fc2ブログ

安曇野と信州の四季の自然の素晴らしさや、人気のお店を紹介しています♪ 最近はほとんど『野鳥 大好き!』ですが^^;

豊科/吉野の堀屋敷跡(丸山邸)



TV_20150922_8562-800.jpg



まだ残暑のころの9月に吉野地区を自転車でふらりふらりとしていた時に、こんな標柱を見つけました。

TV_20150922_8558-800G.jpg



安曇野市史跡
吉野の堀屋敷

十六世紀初頭の永正年間に丸山氏が吉野郷の開発を意図して吉野地籍に居住した。この館は丸山氏によって十六世紀代に構築されたと考えられる。館主の丸山丹後守は生坂の日岐丸山の出で、小笠原氏の家臣平瀬氏に寄子として仕えた。館の規模は東西45m(25間)、南北26m(20間)、西側には堀と土塁跡が残されている。




周囲に堀を巡らせていたので「堀屋敷」と呼ばれるようになったといわれています。道路と屋敷の境目にはその跡が残っていました。

IMG_1368-800.jpg


IMG_1371-800.jpg



少しだけ中に入らせていただいて建物の写真を撮らせてもらったのですが、どうやら持ち主が住んでいるらしく、それ以上敷地内に踏み込むのは辞めました。

TV_20150922_8559-800.jpg



後で調べたらやはり現在も居住されているお屋敷で、10年ほど前に古民家再生の専門家である降幡廣信氏が、曲がっていた柱を水平垂直にし、職人の手仕事が残る壁や格子などを活かしつつ、現代の生活にあった再生を行ったのだそうです。

安曇野に移ってくる前に住んでいた栃木では、こういった古民家はほとんど見かけません。安曇野にはまだまだこのような古民家がたくさん残っていて、降幡氏のような再生のスペシャリストもおられます。

そんなわけで、他からやってきた者から見ると、(維持するのも大変だとは思いますが)大切にしてほしい地域の財産でもあると思うのです。




▼ブログランキングに参加しています♪
 応援よろしくお願いします♪

この記事が少しでも面白かった、参考になった、役に立ったと思ったら、
下のボタンをポチッとしてもらえると、とても励みになりますヽ(´ー`)ノ

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  

関連記事
スポンサーサイト



COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.