fc2ブログ

安曇野と信州の四季の自然の素晴らしさや、人気のお店を紹介しています♪ 最近はほとんど『野鳥 大好き!』ですが^^;

白馬村の八方北尾根高原で紅葉と白馬三山の大パノラマ <2>



昨日の続きです。


高原スタッフの方が熊よけの鈴を付けていくようにと手渡してくれました。親切なスタッフの方に感謝して、いよいよブナ林へ♪
ブナ林入口からのトレッキング道は「こもれびの道」という名前が付けられていますが、その名の通りの心地よいルートです。

春にはたくさんの花が咲いていましたが、この時期はなにも見当たらないけれどカメラを向ける時間がない分、足取りが進みますからほどなく「みはらし展望台1合目」に到着しました。

IMG_8438.jpg



こんなに素晴らしい景色が目に飛び込んできます。
白馬三山(しろうまさんざん)と天狗の頭(てんぐのかしら)、天狗の大下り。

IMG_8442.jpg



左に不帰の儉(かえらずのけん)Ⅰ峰からⅢ峰まで。
白馬三山と不帰の儉までを一枚に収めきれず二枚に。
16ミリくらいなら入るかな?

IMG_8443.jpg



春に来たときにはなかった新しい展望台が出来ていました。
「秋日和」というとってもしゃれたネーミングです。

IMG_8447.jpg



途中でモミジ色ではない緑のモミジがあったので、黒く潰してシルエットだけ。
白馬三山の各々の山を隙間に入れようとトライしましたが、うまくハマりません。

IMG_8454.jpg



杓子岳(しゃくしだけ)だけは、なんとかハマってくれました♪

IMG_8455.jpg



「秋日和」のみはらし展望台に到着です。

IMG_8456.jpg



天狗の頭(てんぐのかしら)、天狗の大下り、不帰の儉(かえらずのけん)Ⅰ峰~Ⅲ峰。

IMG_8457.jpg



白馬三山と不帰の儉Ⅰ峰まではどうにか収まりました。

IMG_8458.jpg



白馬岳にはしばし休憩してもらって、不帰の儉Ⅰ峰~Ⅲ峰までを♪

IMG_8460.jpg



白馬三山と小蓮華岳。

IMG_8463.jpg



右から白馬岳(しろうまだけ)、杓子岳(しゃくしだけ)、白馬鑓ヶ岳(しろうまやりがたけ)の白馬三山が大迫力の絶景スポットです。

IMG_8467.jpg



これから歩く斜面ですが、トレッキングコースになっている北尾根の北斜面ですから白馬三山の雄壮を眺めるには最高の場所といえるでしょう。

IMG_8474.jpg



ずっとリフトの音が聞こえていたのでブッシュを超えたら、やはりすぐお隣の位置です。

IMG_8477.jpg



このコントラストも秋山の魅力です。

IMG_8479.jpg



ほぼ「雲一つない」青空。

IMG_8482.jpg



東の方向はというと、北信の山でしょうか。

IMG_8489.jpg



難所とされている、天狗の大下りと不帰の儉Ⅰ峰~Ⅲ峰。

IMG_8492.jpg



また先程のところまで引き返します。
見事な紅葉とはいえませんが、それでもやっぱり紅葉です。

IMG_8495.jpg



白馬三山の美しさに、ついついシャッターを何度も押してしまいます。

IMG_8502.jpg



天狗の大下りと不帰の儉も迫力につられてやはり何度も。

IMG_8507.jpg



三人三様の美しさを持つ三兄弟に魅せられて、何度も何度も。

IMG_8508.jpg



若き日の想い出の山、白馬岳。
嗚呼、あれから40年、笑♪

IMG_8509.jpg



みはらし展望台3合目に来ました。

IMG_8510.jpg



こうして眺めているだけで幸せに浸れる山好きって、単純なんでしょうか?!

IMG_8512.jpg



まだ朝露が残る紅いもみじ。

IMG_8518.jpg



所々に設置してあるこの熊よけのベルを鳴らしながら歩きます。

IMG_8519.jpg



うろこ雲も絵になりますね。

IMG_8520.jpg



トレッキングコースの最上部にある展望台です。

IMG_8522.jpg



こうやって山を眺めていると、時の流れが止まってしまいます。

IMG_8527.jpg



不帰の儉や天狗の大下りが大迫力で迫ってきます。

IMG_8529.jpg



白馬三山は本日も晴天なり♪

IMG_8531.jpg



埼玉に住んでいた頃に、その隣町から来られたご夫婦と話がはずみましたが、そろそろ北尾根高原の広場に向かうことに。

IMG_8535.jpg




ブナ林を抜けると北尾根高原の広場に出ます。
そこからもまた素晴らしい眺望が楽しめるのですが、また次回にいたしましょう。





▼ブログランキングに参加しています♪
 応援よろしくお願いします♪

この記事が少しでも面白かった、参考になった、役に立ったと思ったら、
下のボタンをポチッとしてもらえると、とても励みになりますヽ(´ー`)ノ

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  

関連記事
スポンサーサイト



COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.