fc2ブログ

安曇野と信州の四季の自然の素晴らしさや、人気のお店を紹介しています♪ 最近はほとんど『野鳥 大好き!』ですが^^;

豊科・法蔵寺のお花まつり



豊科の浄土宗 周岳山(しゅうがくさん) 信楽院(しんぎょういん) 法蔵寺のお花まつりの法要に、昨日その末席に加えさせていただきました。幼稚園でお花まつりの行事があったことを覚えていますが、その時以来のお花まつりです。

法蔵寺を以前の記事で詳しくご紹介しましたが、長野県宝に指定の山門、市内一の優雅な建造物といわれている二重層の鐘楼門をはじめ庫裏(くり)、土蔵、裏門、書院は国登録有形文化財に指定されています。また法蔵寺館跡は市史跡に指定されているほか、成新学校跡の標柱も建っており、私にはこれらを調べることで安曇野の歴史や文化などを学ぶとてもよい機会となりました。(以前の紹介記事はこちらから)

IMG_5226-20160429TR.jpg



お花まつりについて

お花まつりというのはご存知の方も多いと思いますが、お釈迦様の誕生を祝うお祭りです。灌仏会(かんぶつえ)と呼ばれる仏教行事で、その歴史は古く、仏生会(ぶっしょうえ)、降誕会(ごうたんえ)、浴仏会(よくぶつえ)、龍華会(りゅうげえ)、花会式(はなえしき)とも呼ばれるそうです。

お釈迦様が旧暦4月8日に生誕した伝承に基づいているのだそうで、飛鳥時代の606年に推古天皇が法会(ほうえ)を行ったという記録もあるそうです。840年に宮中での灌仏会から一般寺院に広まり、明治時代の終わり頃から花まつりと呼ばれるようになったのだとか。

新暦の4月8日は関東地方以西で桜が満開する時期にあたることから、浄土真宗の僧侶安藤嶺丸が「花まつり」の呼称を提唱して以来、宗派を問わず灌仏会の代名詞として用いられているそうです。

IMG_5246-20160429.jpg



お花で飾られた御堂(花御堂、はなみどう)の中央に水盤をしつらえて、天地を指さしたお釈迦様の仏像(誕生仏)をお祀りし、柄杓で甘茶をかけてお祝いします。これはお釈迦様が生誕した時に産湯を使わせるために9つの竜が天から清浄の水を注いだとの伝説に由来するそうです。

IMG_5259-20160429.jpg



生まれた直後のお釈迦様を模した誕生仏は天地を指さしていますが、これは生まれてすぐに7歩進んで『天上天下唯我独尊(てんじょうてんげゆいがどくそん)』と唱えたという伝説を表しているそうです。「この世にわれにまさる聖者なし」という意味ですが、真意は「この世のあらゆる存在がみな尊いいのちを持っている」という教えを表したものであり、「正しく生きる教えを悟って多くの人々を助けるような聖者になる」ともいえるようです。


法蔵寺のお花まつりのようす

お花まつりの解説が長くなってしまいましたが、昨日法蔵寺の本堂で執り行なわれたお花まつりの様子をひんしゅくを買わない程度に撮影しました。

IMG_5262-20160429.jpg


IMG_5250-20160429.jpg


IMG_5269-20160429.jpg


IMG_5271-20160429.jpg


IMG_5272-20160429.jpg


IMG_5283-20160429.jpg



法蔵寺の本堂

IMG_5243-20160429.jpg



中央内陣に安置されているのが御本尊阿弥陀如来(三尊来迎仏)です。

IMG_5291-20160429.jpg


IMG_5291-20160429TR.jpg



こちらは宗祖、和順大師法然上人です。

IMG_5276-20160429.jpg


IMG_5277-20160429.jpg



こちらが高祖、善導大師です。

IMG_5280-20160429.jpg


IMG_5287-20160429.jpg



法蔵寺の庫裡と内庭

本堂と同様に初めて拝見する庫裡内部と美しい内庭です。去年の記事に書いた「右側上部に古い駕篭(かご)が吊るされているそうで、柱や梁などに欅、松などの巨木が使われており歴史の重みが感じられる」という様子をこの目で拝見することができましたので、その点でも感謝せねばなりません。

IMG_5297-20160429.jpg



こちら側にあった「呑龍」の文字に目が留まりました。群馬県太田市に「呑龍(どんりゅう)さま」として大変親しまれている浄土宗の大光院というお寺がありますが、なにか関係があるのでしょうか。機会があれば伺ってみたいと思います。

IMG_5300-20160429.jpg



檀家の皆さんに甘茶が用意されていました。

IMG_5313-20160429.jpg



内庭も鑑賞させていただきました。カメラに収めるのにどんな構図が良いのかとても迷った拙い写真です。

IMG_5227-20160429.jpg


IMG_5231-20160429.jpg


IMG_5228-20160429.jpg



三郷温の瑠璃光の關 恒明副住職の法話で拝聴した「5つの戒律」を帰宅してからおさらいしてみました。

①生き物を殺してはならない。… 不殺生戒(ふせっしょうかい)
②盗みを犯してはならない。… 不偸盗戒(ふちゅうとうかい)
③嘘をついてはならない。 … 不妄語戒(ふもうごかい)
④男女の関係を持ってはならない。… 不邪淫戒(ふじゃいんかい)
⑤酒を飲んではならない。 … 不飲酒戒(ふおんじゅかい)

「戒」は戒(いまし)め、「律」は戒めを守ることですから、この5つの戒めを守らない人は「地獄」へ落ちることになります。おそらく、ほとんどの人が「地獄」に行くことになりそうです。俗世間の汚れに浸りきった私など、どうすればよいのやら。

IMG_5303-20160429.jpg



さらに厚かましくも、お昼のお弁当まで頂戴してしまったのですが、席にはこんなパネルが置かれていました。

IMG_5311-20160429.jpg



食事の前に、動物や植物など食べ物の命を「いただきます」と、手を合わせます。その前に「南無阿弥陀仏」を10回唱えなさい、ということです。悟りなどとても拓けそうもない私ですが、これならできるかもしれません。出来そうもない「理想」を追うよりも、続けられそうな「目標」のほうが良さそうです。

お釈迦さまに再度手を合わせてから法蔵寺を後にしました。

IMG_5315-20160429.jpg




浄土宗 周岳山 法蔵寺

住所:〒399-8205 長野県安曇野市豊科新田5716
TEL:0263-72-2273(代)
FAX:0263-72-6160
受付時間:8:00~21:00(年中無休)
アクセス:安曇野インターより車でやく10分、JR大糸線豊科駅より徒歩約8分
駐車場:第1~第3、約200台
E-mail:houzouji@azm.janis.or.jp

法蔵寺の詳細についてはこちらの記事からどうぞ。








▼ブログランキングに参加しています♪
 応援よろしくお願いします♪

この記事が少しでも面白かった、参考になった、役に立ったと思ったら、
下のボタンをポチッとしてもらえると、とても励みになりま~すヽ(´ー`)ノ

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  

関連記事
スポンサーサイト



COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.