fc2ブログ

安曇野と信州の四季の自然の素晴らしさや、人気のお店を紹介しています♪ 最近はほとんど『野鳥 大好き!』ですが^^;

中学生の吹奏楽演奏に驚かされた シング・シング・シング♪



10月9日土曜日の午後、豊科公民館ホールで行われた安曇野市小中学校の合同吹奏楽祭で、小学生と中学生の吹奏楽演奏を聴かせていただきました。

午後の部だけでしたが、どの学校もみなレベルが高く驚かされました。自分も中学校の時は吹奏楽部でしたが、当時のレベルなどとは比べ物にならないほど全校とも素晴らしい演奏でした。順位をつけるようなコンクールではない「祭り」ですから振りやパフォーマンスも満載で、へたなプロの演奏会などよりよほど楽しく聴かせて&見させてもらいました♪ただし、会場の狭さには閉口しました。もっと大きなホールにはできなかったのでしょうか?我が子の晴れ舞台を我慢強く立ち見していた親御さんたちや妹弟さんたちがとても気の毒でした。


午後の部はこんなプログラムでした。(すべて動画からキャプチュアした写真です)

1.東京芸術大学器楽科

芸大生

  ・水上の音楽よりアラ・ホーンパイプ
  ・G線上のアリア
  ・天空の城ラピュタメドレー
  ・ミラー・マジック<グレンミラーメドレー>


2.堀金中学校

7631-堀金中

  ・SUN
  ・Ki・mi・ni・mu・chu
  ・SING・SING・SING(シング・シング・シング)※プログラムでは別曲になっていました


3.堀金小学校

7633-堀金小

  ・星に願いを
  ・明日があるさ


4.穂高西小学校

7634-穂高西小

  ・GUTS!
  ・線路は続くよどこまでも


5.穂高東中学校

7635-穂高東中

  ・スーパーマリオブラザース
  ・Ki・mi・ni・mu・chu


6.穂高南小学校

7636-穂高南小

  ・トライ・エヴリシング
  ・越天楽ファンタジー


7.穂高西中学校

7637-穂高西中

  ・Try Everything
  ・September


8.三郷小学校

7638-三郷小

  ・「アラジン」メドレー
  ・スペース・アドベンチャー


9.穂高北小学校

7640-穂高北小

  ・負けないで
  ・愛を叫べ


10.三郷中学校

7641-三郷中

  ・J-BEST'15 ~ 2015年J-POP ベストヒッツメドレー ~
  ※唯一弦楽器まで揃えたフルオケ構成で期待していたのですが少々パフォーマンス過多かな?もう1曲聴きたかったです。


最も印象に残ったのは、堀金中学校のシング・シング・シング

小学生の吹奏楽なら、元気いっぱいに楽しく演奏することがいちばんのような気がします。まだまだ技術的に未熟なんですからおっきな音で元気よく演奏すれば(言葉は悪いのですが)技術的な稚拙さはごまかせるような気がします。サビがないか少ない選曲でないとアラが出てしまいますから、やはり元気よく楽しくやれているかが聴く方に訴えかけてくる気がします。

中学生ならもう少し欲が出ますが、今回聴いていて感じたのはもう少しパーカッションに重きを置いてはどうかなと。部員が多くて大編成が可能な学校ならスケールの大きな曲が選べますが、ティンパニなどが弱いと全然迫力がなくて聴く方はつまらない。一例ですが、下の石橋高校の動画の「時代劇絵巻」はシンバルとティンパニがとても効いているとオジサンは思います。テューバやコントラバスの低音はお腹の臓物を揺さぶってきます。主旋律ばかり上手くても迫力やスケールの広がりは出ないと思うんですよね。少人数で悩んでいる学校でも小編成のポップスをバンドの感覚でビートを効かせてやってみては?パーカッションが最も大事だと思います。

ベルリンフィルよりウィーンフィルが好きなのはただホルンの音がきれいだからといういいかげんなオジサン、オタマジャクシも満足にわからないオジサンですが、聴く側からしたらそんなふうに思うんですよ♪楽譜の編曲にばかり頼らずにその辺がうまくアレンジできる指導者次第になってしまうのでしょうか!?聴いている方はただお上手にやってもらうだけでは心を打たれないんですよね。

最初の芸大器楽科のクインテットは卒業生だったようで、となるとアマチュアではありませんから、技術的には確かに遥かに上ですが、ジャズ好きオジサンとしてはグレンミラーの曲を聴かせてもらった以外にそれほどの感激なし(笑)。先程生意気を言わせていただいたようなことが理由です。

