fc2ブログ

安曇野と信州の四季の自然の素晴らしさや、人気のお店を紹介しています♪ 最近はほとんど『野鳥 大好き!』ですが^^;

昨夜のアルウィンデビューは、山雅勝利の見事な試合でした♪



IMG_8394-20160608.jpg



2016 J2リーグ 第17節 松本山雅FC vs 北海道コンサドーレ札幌戦の結果
2016/06/8

2016 J2リーグ 第17節 松本山雅FC vs 北海道コンサドーレ札幌
19:00 Kick off(アルウィン)

【試合結果】
松本山雅FC 3-2 北海道コンサドーレ札幌

IMG_8532-20160608.jpg


IMG_8534-20160608.jpg



【得点】
23分:松本山雅FC 29 高崎 寛之
34分:松本山雅FC 19 山本 大貴
52分:北海道コンサドーレ札幌 9 都倉 賢
65分:北海道コンサドーレ札幌 9 都倉 賢
81分:松本山雅FC 5 岩間 雄大

【スターティングメンバー】

GK:1 シュミット ダニエル
DF:24 那須川 将大 4 飯田 真輝 11 喜山 康平 18 當間 建文
MF:5 岩間 雄大 23 工藤 浩平 15 宮阪 政樹 17 飯尾 竜太朗
FW:29 高崎 寛之 19 山本 大貴

【リザーブ】
GK:25 白井 裕人
DF:30 酒井 隆介 33 安川 有
MF:7 武井 択也 20 石原 崇兆
FW:8 ウィリアンス 38 前田 大然

【交代】
59分:19 山本 大貴 → 20 石原 崇兆
84分:23 工藤 浩平 → 7 武井 択也
90+1分:17 飯尾 竜太朗 → 30 酒井 隆介


同時刻にキックオフの町田ゼルビアと清水エスパルスの試合は1-2で清水エスパルスの勝利。これで、松本山雅は勝点を32に伸ばし、町田ゼルビア(勝点31)を抜いて2位に浮上、首位のコンサドーレ札幌に勝ち点差1と迫りました。

■J2第17節暫定順位表
1位 札幌(勝点33/得失点差12)※1試合未消化
2位 松本(勝点32/得失点差12)
3位 岡山(勝点31/得失点差9)
4位 町田(勝点31/得失点差8)
5位 C大阪(勝点31/得失点差4)


メジャー


<追記>

昨夜は↑↑ここまででギブアップしましたので、喜びと興奮が冷めやらぬうちに試合経過を振り返ってみます。

山雅のキックオフで19:03に試合開始。

IMG_8399-20160608.jpg


IMG_8401-20160608.jpg



前線の高崎選手(29)と山本選手(19)がコンサドーレの守備にプレスをかけ、山本選手(19)がボールを奪い取ると相手守備陣がたまらずファウル。山本選手(19)が倒れたまま大きく手を広げてファウルをアピール!ペナルティエリアの左手前のいい位置です。

IMG_8413-20160608.jpg



フリーキック(FK)のキッカーは宮阪選手(15)。精度の高いいいキックを持っていると感心した選手なのでその後試合中ずっと注目して見ていました。

IMG_8415-20160608.jpg



前半23分、宮阪選手(15)の絶妙なクロスをヘディングで合わせたのが高崎選手(29)。待望の先制点です!!

IMG_8419-20160608.jpg



ティフォージ(ゴール裏スタンド=伊語)や他のサポーターたちもタオマフ(タオルマフラー)をブンブン振り回して大喜びです!

IMG_8425-20160608.jpg



そして、前半34分に嬉しい追加点が入ります。右サイドを工藤選手(23)と高崎選手(29)が崩してファーサイドの那須川選手(24)がシュート性のボールを放つと、山本選手(15)がこれを受けて反転してシュート!見事にゴール右のネットを揺らします。ゴールした山本選手(19)は喜びいっぱいでベンチにまっしぐら!、控え選手とゴールを喜び合っていました。

IMG_8447-20160608.jpg


IMG_8459-20160608.jpg



2分のアディショナルタイムも経過して、前半終了。ホームの山雅が2-0で前半を折り返しました。

IMG_8470-20160608.jpg



この記事もハーフタイム♪

補正機能がついておらずいつも悩まされていたレンズですが、この日は「よかった~」と思いました(笑)。

Jリーグ選手の肖像権に抵触するので、選手の顔写真は勝手に載せられません。ブレブレの写真を見て「やった~!」と思いました(笑)が、念のためボカシをかけてあります。選手が小さくしか写っていない写真が大半ですがほんとはこれも☓だと思います。




2-0というのは、サッカーでは意外に危ないスコアだというのは智将反町監督もよ~~~くわかっていたと思うのですが、後半は嫌な流れに…。

後半7分、コンサドーレの左コーナーキック(CK)。キッカーは福森選手。左足のクロスを警戒していたはずの都倉選手に頭で合わせられて(=ヘディングシュート)しまいます。

