fc2ブログ

安曇野と信州の四季の自然の素晴らしさや、人気のお店を紹介しています♪ 最近はほとんど『野鳥 大好き!』ですが^^;

白馬八方北尾根高原トレッキング<前編>



湿原・高原歩きの第2弾は、白馬村の八方北尾根高原をトレッキングしてきました。先日の日曜日に投稿した記事の「寄り合い」とは、その打ち合わせの事だったんです。晴れ男と晴れ女が勢揃いしたおかげでとてもお天気の良い昨日、白馬村のジャンプ台の近くに集合しました。上空にハングライダーで空を舞っているのを見て、私たちも早く高いところに行きたいなぁ~と。

IMG_6666-20160518.jpg



八方尾根開発(株)のS川さんのお見送りを受けて、リフト乗り場へ移動。ここから咲花北尾根クワッドリフトに乗って標高約1,300メートルまで一気に昇ります。

IMG_6667-20160518.jpg



積雪期ならば下にはゲレンデスキーヤーがシュプールを描いているでしょうが、今はご覧のとおり。

IMG_6668-20160518.jpg



すぐに白馬乗鞍岳や大日岳が見えて来ました。

IMG_6669-20160518.jpg



白馬乗鞍岳南面にはポジ型の雪形「ニワトリ」やネガ型の「嫁岩」が、大日岳東端の稜線直下にはネガ型の雪形「仔馬」が、その仔馬の左下方にはネガ型の「種まき爺さん」の雪形が見えています。

IMG_6676-20160518.jpg



南側は白馬村の町並みです。

IMG_6674-20160518.jpg



すぐに白馬岳(しろうまだけ)も見えてきました。

IMG_6675-20160518.jpg



あっという間に到着です。

IMG_6892-20160518.jpg



北東方向には煙を上げている焼山が、その左側には雨飾山が、反対の右側には火打山が望めます。

IMG_6677-20160518.jpg



さらに右(南)側には妙高や戸隠が。中央部左は吾妻、高妻山。

IMG_6678-20160518.jpg



北尾根上方には不帰の剣、Ⅰ峰とⅡ峰がこちらを睨むように聳えています。後立山連峰を縦走した時に難所といわれているところです。登山中級者以上でないと無理でしょう。

IMG_6680-20160518.jpg



リフトを降りてすぐに、広場の素晴らしさに目が行きます。

IMG_6682-20160518.jpg


IMG_6681-20160518.jpg


IMG_6685-20160518.jpg



反対の山側は日差しの加減もありますが、素晴らしい青空に気持ちも高ぶります。

IMG_6683-20160518.jpg


IMG_6684-20160518.jpg



今日はとてもいいお天気ですが、前日までの雨で足元はまだ水気が残っています。お願いすればこんな長靴が無料で借りられるんですよ!

お天気続きならばスニーカーでもトレッキングできるでしょうが、できればトレッキングシューズなどの軽登山靴のほうがいいと思います。

IMG_6686-20160518.jpg



いよいよトレッキングの開始です。

IMG_6687-20160518.jpg


IMG_6688-20160518.jpg



八方尾根の上部をどこまでも澄み渡る青空が広がります。こんなお天気、めったに巡り会えませんね。

IMG_6689-20160518.jpg



白馬三山(しろうまさんざん)とご対面です。安曇野や大町、そして白馬駅近くの大出公園から見る姿よりももっと迫力があります。

右から白馬岳(しろうまだけ)、杓子岳(しゃくしだけ)、白馬鑓ガ岳(しろうまやりがたけ)。

IMG_6691-20160518.jpg



大日岳の雪形、種まき爺さん・婆さん。

IMG_6692-20160518.jpg



白馬岳の頂上には雄馬の雪形。大日岳との鞍部にあるのが白馬岳という名前の由来となった「代掻き馬」の雪形が上の方だけ見えています。「代馬(代かき馬)」がいつの間にか「白馬」になってしまいましたが、「しろうま」が正しいのです。「白馬」は「白馬村(はくばむら)」と「白馬駅(白馬駅)」以外は『しろうま』と発音してくださいね。白馬村の人でさえ「はくば」と発音していることが、私にはどうしても違和感があります。

IMG_6693-20160518.jpg



ここからは見えませんが、展望台で関西のおばちゃんたちに五龍の「御陵(武田菱)」はどこ?と聞かれたので、参考までに。白馬村の南部で当日朝撮ったものです。

IMG_6654-20160518_20160519002402725.jpg



秘密基地のような見晴らし台(?)は何のため?

