fc2ブログ

安曇野と信州の四季の自然の素晴らしさや、人気のお店を紹介しています♪ 最近はほとんど『野鳥 大好き!』ですが^^;

松本市四賀地区の坊主山クライガルテン

CATEGORY松本


昨日の記事の続きになりますが、水上ダムに行った後に、坊主山クラインガルテンを訪れました。このクラインガルテンという言葉ですが、一言で言えば「滞在型市民農園」ということになります。ドイツが発祥の農地賃借制度で、滞在型の市民農園として近年全国で人気が高まっていますが、松本市のクラインガルテンは日本では草分け的な存在としてその方面では有名なのだそうです。

IMG_1683-20151218-600.jpg



松本市には、坊主山クラインガルテン緑が丘クラインガルテンの2カ所がありますが、今回訪れたのは坊主山クラインガルテンです。実は、10年ほど前にもここに来たことがあったのですが、ここに住みたいという母の希望で、息子を連れて見学に訪れたのです。

IMG_1688TR-20151218-600.jpg



当時と同じく、ラウベと呼ばれる休憩小屋に週末になると都会からやってきて農園仕事をしながら滞在する人もいれば、ずっとここに住み着いている人もいたりと、利用の仕方はさまざまです。「休憩小屋」といっても、ご覧のような長期で居住できる立派なログハウス風の建物です。

IMG_1685-20151218-600.jpg



1区画には約30坪の畑があって、有機農法で野菜作りをするなどの条件があり、年間の賃料は20万円前後です。毎年応募が殺到しており、あの時も残念ながら断念しましたが、「農園付き貸し別荘」という捉え方をすれば、希望者が多いのは納得できます。

IMG_1684-20151218-600.jpg



この通りを歩いていたら、ゴミ出しに行くところだった方とお話をすることができました。東京から7年前にやってきたという方は、ここをベースキャンプのようにして、あちこちに出かけるのを楽しんでいるようです。2棟か3棟の空きが出そうなことも聞きましたから、興味があれば連絡してみてはいかがでしょう。

IMG_1687-20151218-600.jpg



そして、その方から、槍ヶ岳の見える場所を教えてもらって、その後すぐにすっ飛んで行った、というわけです(笑)。この後、緑が丘クラインガルテンに行ってみるつもりだったのですが、それはまた今度ということになりました。

集会所のような建物の横にある、このあづま屋風の「小屋」は、息子と一緒に来た当時に、ふたりでいろいろと話しをした想い出の建物です。

IMG_1681-20151218-600.jpg



安曇野市でも、これと似たような「ペンション滞在型体験農園 ペンションガルテン」というプログラムを始めていますが、契約農家の貸し農地と契約ペンションとのタイアップ企画で、利用日数も10泊~20泊というところが松本市のクラインガルテンとは異るところです。詳しくは、過去記事のこちらからどうぞ。


【四賀地区】クラインガルテン(滞在型市民農園)

<クラインガルテン/松本市公式HP>
http://www.city.matsumoto.nagano.jp/kurasi/sigoto/nogyo/garuten/index.html


坊主山クラインガルテン



緑が丘クラインガルテン






▼ブログランキングに参加しています♪
 応援よろしくお願いします♪

この記事が少しでも面白かった、参考になった、役に立ったと思ったら、
下のボタンをポチッとしてもらえると、とても励みになりますヽ(´ー`)ノ

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  

関連記事
スポンサーサイト



COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.