fc2ブログ

安曇野と信州の四季の自然の素晴らしさや、人気のお店を紹介しています♪ 最近はほとんど『野鳥 大好き!』ですが^^;

湿原ある記~親海湿原と姫川源流・編~



曇天で雨も心配された昨日、池田町のYさんご夫婦と、Mさんご夫婦、そしてワタクシJACKの5人で、皆が好きな『花』を愛でる湿原散策に出かけました。

昨年末に長峰山のてっぺんで同じ日に初めて会って以来、毎週のように顔を合わせている仲間たちです。花や山が好きといった共通点もあって、この日の湿原散策が実現しました。

IMG_6120-20160509.jpg



最初に出会ったのはシロバナエンレイソウ(白花延齢草)です。3枚の葉の上に3枚の花びら(正確には外花被)がちょこんと乗っかっています。

IMG_6122-20160509.jpg



イカリソウ(碇草)。先週大出公園で見かけたイカリソウは図鑑によくある淡紅紫色でしたが、これは真っ白。ということはトキワイカリソウかもしれません。なるほど、船の碇(イカリ)にそっくりな形です。

IMG_6125-20160509.jpg



白い小さな花が可憐でワタシ好みです。ミヤマハコベ(深山繁縷)。

IMG_6128-20160509.jpg



長峰山などでもよく見かけるムラサキケマン(紫華鬘)。ヤブケマン(藪華鬘)とも云うようです。白花で先端だけ紫色のものをシロヤブケマン(白藪華鬘)、全部白いものをユキヤブケマン(雪藪華鬘)と云うそうです。そういえばそんなのを見たような見なかったような…。

IMG_6130-20160509.jpg



先週はまだ咲き始めだったオドリコソウ(踊り子草)。そこら辺の道ばたなどやたらとどこでも見かけるヒメオドリコソウは可愛いのはその名前だけで、お姿はこちらのほうがずっと美しいと思います。

IMG_6137-20160509.jpg


IMG_6138-20160509.jpg



Yさんは山や湿原の花にとても詳しく、私たちのインストラクターです。いろいろなことをレクチャーしてくれるのでとても楽しく勉強させて貰えます。この風景を見てお分かりのように、まだ湿原にたどり着いていません。でも、美しい花がたくさんです。

IMG_6139-20160509.jpg



湿原への入り口近くで見かけたフッキソウ(富貴草)。キチジソウ(吉祥草)ともいいますが、野山の花図鑑に載っていないのは、木の仲間だから。見頃を過ぎてしまっていますが、先週撮った綺麗な姿(写真下)と比べてみてください。綺麗なブラシ状になっています。

IMG_6140-20160509.jpg


IMG_5753-20160503.jpg



マムシグサ(蝮草)かもしれないし、ミミガタナンテンショウ(耳型南天星)かもしれません。マムシグサにしては仏炎苞の口辺部分が耳たぶのように張り出していて、ミミガタナンテンショウの特徴に近いのでこちらである可能性が高そうです。

