fc2ブログ

安曇野と信州の四季の自然の素晴らしさや、人気のお店を紹介しています♪ 最近はほとんど『野鳥 大好き!』ですが^^;

昨日の日曜日は松川村のいぐぱんへ♪

CATEGORY美味しい店


この冬一番の寒気がやってくる!というので、かなり警戒しておりましたが、昨日の朝は薄っすらと雪が積もっていた程度で安堵いたしました。午後から雪が降っては嫌だなと思い、昼前に日曜日恒例の”安曇野パン屋さん訪問”に出かけました。

向かった先は松川村のちひろ美術館から山麓線を南に向かって走り、すずむし荘のある十字路から400メートルほど行った左側にあるいぐぱんです。そういえば、この道を何度も走った時に見覚えのあるお店です。

IMG_3762-20160124.jpg



パン屋さんに見えず民家だと思って通過してしまう方もいるそうですが、道の脇にはこんな案内がありますから、くれぐれも通過なさらぬようご注意あれ。

IMG_3771-20160124.jpg



それとは反対の、南から北へ、ちひろ美術館方向に走ると、いぐぱんはこんな感じに見えますよ。

IMG_3772TR-20160124.jpg



駐車場に車を停めて、しゃれたお店の入り口へ。

IMG_3775TR-20160124.jpg


IMG_3766-20160124.jpg



寒いので、急ぎ店内に。人気のお店なので、こんな天気の時ならば店内を撮影するのに他のお客様に迷惑にならないだろうと考えて来たのですが、狙いは的中でした。また大好きな貸し切りでした。(いつもはひっきりなしにお客様がいらっしゃるそうですから、この時の”ガラン”は”たまたま”ですよ!)

入り口のドア正面の商品棚です。<A>

IMG_3754-20160124.jpg



その左手は…。<B>

IMG_3756-20160124.jpg



右手には、「Bakery & Cafe」と銘打っているように、テーブルと椅子が並んでいます。購入したパンをイートインすることもできるし、週替りのパンごはんをいただくこともできるスペースです。

IMG_3757-20160124.jpg


IMG_3760-20160124.jpg



この時はあいにくの寒波襲来でガランとしていましたが、いつもならたくさんのお客様で賑わうスペースです。

パンのショーケースの上に「パンごはん」の案内がありますから、ゆっくりブランチやランチをするのもいいですね。

IMG_3755-20160124.jpg



バゲットやクロワッサンが好きならここはおすすめと聞いていましたのでその2種類と、店主からおすすめを伺いながらケース内の美味しそうなパンを幾つかチョイスしました。

IMG_3795-20160124.jpg



全粒粉のバゲット

IMG_3798-20160124.jpg



ことりのクリームぱん

IMG_3800-20160124.jpg



クロワッサン

IMG_3804-20160124.jpg



アップルミントパイ

IMG_3809-20160124.jpg



シチュウぱん

IMG_3812-20160124.jpg



他にも、季節によっていろいろなパンがあるようです。食事パンの代表格カンパーニュは売り切れのようでしたが、デニッシュ、ベーグル、おやつに良さそうなパンなど、どれもみな美味しそうです。

上の写真<A>の上段左からご紹介しましょう。「※」は、いぐぱんのブログから拝借した説明です。なお、<A>と<B>の拡大写真から書き出しましたが、万一間違いがあった場合はお許しください。

クイーニーアマン:おフランスの伝統菓子です ¥160
※デンマーク発祥のディニッシュはほんのり甘くてさっくりもっちりした食感 本場は塩バターをたくさん折り込んだ濃厚なお菓子ぱんですが いぐパンは無塩バターを使って軽く焼き上げました

アップルミントパイ ¥190
※ことこと煮込んだりんごと爽やかなミントがなかなかやりおります

野菜のパイ:¥190
※野菜のお味とパイ生地の味が絶妙です☆ お昼はもちろん、おやつにもなかなか良いです
※にんじん ごぼう レンコン 根菜の風味と パイ生地の小麦の味 2つの素材の味を楽しんでもらえるように、あえて味付けはシンプルに 塩とオリーブオイルだけです シンプルって簡単なようで難しい

シナモンロール:北欧のおやつぱん:¥140

メロンぱん1:国産檸檬の皮を使いました ほんのり爽やかな甘みです ¥140

ケース内、上段左から、

あんぱん:土鍋でことこと煮込んだこだわり粒あんこ ¥160

まる○ぱん:¥70

ベーグルくるみレーズン:そのまま食べてもクリームチーズやピーナツバターをはさんでも美味しいです ¥150
※ピーナツバターを塗って食べます 市販のものでも良いのですが より美味しく食べたい方は自分で作ったピーナツバターで試してみて下さい パンの風味とくるみとレーズン、ピーナツバターがちょうどよくてぱくぱく食べてしまいます