芸大生TR



次に演奏した堀金中学校にはこの日のベスト賞をさしあげたいです♪

26名だけという少ない部員なりにジャズやポップスを選んだのが流石。この人数でもスイングジャズなら”ビッグバンド”です。パーカッションがいちばん良かったのがこの学校。人数が多い学校が選曲を間違えていて迫力ある音を聞かせてもらえなかったのとは対照的でした。

001_20161009155548b80.jpg


午後の部全校の演奏を一眼レフカメラで動画撮影しましたが、この堀金中学校の演奏だけYouTubeにアップしました。そういうのはMacがいいんですが、りんごのPCがちょっとスネッコしてまして(笑)、悪戦苦闘しながらWindowsでタイトルやクレジットなどキャプションも入れて作った動画は、せっかくのフルハイビジョンなのに酷い画質。しかたなく、撮影したままの無編集でアップしてあります^^;

003_2016100915554905d.jpg


芸大生のグレンミラーメドレーのあとで、やりにくい順序でかわいそうだなと思って聴き始めたのですが、杞憂だったようです。2曲目あたりから「なかなかやるな!」、3曲目に至っては「感服!」。結果、むしろ中学生のほうがよかった!と♪とにかく、楽器の演奏自体にまだ未熟なところや荒削りなところはありますが、まだ中学生ですよ!でもこの演奏は素晴らしい!!(男の子のトークはNGかな!笑)そこらへんのアマチュアジャズバンドよりもずっと楽しめました♪

SING・SING・SING(シング・シング・シング)は、スイング・ジャズには欠かすことができないくらいのスタンダードナンバーです。スイング・ジャズ全盛の1930年代にクラリネット奏者のベニーグッドマンが、自らの楽団で1938年にカーネギーホールで演奏してからベニーグッドマン楽団の当り曲になりました。にぎやかにドラムスをフィーチュアしたホットなナンバーを見事な出来栄えにしたのは、堀金中学校のドラムスを叩いていたあのポニーテールの女の子。あの素晴らしいリズム感なしにはなし得なかったことに、オジサンは感激しちゃいました^^;ともすればトランペットなどの金管楽器に花形を持っていかれがちな吹奏楽ですが、先生の指揮なしにもかかわらずあのリズムが保てたのはひとえに彼女の出来栄えが素晴らしかったからだと、オジサンは思いました♪ドラムスが曲のキモだというのをちゃんと掴んだ演奏に拍手!です。今度はデューク・エリントンのテイク・ジ・A・トゥレイン~A列車で行こう~でも聴かせてくれたら泣いて喜びます!?^^;(※↓画面の歯車印をクリックしてぜひ高画質を選択してください)



8分45秒過ぎのシング・シング・シングが気に入った方なら、こんなのもおすすめです。
(視聴回数がハンパないです!)
レコードは持ってますが、CDも出てるかな!?




このあたりでは豊科高校の吹奏楽部が素晴らしいと聞いていますが、オジサンの後輩たちもなかなか頑張っているんですよ、オジサンは山岳部だったケド^^;
よかったら聴いてみてください。(豊高吹奏楽部の動画は見つからなかったので、代わりに、汗)






以上、ビッグバンドジャズが好きなオヤジの独断と偏見に満ちておりますが、出演した児童生徒さんの親御さんにしてみれば、当然第一位は「うちの子がいた学校」に決まってますよね!!






▼ブログランキングに参加しています♪
 応援よろしくお願いします♪

この記事が少しでも面白かった、参考になった、役に立ったと思ったら、
下のボタンをポチッとしてもらえると、とても励みになりますヽ(´ー`)ノ

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  

関連記事
スポンサーサイト



COMMENTS

1Comments

There are no comments yet.

JACK0904

PERCの男子さん♪

こんにちは、コメントありがとうございます。

どんな方なのかよくわからなかったので
いろいろ考えていたら返信が遅くなってしまいました。
申し訳ありません。

> トークが先輩のアドリブが多過ぎでついていけなかったです…。まだまだ難しいです。
> 部内でも話題になってました!。
> 感想ありがとうございます!。

もしかして、堀金中学校の吹奏楽部のあの生徒さんでしょうか?
動画を見てくださってコメントくれたのかなと?

トークがどうのこーのと書いちゃったから、ごめんなさい。
先輩はずいぶんとてんぱってた感じでした、笑♪

でも演奏は素晴らしかったですよ、
また来年も聴きに行ってみたいです。

  • 2017/01/28 (Sat) 16:59
  • REPLY