IMG_6143-20160509.jpg



仏炎苞がまだ若く緑色のマムシグサ(?)。茎部分の葉のさやがマムシを思わせる模様です。

IMG_6146-20160509.jpg



マムシグサ(?)の隣はホウチャクソウ(宝鐸草)。花の形がお寺の宝鐸に似ていることから付いた名前だそうです。

IMG_6151-20160509.jpg



仏炎苞の横幅がかなり広いのでこれはミミガタナンテンショウ(耳型南天星)でしょう。写真のアングルが悪く、その特徴が表現出来ていないのは未熟さ故、ご容赦を。

IMG_6153-20160509.jpg



親海湿原の木道に入って最初に目に止まったのはサワオグルマ(沢小車)の黄色。

IMG_6156-20160509.jpg



これはガマ(?)。

IMG_6157-20160509.jpg



この親海湿原のいちばんの見ものはこのミツガシワ(三槲)ではないでしょうか。

IMG_6160-20160509.jpg



3枚の葉がカシワに似た3小葉なのでミツガシワの名が付いたのだそうです。

IMG_6165-20160509.jpg



氷河期の生き残りで、北国の他に温暖地域でも局地的に生き残っているそうです。

IMG_6166-201605093.jpg


IMG_6168-20160509.jpg


IMG_6173-20160509.jpg



食べ過ぎや食あたりに根を煎じて飲ませ、命拾いしたことから延齢草と名付けられたエンレイソウ(延齢草)。

IMG_6177-20160509.jpg



黄色い可愛らしい花びら(正確には内萼片)に心引き寄せられました。ルイヨウボタン(類葉牡丹)という名は葉の形がボタンに似ているから。

IMG_6183-20160509.jpg



群れをなして咲いているところもありましたが、その名のとおり静かにひっそりと咲いている方が似合うと思うヒトリシズカ(一人静)。二人静という花もありますが、全く似ていません。左側にはカタクリの花が咲き終わって実が成っています。

IMG_6184-20160509tr.jpg



綺麗な花ですが、樹の花図鑑が手元にないので名前がわかりません。

IMG_6186-20160509.jpg


IMG_6188-20160509.jpg



葉が丸く、毛が多く、白い花をつけるので見分けやすいというケマルバスミレ(毛丸葉菫)。

IMG_6192-20160509.jpg



ブラシ状の花がまだ蕾状態の若いフッキソウですね。

IMG_6193-20160509.jpg



こういう小さな花も愛らしくてカワユイです。ミヤマハコベ(深山繁縷)かと。

IMG_6194-20160509.jpg



ネコノメソウ(猫の目草)の名は、果実はサク果で縫線があり、ここから2裂するさまがネコの瞳孔に似ているからだそうです。トウダイグサとよく似ています。

IMG_5692-20160503.jpg



ベニシジミでしょう、きっと。小さな蝶に目一杯接近して撮りました。

IMG_5771-20160503.jpg



親海湿原からおとなりの姫川源流へ。2つ合わせて「姫川源流自然探勝園」というのだそうです。ニリンソウ(ニ輪草)が大群生しています。一つ咲いても二輪草、3つ咲いても三輪草とは云わずに二輪草。

IMG_5735-20160503.jpg


IMG_6196-20160509.jpg


IMG_6203-20160509.jpg



親海湿原でも見かけたホウチャクソウ。

IMG_6197-20160509.jpg



丘わさびの花。

IMG_6200-20160509.jpg



先週よりもバイカモ(梅花藻)の花が大きくなっています。右の葉は水芭蕉の葉です。

IMG_6204-20160509.jpg



源流は伏流水のようでとても綺麗な水です。オランダガラシ(和蘭芥子)=クレソンがこんなにたくさん育つはずです。

IMG_6206-20160509.jpg



クレソンと水中花のバイカモ。

IMG_6208-20160509.jpg



水芭蕉の大きな葉を真上から撮って遊んでみました。

IMG_6209-20160509.jpg



まだ白い水芭蕉が少しだけ残っていました。

IMG_6211-20160509.jpg



白い粉をふりかけたかのような風景です。二輪草の群落。

IMG_6213-20160509.jpg



たった一輪だけ咲いていた福寿草。

IMG_6216-20160509.jpg



姫川源流を一巡し、駐車場に向かう鳴沢川にかかる「かたくり橋」。

IMG_6218-20160509.jpg



駐車場(白馬さのさかスキー場第一駐車場)の近くに咲いていたすみれは、ツボスミレ(坪菫)のようです。ニョイスミレ(如意菫)とも云うそうな。

IMG_6221-20160509.jpg



2時間ほど歩いてお腹ペコペコの一行は、某食堂に入り込み、こんなランチをいただきました。誰が何を食べたかはヒ・ミ・ツ!

IMG_6222-20160509.jpg



腹ごしらえを終えたご一行様が、この後に行った先のことはまた明日にでも。お楽しみに♪


最後まで長々とお付き合いくださり、ありがとうございました。





▼ブログランキングに参加しています♪
 応援よろしくお願いします♪

この記事が少しでも面白かった、参考になった、役に立ったと思ったら、
下のボタンをポチッとしてもらえると、とても励みになりますヽ(´ー`)ノ

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  

関連記事
スポンサーサイト



COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.