IMG_6694-20160518.jpg



いよいよ林道に入ります。

IMG_6695-20160518.jpg



名前のとおり、木洩れ陽がとても心地よい林道です。

IMG_6696-20160518.jpg



八方尾根の北側の尾根ですから、白馬三山を眺めるのにこれ以上の場所があるでしょうか。

IMG_6698-20160518.jpg



不帰の剣も青空でくっきり。

IMG_6700-20160518.jpg



ショウジョウバカマの「残骸」のような姿が残っていました。

IMG_6701-20160518.jpg



「みはらし展望台一合目」

IMG_6702-20160518.jpg



山好きにはたまらんです!

IMG_6704-20160518.jpg



熊よけのベルです。

IMG_6706-20160518.jpg



ポツンとカタクリが残っていましたが、なかなか綺麗な姿です。

IMG_6709-20160518.jpg



渓流の音がここまで聞こえてきたのはあの谷からだったんですね。

IMG_6711-20160518.jpg



山の雪解け水一滴がここから流れだして、やがて大河となって海にたどり着きます。

IMG_6710-20160518.jpg



このあたりにもショウジョウバカマやカタクリがありました。

IMG_6714-20160518.jpg


IMG_6716-20160518.jpg


IMG_6717-20160518.jpg



本当に惚れ惚れする眺めです。

IMG_6719-20160518.jpg



まだピンクの花色が残っています。

IMG_6720-20160518.jpg



みはらし展望台2合目。

IMG_6721-20160518.jpg


IMG_6722-20160518.jpg



ここにはこんなに残っています。

IMG_6729-20160518.jpg



みはらし展望台3合目に着きました。ここにはベンチもあって心ゆくまで白馬三山などの景色を眺めることができます。

IMG_6734-20160518.jpg


IMG_6737-20160518.jpg



そんな写真を撮っていたら、先の皆が同じ所を凝視していました。

IMG_6741-20160518.jpg



どうやらオオルリのようです。この幸せの青い鳥を見るのは初めてです。急いでレンズを交換して撮ったのがこちら。手持ちなのでピンボケですがご容赦を。

IMG_6747-20160518.jpg



安曇野ではもうあまり見かけなくなったスミレ。

IMG_6750-20160518.jpg



クロモジの新芽。

IMG_6755-20160518.jpg



手作り感満載の標識が整備されています。

IMG_6756-20160518.jpg



展望台に到着。おじちゃん3人組が撮影を終えて移動するところでした。H子さんとK子さんにモデルになっていただきました、と云ってもOKが出たのは帽子だけ♪

IMG_6763-20160518.jpg



白馬乗鞍岳の「ニワトリ」の雪形もよく見えます。

IMG_6772-20160518.jpg



何という野鳥かはわかりませんが、こちらの様子を見ているのかな?

IMG_6773-20160518.jpg



近くで蝶がよく舞っているところがあり、Mさんと私はそれを追いかけるのに夢中でした。ギフチョウです。

IMG_6777-20160518tr.jpg


IMG_6776-20160518tr.jpg



どれだけ眺めていても、まったく飽きませんが、そろそろ広場へ戻ることに。

IMG_6782-20160518.jpg



杓子岳と白馬鑓ガ岳の雪形を。

IMG_6787-20160518.jpg



コブシか、タムシバなのか?

IMG_6795-20160518.jpg



すれ違ったカップル。カメラに収めていました。

IMG_6788-20160518.jpg



こんな水たまりのようなところがありますので、スニーカーより長靴のほうが「正解」。

IMG_6796-20160518.jpg



ツクバネソウです。

IMG_6800-20160518.jpg



林道を抜けて、草原に出ました。

IMG_6805-20160518.jpg


IMG_6811-20160518.jpg



白馬八方尾根
web.サイト:http://www.happo-one.jp/

白馬八方尾根観光協会web.サイト:http://www.hakuba-happo.or.jp/

八方尾根開発株式会社web.サイト:http://www.happo-one.jp/happoone-kaihatsu/

北尾根高原web.サイト:http://www.happo-one.jp/green/kitaone/





▼ブログランキングに参加しています♪
 応援よろしくお願いします♪

この記事が少しでも面白かった、参考になった、役に立ったと思ったら、
下のボタンをポチッとしてもらえると、とても励みになりますヽ(´ー`)ノ

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  

関連記事
スポンサーサイト



COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.