fc2ブログ

安曇野と信州の四季の自然の素晴らしさや、人気のお店を紹介しています♪ 最近はほとんど『野鳥 大好き!』ですが^^;

大王わさび農場 カリヨンの鐘の音が復活♪



安曇野で一番人気の観光名所、大王わさび農場も、さすがにこの時期は観光客もまばらです。オンシーズンなら観光客でごった返すこのあたりも、昨日は人影もまばらでした。

IMG_1940-20151223-600.jpg



12月22日付けの信濃毎日新聞に、こんな記事が載っていました。

20151223-001-20151223-600.jpg



わさび農場 カリヨンの音色復活
安曇野 修理終え十数年ぶり

信濃毎日新聞 2015年12月22日掲載

 安曇野市穂高の大王わさび農場で、レストラン近くの時計塔にある鐘「カリヨン」の修理が終わり、十数年ぶりに音楽を奏でるようになった。コンピュータ制御で、25日までは「ジングルベル」などクリスマスの曲が流れる。

 同農場によると、カリヨンは12鐘で、1983(昭和58)年のレストラン建設のしばらく後に整備したが、2000年ごろから鳴らなくなっていた。今年9月に時計塔の時計を直したのを機にカリヨンも修理、電気系統の不具合と分かった。

 カリヨンは12音階で、内側のハンマーがたたいて鳴らす仕組み。午前9時~午後4時の毎正時と午後4時半に自動演奏する。曲は時間ごとに異なり、季節でも変わる。

 修理した大阪府の業者によると、カリヨンを修理できるのは世界で4社のみで、大王わさび農場のカリヨンは正確な調律で評価が高いオランダのフリッツェン社製という。20年ほど前の同社のパンフレットには、同農場のカリヨンの写真も掲載されている。

 同農場の広報室長浜重俊さん(70)は「(2017年の)農場開拓100年を前に修理できてよかった。1時間置きに時を告げながら、次の100年を見守ってほしい」と話していた。




というわけで、昨日わさび農場を訪れました。観光バスが停まる南側の駐車場からはわさび農場の入り口に向かって歩いていけば、いやでも目に入るところにあります。

IMG_1864-20151223-600.jpg



向かって左側にはレストラン大王があります。ここからオルゴールの曲をBGMとして流していました。

IMG_1945-20151223-600.jpg



その右隣にあるのがカリヨンのある時計台です。

IMG_1863-20151223-600.jpg



正直申し上げて、私はカリヨンだけでなく時計台があることも、この記事を見るまでは知りませんでした。昨日訪れたのは、写真の時計が指す午後3時ちょうど。クリスマスではない曲が流れていました。

IMG_1859-20151223-600.jpg



人影のまばらな農場内を、久しぶりにゆっくりと散策した後に、午後4時の曲を動画で撮影したものをYouTubeに投稿しましたので、この季節限定のクリスマスソングをお楽しみください。
カメラを三脚で固定しましたので、静止画に見えるかもしれませんが、鐘の内側の「槌」(というのでしょうか?)がちゃんと動いて鐘を打ち鳴らしていますよ♪


音色が復活した安曇野市わさび農場のカリヨン






▼ブログランキングに参加しています♪
 応援よろしくお願いします♪

この記事が少しでも面白かった、参考になった、役に立ったと思ったら、
下のボタンをポチッとしてもらえると、とても励みになりますヽ(´ー`)ノ

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  

関連記事
スポンサーサイト



COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.