fc2ブログ

安曇野と信州の四季の自然の素晴らしさや、人気のお店を紹介しています♪ 最近はほとんど『野鳥 大好き!』ですが^^;

昔ながらの大判焼きがおいひ~♪池田町の相馬菓子店

CATEGORY美味しい店


土地っ子に昔ながらの懐かしい大判焼きのお店が池田町にあると聞いたので、すぐさまそのお店に馳せ参じましたε≡≡ヘ( ´Д`)ノ 池田町役場や安曇総合病院から51号線に向かって行くと突き当たる「池田3丁目」の交差点の真ん前に相馬菓子店はありました。

IMG_4674TR-20160131.jpg



ここは前からよく通っていた交差点です。でも、教えてもらうまでこのお店のことはまったく気が付きませんでした。仕方ありませんね、交差点ですからわき見などせずしっかりと安全運転に徹していたからだと思います(笑)。

大町方向からだとこんな感じの店構えです。女将さんが大判焼きを焼いているところを見ることができるようにガラス張りになっています。でも、写真を撮るといったら、女将さんは恥ずかしがって隠れちゃいました~♪

IMG_4666-20160131.jpg



お店の前にはこんなしゃれた看板がありました。そうです、大判焼きといえば厚紙でできたこんな箱に入れてくれるんですよね。

IMG_4678TR-20160131.jpg



一人暮らしのJACKなので、せっせと大判焼きを焼いている女将さんに3種類を各1個づつ計3個だけ売ってもらえるか尋ねると嫌な顔もせず、もちろんですよ!と笑顔で紙袋に入れてくれました。

IMG_4692-20160131.jpg



さっそく持ち帰った大判焼きをいただきました。すっかり冷めてしまったので、レンジでひとっきらチンしてあんを温め、直ちにオーブントースターで少々焼いて外側をカリッとさせて、まずいただいたのは国産小豆を使用しているという小豆あんです。
<JACKの安曇野ことばミニ講座Ⅰ>「ひとっきら(しとっきら)」=少しの時間、ちょっと。

IMG_4702-20160131.jpg



ほいでもってせ~、こちらがしろあんだじ。どちらもあんの甘さが嬉しい甘さです。こういうのは甘さ控え目などとお上品ぶっちゃいけませんやね~。昔ながらの甘さがいいんです。
<JACKの安曇野ことばミニ講座Ⅱ>「ほいでもってせ~」=それでね、それでさぁ~、「…だじ」=…ですよ、…だよ。

IMG_4713-20160131.jpg



最後はカスタードクリーム。先ほどの白あんには白ごまが、クリームには黒ゴマが真ん中にまぶしてあるので中のあんの種類がちゃんと分かるのが嬉しい心遣いです。ますますあの女将さんに♡です(笑)。
<JACKの安曇野ことばミニ講座Ⅲ>「…せ」=…ですよ、…だよ。

IMG_4707-20160131.jpg



3種類とも、温める前に写真を撮りましたので、熱々感は伝わらないかと思いますが、程々に温めたつもりでもやはり口の中を火傷してしまいました(だからタイトルは「おいひ~」です!、笑)。でも、これが熱々の大判焼きを食べる時の宿命みたいなものだと思います。

人気商品の大判焼き以外に、たこ焼きや駄菓子も扱っている相馬菓子店は町のお菓子屋さんとして、地元の子供から大人まで幅広く愛されている人気のお店だそうです。看板娘の女将さん(!?)が20年以上毎日焼く大判焼きは3種類とも税込み各130円です。

駐車場はお店の隣の駐車場が利用できます。この写真の左側です。よい子は「相馬菓子店」以外の場所に停めてはいけません♪

IMG_4668-20160131.jpg



※あいさの(間の)<JACKの安曇野ことばミニ講座>出典:JACKは、信州弁は親父や親戚のしょう(衆)がめた(やたらと)使ってたもんでね、なから(だいたい)わかるんだけんど、おらほはネイティブスピーカーじゃね~もんでせ、ほんだで(そういうことだから)、安曇野市教育委員会発行の「安曇野郷科書」から引用したってことせ♪ (←どうずら?、笑)



相馬菓子店
住所:長野県北安曇郡池田町池田4226-1
TEL: 0261-62-4851(しあわせこい)←お店でもらった案内カードに書いてあった語呂合わせです(^^♪
※電話予約歓迎とのこと


相馬菓子店はこちらです







▼ブログランキングに参加しています♪
 応援よろしくお願いします♪

この記事が少しでも面白かった、参考になった、役に立ったと思ったら、
下のボタンをポチッとしてもらえると、とても励みになりますヽ(´ー`)ノ

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  

関連記事
スポンサーサイト



COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.