IMG_8505-20160608.jpg


IMG_8507-20160608.jpg



両チームの選手交代の後の後半20分。またもやコンサドーレが今度は右コーナーキック。福森選手が上げたクロスをまたも都倉選手に決められてしまいます。

Mさんご夫婦も「また悪い癖が出てしまったね~」と残念そうです。私も、ハーフタイムにあんなこと(=2-0は危ないスコア)を云わなければよかったと反省。

IMG_8515-20160608.jpg


IMG_8518-20160608.jpg



その後は、勢いがついたコンサドーレのペースでゲームが進んでいきます。正直なところ山雅よりも選手個々のレベルは上だと思います。局所でのボール扱いや競り合いに山雅の選手がついていけなくなっていました。

それでも雷鳥軍団にはJリーグに誇る山雅サポーターがついています。この日はウィークデイのナイトゲームにもかかわらず、J2なのに10,796人の入場者!

IMG_8519-20160608.jpg



山雅サポが大きな声でチャント(応援歌)を歌い続けて山雅の選手たちを鼓舞します。山雅のティフォージ(=サポーター、伊語)の思いが選手に伝わったかのように、欲しかった勝ち越し点が生まれます。こういう一体感がたまりませんね♪

後半36分、右サイドから飯田選手(4)が送ったクロスを増川選手が石原選手(20)と競り合いながらクリアします。そこに走りこんできた岩間選手(5)がダイレクトでミドルシュートを放つとゴールポストをたたいてネットに吸い込まれました!!

IMG_8530-20160608.jpg


IMG_8532-20160608.jpg



背番号15の宮阪選手と、ハイタッチしてゴールを喜び合う岩間選手(5)。

IMG_8527-20160608.jpg


IMG_8533-20160608.jpg


IMG_8534-20160608.jpg



後はこのまま逃げきれるか!?山雅の守護神シュミット・ダニエル選手(1)は時間をゆっくり使ってゴールキックをしようとしていたら、案の定審判からイエローカードを出されてしまいました。「遅延行為」といって、あからさまな時間稼ぎとみなされての警告です。まあ、ご愛嬌と思いましょう。

アディショナルタイムはなんと4分。長いね~、と山雅ティフォージたちからはブ~イング♪

反町監督も、後半46分に最後の選手交代をして「時間稼ぎ」をします。こういうの、あまり紳士的ではないという意見もありますが、南米やヨーロッパでは「マリーシア」といって、「ずる賢そうだけどうまくやる」とでも訳せばよいのでしょうか、よく見られるシーンです。正直にやるだけじゃ勝てないという文化と、正々堂々戦うという武士道の文化がある日本人には馴染みにくいかもしれませんが。

IMG_8536-20160608.jpg



そして、試合終了のホイッスル!
Mさんご夫婦ともハイタッチをして勝利を喜びあいました♪

この試合は首位と3位の対決です。コンサドーレは勝って山雅を突き放したかったでしょうから、選手も倒れこんだりしゃがみこんで悔しそうです。
一方の山雅は、今日首位のコンサドーレに勝てば勝点1差となり頂上も見えてくるわけですから、こちらも負けるわけにはいかなかったはずです。選手が抱き合って喜んでいる姿で一目瞭然ですね。

IMG_8539-20160608.jpg



試合を終えて、審判と選手の握手。

IMG_8554-20160608.jpg



クルヴァ(=ゴール裏の席、伊語)もタオルマフラーを振り回して勝利を喜び合います。

IMG_8559-20160608.jpg



バックスタンド側にも選手が挨拶にやって来ました。サポーターと一緒に勝利を喜び合います。

IMG_8579-20160608.jpg



試合中ほとんど「ぴょんぴょん」飛び跳ねて絶えず応援していた熱烈サポーター(伊語でティフォージ)たちに「ありがとう!」。

IMG_8585-20160608tr.jpg



そして、お約束の「アルプス一万尺」♪♫

IMG_8590-20160608.jpg



反町監督は試合後のインタビューを受けています。スカパーのテレビクルーかな!?

IMG_8614-20160608.jpg



と、長々と試合を振り返ってみましたが、サッカーや山雅に興味のない方には申し訳ありませんでした。でも、サッカーなんて知らないという方でも、アルウィンで一緒に応援するという老若男女はたくさんいます。みんなおなじものに熱くなれるという一体感はたまりません。孫とおじいちゃんやおばあちゃんという組み合わせの姿を見られる微笑ましい場でもあります。

次回はアルウィンの”スタジアムツアー”を予定しています。





▼ブログランキングに参加しています♪
 応援よろしくお願いします♪

この記事が少しでも面白かった、参考になった、役に立ったと思ったら、
下のボタンをポチッとしてもらえると、とても励みになりますヽ(´ー`)ノ

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  

関連記事
スポンサーサイト



COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.