fc2ブログ

安曇野と信州の四季の自然の素晴らしさや、人気のお店を紹介しています♪ 最近はほとんど『野鳥 大好き!』ですが^^;

絵本美術館 森のおうち/いせひでこの宮沢賢治絵本原画展



先週、栃木から母の友人N子さんが安曇野にやってきました。N子さんは、母のお友達といっても私と4歳違うだけなので娘のような年齡差があります。私も、N子さんを「お姉さん」と呼んでいましたし、彼女も弟のように接してくれていました。

一緒に旅行したり、茶飲み話をしたり、同じボランティア活動に参加したりなど、永いお付き合いの友人としては、母がどんな老人施設に入居したのかを確かめに来たかったそうです。そして、安曇野に来たもう一つのお目当てが、以前母と来たことがある絵本美術館 森のおうちを訪ねること、この2つだけです。

安曇野に着いたらすぐに行きたいという希望でしたが、到着した日は休館だったので翌日の金曜日に絵本美術館 森のおうちに案内しました。

IMG_5021-20160422.jpg



茶色の風景からしばらくぶりに訪れた絵本美術館 森のおうちは新緑が鮮やかな有明の森の中です。

IMG_5019-20160422.jpg


IMG_5018-20160422.jpg


IMG_5020-20160422.jpg



N子さんは、もう何十年も児童館で子どもたちに本や絵本の読み聞かせをしています。若い頃から世界中を旅行していましたし、日本中の絵本の美術館を廻ったそうです。自宅には絵本がたくさんあるそうです。

IMG_5023-20160422.jpg


IMG_5022-20160422.jpg



去年、ふとしたきっかけで知り合った館長の酒井倫子さんは、いらっしゃるだろうか。ぜひN子さんをお引き合わせしたいなと思って伺いました。

IMG_5025-20160422.jpg


IMG_5026-20160422.jpg
宿泊ができるコテージ



受付でスタッフの方にお尋ねしたら、館長さんは運良くご在館でした。ご挨拶をしてから、さっそくいせひでこさんの原画を拝見しておりましたら、酒井館長さんがいせさんの原画についていろいろと説明をしてくださいました。「ゴッホのひまわり」と「宮沢賢治のひまわり」、600行ほどの長編詩「小岩井農場」のパート4とパート9についてなどなど。

酒井館長さんは宮沢賢治がお好きでかつ造詣が深く、N子さんもまた宮沢賢治の大ファンですから、二人の話は大盛り上がりでした。

対して私は、こちらの美術館に何度かおじゃまするようになってからあわてて宮沢賢治の本を数冊買い込んでみたものの、あちこち遊びまわってばかりで遅々として読むほうは進んでいないというていたらくです。一日が48時間、いや36時間でもいいから、今よりもっと長ければ少しは読書が進むかななどと思ってしまいます。でも時間の使い方がもっとうまくならないと、一日が何時間長くなろうが今と変わらないでしょうね。

IMG_5028-20160422.jpg
駐車場で見つけたすみれ



予定していた時間を大幅に過ぎてしまい、「嬉しい誤算」だったので白馬村に行くのをやめてクラフトパークに向かいました。というのは絵本美術館 森のおうちの受付に「薄黄緑色の桜」が飾ってあったからなのです。スタッフのお一人がご自宅から持参されたウコンザクラだそうですが、あまりの綺麗さに、また「緑色の桜」が見たくなってしまいました。

IMG_5032-20160422-600.jpg



実は2週間前からこの樹の開花状態を追いかけていたのですが、遅咲きのさくらでまだ5分咲き程度といったところでしょうか。森のおうちで見た桜とは種類が異なるのでしょうが、安曇野に来て初めて知った、そして初めて見る桜です。

近くの安曇野「翁」で美味しい蕎麦をいただきながら、N子さんは絵本美術館 森のおうちでの酒井倫子館長とのやり取りを振り返っていました。日本各地の絵本の美術館をあちこち訪ね歩いた中で、今日、森のおうちが一番贔屓の絵本美術館になりましたと、嬉しそうな笑みを浮かべていました。そして、また秋になったらまた安曇野に来たいとも。

IMG_5034-2010422.jpg



いせひでこの宮沢賢治絵本原画展
2016年3月18日(金)~5月17日(火)

宮沢賢治-表1-500t


宮沢賢治-2-3-700


宮沢賢治-4-5-700


宮沢賢治-6-7-700




絵本美術館&コテージ森のおうち

住所:〒399-8301 長野県安曇野市穂高有明2215-9
TEL:0263-83-5670
アクセス:車利用=安曇野ICから約20〜30分、電車利用=JR大糸線の穂高駅、又は有明駅下車、タクシーで10分
開館時間:9:30AM〜5:00PM(最終入館4:30PM)
     ※1月・2月 9:30AM~4:30PM(最終入館4:00PM)
入館料:大人=800円、小・中学生=500円、3才以上=250円
休館日:木曜日、展示替えによる不定期休館あり
HP:http://www.morinoouchi.com/index.html
Cafeポラーノ「ひだまりのオムライス」:http://www.morinoouchi.com/cafe.html
E-メール:info@morinoouchi.com(絵本美術館)
     wedd@morinoouchi.com(ウェディング)








▼ブログランキングに参加しています♪
 応援よろしくお願いします♪

この記事が少しでも面白かった、参考になった、役に立ったと思ったら、
下のボタンをポチッとしてもらえると、とても励みになりま~すヽ(´ー`)ノ

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  

関連記事
スポンサーサイト



COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.