に乗せた。石津大介、森岡亮太とのトライアングルも試合ごとに連係が増しているだけに、今節もチームトップスコアラーである19番には大いに期待がかかる。

 また、神戸U-18所属、2種登録中の藤谷壮がリーグ戦初先発となる可能性も出てきており、来季のトップ昇格が決まっている、神戸の未来を担うU-18日本代表の高速右SBのプレーにも注目だ。1stステージの松本とのアウェー戦では、セットプレーの流れから失点し、終了間際にも自滅から2点目を奪われ、0-2で敗北。それだけに、当時のリベンジも果たしたい。山形戦のように先手を取って主導権を取る戦いを披露できるかどうかが、勝利へのポイントになるだろう。(totoONE編集部)

■神戸予想スタメン
3-4-3
GK
徳重健太
DF
岩波拓也、北本久仁衛、高橋祥平
MF
藤谷壮、田中英雄、チョン・ウヨン、安田理大
FW
森岡亮太、渡邉千真、石津大介

■松本山雅FC オビナの出場は微妙もウィリアンは引き続き好調をキープ

 松本はホーム最終戦となった前節、鳥栖に1-2で逆転負けして2連敗。今節と最終節の横浜FM戦に連勝し、かつ勝ち点6差の15位新潟が連敗してようやく得失点差での勝負という極めて厳しい状況に陥ってしまった。

「泣きっ面に蜂」とも言えるのがオビナの離脱だ。1日に清水と行った練習試合で負傷し、今週の練習には姿を見せていない。チーム最多6ゴールを挙げる攻撃の要を欠くことになれば、戦力ダウンは必至。工藤浩平も新潟戦での負傷が肺損傷により全治約1カ月と発表され、今節の出場は回避するとみられる。

 半面、明るい材料もある。故障に伴って別メニュー調整だったキム・ボギョンが今週から全体練習に復帰。自身も「思ったよりも(回復状況は)良い。試合で100%を出せるように調整している」と力強く語っており、神戸戦には間に合いそうだ。さらに前節で初先発を果たしたウィリアンは引き続き好調をキープ。ブラジル時代からのチームメートであるオビナとはタイプが異なるものの、持ち前のスピードを生かしての活躍が期待される。

 ホームで行った神戸との1stステージは、セットプレーの流れから前田直輝が鮮やかなミドルを決めるなどして2-0の快勝。ただ、今節の舞台となるノエスタでは、J2時代の2013年に0-7で大敗した経験がある。今回は「勝てなければ降格」という土俵際に追い詰められた状況で臨むことになるが、苦い記憶を払拭しつつ残留への望みをつなげるか。(大枝令)

■松本予想スタメン
3-1-4-2
GK
村山智彦
DF
酒井隆介、飯田真輝、喜山康平
MF
岩間雄大、田中隼磨、岩上祐三、キム・ボギョン、安藤淳
FW
ウィリアン、阿部吉朗







▼ブログランキングに参加しています♪
 応援よろしくお願いします♪

この記事が少しでも面白かった、参考になった、役に立ったと思ったら、
下のボタンをポチッとしてもらえると、とても励みになりますヽ(´ー`)ノ

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  

関連記事
スポンサーサイト



COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.