ベーグル:ポーランドで生まれました ¥130
※プレーンのベーグルはなんでも良く合います サンドイッチにはさまれるものならなんでもです そして和の食材にも合います ひじきの煮物なんかでもいけちゃう感じです ちょっと豪華に食べたい方は クリームチーズとアボガド、スモークサーモンをはさんでみてください そこにオリーブオイルと黒胡椒を少々 至福の時間が味わえます

ベーグルのあんこサンド:マスカルポーネチーズと自家製粒あんこをはさみます ¥250

ポテトとお野菜:ポテトピーマン入り人参玉葱のサラダが入っています ¥160

ことりのクリームぱん:バニラビーンズの甘いカスタードクリーム ¥160

ケース内、下段左から

三角あわパン:雑穀のあわを練り込んで焼き上げた素朴なぱん ¥100
※きびパンとよく似てます なんと栄養はきびの2倍! おいしく体にもよくしてくれる素敵なパンです

黒糖のくるみぱん:伊那産の黒糖を使ったほんのり甘いぱんです ¥150

ぶどうのテーブルロール:干しぶどうをくるくる巻き込みました 2ツで¥180

いちじくベーグルのクリームチーズサンド:ご注文頂いてからクリームチーズをはさみます ¥250

ベーグルいちじく:不老長寿の果物といわれています ¥150
※これはもうクリームチーズがおすすめです トーストしたいちじくのベーグルにクリームチーズをはさんで食べるとたまらんです

ベーグルチーズ:ナチュラルチーズとレッドチェダーチーズの2種類を練り込んで焼き上げています ¥150
※レッドチェダーチーズとナチュラルチーズの2種類を生地に練り込んでいるので ハムとレタスをはさんだり いろんなサラダをはさんでみたりするとほんのりチーズ味のするサンドイッチになります さらにチーズをはさんでがっつりチーズを楽しむというお客さまもいらっしゃいました!

シチュウぱん:じゃがいも、ニンジン、カボチャ お野菜ごろごろ入ってます ¥200
※全粒粉のぱんなので軽くトーストするとまわりがぱりっとしてなかなか良いです

ちょっと大人のクリームぱん:ラム酒で香りづけしたカスタードクリーム ¥160

次は、正面左手に並んでいたパンです。上段の左から、

全粒粉のバゲット:どっしりざっくりした食感と味わいです ¥290

全粒粉のカンパーニュ:サンドイッチにも良いです! ¥290

その下の段にあるのは、

ミルクフランス:自家製の練乳クリームをはさみました ¥140


ファンが多くて早い時間に行かないと売り切れてしまうと聞いていたクロワッサンにありつけたのは幸運でした。感心させられたのは、デニッシュ系のパンは夏場はお休みしているということです。お菓子づくりをしたことがある方ならおわかりでしょうが、パイ皮を何層にも折りたたんであのサクサクとした美味しいパイ皮が出来上がるのですが、暑い夏場は生地がダレてしまってよいパイ生地ができません。

冷凍するなどの方法も考えられますが、良い物ができないならばいっそ作らないというオーナーの心意気は素晴らしいと思いますし、逆に、本物のパンを食べさせてもらえるという期待が膨らみます。生意気なことを書いてしまいましたが、本物の職人さん、パン職人だと感じましたので、つい…。お許しください。

購入したパンはまだ全部を食べていませんが、その日の「3時のお茶だじ~」にことりクリームパンをお小昼にいただきました。そこら辺のクリームぱんとはまったく別物の美味しさです。他のパンも期待ができそうです。

池田町にも、松川村にもこのようにかなりレベルの高い、美味しいパン屋さんがあって羨ましいと思いました。

igupan-600.jpg




ぱんとカフェ いぐぱん

住所:北安曇郡松川村西原3163-16
TEL:0261-85-0785
アクセス:安曇野ちひろ公園から、山麓線を車で約2分
営業時間:8:00~17:00頃 ※パンが売り切れた場合は早く閉店することがあるようです
定休日:火・水・木曜日 & 年末年始
駐車場:5台
※電話でパンの予約・取り置きも受け付けてくれます
BLOG:http://oishiinen.igupan.pecori.jp/
※お知らせの他にも、いろいろなパンを美味しく食べる方法などがたくさん載っています。パン好きには必見ですね。








▼ブログランキングに参加しています♪
 応援よろしくお願いします♪

この記事が少しでも面白かった、参考になった、役に立ったと思ったら、
下のボタンをポチッとしてもらえると、とても励みになりますヽ(´ー`)ノ

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  

関連記事
スポンサーサイト



COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.