fc2ブログ

安曇野と信州の四季の自然の素晴らしさや、人気のお店を紹介しています♪ 最近はほとんど『野鳥 大好き!』ですが^^;

湿原ある記~宮の森自然園・編~



一昨日、池田町のYさんご夫妻と、友人のMさんご夫妻、プラスJACKの5名のメンバーで白馬村の親海湿原と姫川源流を散策した様子を昨日投稿しましたが、今日はその続きです。

隊長のYさんが、シークレットスポットに案内するというのです。ヒントは南側というだけ。Yさんの車の後方から追尾して走ると、どうやら大町のようです。そして大町温泉郷に向っています。○○じゃないか?、□□だろう!、いやいや△△じゃないのか?などと後方の追尾車内は盛り上がっておりました♪

そして、車を停めたのはここ。

IMG_6273-20160509.jpg



名称に覚えがあって、いつか行こうとは思っていた「宮の森自然園」でした。湿原散策パート2の始まり、始まり!

IMG_6270-20160509.jpg



車を降りてすぐに目についたのはクリンソウ(九輪草)です。

IMG_6223-20160509.jpg



茎を取り囲んで花が咲き何段にも重なる姿が、お寺にある塔先端の相輪の九輪に見立てて名付けられました。さくらそう科なので、サクラソウによく似ています。ナナジュウソウ(七重草)の別名がありますが、標高が高くなるに連れて花の弾数が少なくなるのだとか。

鮮やかな紅色。

IMG_6225-20160509.jpg



紫がかった濃いピンク。

IMG_6226-20160509.jpg



白に近い極薄ピンク。

IMG_6227-20160509.jpg



黄色…はありませんでした。お花の部分をアップで。

IMG_6231-20160509.jpg



ここでも発見!マムシグサ(蝮草)か、ミミガタナンテンショウ(耳型南天星)かビミョーなところ。

IMG_6235-20160509.jpg



この子に相談してみましたが、返事がカエルことはなかったです、ケロケロ♪

IMG_6237-20160509.jpg



これもビミョー。というのは白い花が咲かないとワタシにはクルマムグラなのかクルマバソウか判別できません。白い花びらが反り返っていればクルマムグラです。正解は、一週間後くらいかな?(笑)

IMG_6239-20160509.jpg



背丈が1メートル弱ほどあったでしょうか。まるで育ちすぎた畑の菜っぱのようだったのです。それもそのはず、食用や薬用として栽培されいたものが野生化したというヒレハリソウ(鰭玻璃草)です。ヨーロッパ原産で、コンフリーという別名がらしさを感じさせますが、健康被害をもたらす恐れありとして、厚生労働省や農林水産省から家畜飼料用も含めて食用としないようにアナウンスがあったそうです。

IMG_6248-20160509.jpg



釣鐘形の花は、紅紫色のほかにも黄白色があるようです。

IMG_6246-20160509.jpg



背の低いウワミズザクラ(上溝桜)があったので小さな花がたくさん集まった房状の総状花序とかいう花穂を接写。お掃除ブラシみたいです。

IMG_6250-20160509.jpg



昨日の記事にも登場した名称不詳の樹木に咲いた白い花が綺麗。梅やりんごの花びらのようでした。

IMG_6251-20160509.jpg



私ひとりだけ、一番奥まで行ってみました。水が入った田んぼでカモが戯れていました。

IMG_6252-20160509.jpg



びっちりと生えたスギナの間からクリンソウがすくっと立っている姿。緑をバックにピンク色がよく映えて綺麗でした。

IMG_6254-20160509.jpg



ユリ科の多年草、チゴユリ(稚児百合)です。小さな白い花びらはほとんどがうつむき加減。面(おもて)を上げていたチゴユリがようやく見つかりました。

IMG_6257-20160509.jpg



ザゼンソウ(座禅草)はこの時期はとうに見頃を過ぎていますが、仏焔苞(ぶつえんほう)の形が崩れかけたものが一つだけ見られました。色、ツヤ、ハリのない情けない姿ですから、別名ダルマソウ(達磨草)は連想できませんね。

IMG_6258-20160509.jpg



一輪だけポツリと咲いていたレンゲ(蓮華)がとても愛くるしく感じました。よく見かけるピンク系ではなく、紫です。

IMG_6260-20160509.jpg



わさびも一本だけぽつんと咲いていました。密生しているところもありましたが、安曇野でそういうのをたくさん見ているせいか、一輪のわさびに心惹かれます。

IMG_6262-20160509.jpg



水芭蕉と水中花のバイカモ(梅花藻)。姫川源流では咲いていたバイカモの花は、ここでは開花はまだ先のようです。

IMG_6264-20160509.jpg



奥は立ち入り禁止区域。行く末が危惧される植物を養生しているのでしょう。

IMG_6266-20160509.jpg



ホウチャクソウ(宝鐸草)の群生。

IMG_6267-20160509.jpg



何本かこのような標柱が建っていましたが、「ミズバショウ」はあまりに有名で誰でも知っているから、メジャーな植物だけでなくもっとマイナーな植物にも付けてはいかがでしょうか。

IMG_6268-20160509.jpg



駐車場に戻って八重山吹がおかえりなさいとお出迎え。

IMG_6272-20160509.jpg



駐車場わきの切り株ベンチでアフタヌーンティーをしながらの反省会…とは名ばかりのただの井戸端会議。幸いまだ雨に降られずに楽しい散策となりました。隊長と副隊長に感謝です♪

IMG_6277-20160509.jpg



次回プランは果たしていつ、どこになるのでしょう、乞うご期待♪








▼ブログランキングに参加しています♪
 応援よろしくお願いします♪

この記事が少しでも面白かった、参考になった、役に立ったと思ったら、
下のボタンをポチッとしてもらえると、とても励みになりますヽ(´ー`)ノ

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  

関連記事
スポンサーサイト



COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.