fc2ブログ

安曇野と信州の四季の自然の素晴らしさや、人気のお店を紹介しています♪ 最近はほとんど『野鳥 大好き!』ですが^^;

ベン!カッコよすぎるぜ♪

CATEGORY松本


先日、松本市美術館へ行った後に、初めて映画を観ました。いえいえ、安曇野に移り住んでから、ですけど。

THE INTERN PRG-800


新聞の映画評を見て、久しぶりに映画館に足を運ぶ気になったんです。安っぽい恋愛物でもなさそうだし、若い頃には夢中だったCGや特撮を駆使したSF映画にはもうそれほど興味はないし、でもこれならおじさんが観ても楽しめそうな、オトナの映画かなと思ったのです。

np-800.jpg

2015年10月28日 信濃毎日新聞より


それに、ロバート・デ・ニーロは好きな俳優の一人だから。忘れられないのが、1976年の「タクシードライバー」。むしろ、音楽のほうが気に入ってしまったくらいなのですが、少女売春婦を演じた当時13歳だったジョディ・フォスターは、全米映画批評家協会賞助演女優賞や英国アカデミー賞 助演女優賞などを受賞、アカデミー助演女優賞にノミネートされ、高い評価を得て、大女優への道をまっしぐらという記念すべき出演作です。

どんな曲かは、以前の記事からどうぞ。

妄想/深夜の安曇野で"タクシードライバー"
2015/04/09



さて、THE INTERN、邦題マイ・インターンですが、やはり男目線で「ベン」寄りに観ていました。ベンは、リタイアして亡き妻を慕いながらも満たされない日々に、シニアのインターン制度に応募して「再就職」します。急成長中の若いファッション企業に雇われた70歳のベンが、次第に周囲の若い男性からの信頼を得て、やがてアン・ハサウェイ演じる女性社長ジュールズからも信頼されるパートナーとなっていくというストーリーですが、ベンも、演じたロバート・デ・ニーロもかっこ良すぎます!

THE INTERN BEN-800



クラシカルなスーツ、ボタンダウンシャツ、オーセンティックな柄のネクタイ、そしてダンヒルのLondon Two Buckleらしきレザーのアタッシェ・ケース。新聞の写真やニュースに映る日本の政治家のネクタイやスーツの趣味の悪さったら、最悪ですね。特に縦縞生地の”背広”を着た政治家のおっさん。ピンストライプはまだ許せるけど、太い縦縞、あれはマフィアが着る”背広”ですよ。ベンの部下や同僚がそんなの着てたらベンに必ず注意されるでしょう。欧米の政治家から絶対に笑われてる日本の政治家!安倍さんが一番ネクタイの趣味が良さそうだけど、奥様のセンスの良さでしょうね、きっと。

蛇足ですが、「アタッシ・ケース」という誤記をよく見かけます。正しくは「アタッシ・ケース」です。「アタッシェ」はフランス語で「外交官」という意味だと、昔聞き及びました。(これも、ベンになったつもりで…笑)

「ハンカチは女性の涙を拭くためにあるんだよ」なんていうセリフ、かっこよすぎやしませんか?でも、大人の魅力たっぷりの素敵な老紳士、憧れてしまいます。おじさんに、久しぶりにそんな夢を見させてくれた映画に「拍手」です。

多分もう着る機会はないだろうと、安曇野に持ってきていないJ Pressのスーツをまた着てみようかなと思わせてくれた「ベン」。その「ベン」になりきったつもりで、帰りの車のハンドルを握っていたのはいうまでもありません。


『マイ・インターン』
出演:ロバート・デ・ニーロ、アン・ハサウェイ、レネ・ルッソ、ナット・ウルフ、アダム・ディヴァイン
監督・脚本:ナンシー・マイヤーズ
衣装:ジャクリーン・デメテリオ(『セックス・アンド・ザ・シティ2』、「アグリー・ベティ」TVシリーズなど)
配給:ワーナー・ブラザース映画


『マイ・インターン』予告編







▼ブログランキングに参加しています♪
 応援よろしくお願いします♪

この記事が少しでも面白かった、参考になった、役に立ったと思ったら、
下のボタンをポチッとしてもらえると、とても励みになりますヽ(´ー`)ノ

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  

関連記事
スポンサーサイト



COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.