fc2ブログ

安曇野と信州の四季の自然の素晴らしさや、人気のお店を紹介しています♪ 最近はほとんど『野鳥 大好き!』ですが^^;

下諏訪 新鶴本店の”おひとりさま塩羊羹”

CATEGORY美味しい店


下諏訪にある老舗、新鶴本店塩羊羹はつとに有名ですが、こんな可愛らしい”おひとりさま塩羊羹”を目にしました。といっても、お店に行ったわけではなく、親戚のおばさん宅でお茶うけに出してもらったものを見て初めて知ったのですが。

IMG_2316_20161228100229ad8.jpg


包装紙を解いているおばさんの手元に目が止まったのです。

IMG_2304.jpg


↑おばさんが鋏でちょきんと切った状態ですが。
これを取ると…、

IMG_2307.jpg


さらに竹皮模様がプリントされた紙をぺろんと剥がしますと、

IMG_2309.jpg


あの、美味しい塩羊羹が姿を現します。

IMG_2312_20161228100236fff.jpg


プラスチック製のナイフがついていて、これは出先でなら便利でしょうが、自宅で食すにはちと味気なさすぎます。

その昔、海のない信州では塩は貴重で特別な存在でしたから、塩の使い方や味わい方にも特別な思いがあったようです。明治創業の新鶴本店でも何度も試行錯誤を重ねたうえで羊羹に塩味を加えた羊羹を創り上げ、現在に至っています。今でも楢の薪を集めることが重要な仕事のひとつであり、ガスを使わず薪を焚いた火で、機械を使わずに職人の手作業で練り上げて作られているそうです。

IMG_0343TR.jpg


初代の製法を忠実に守って作られたこの『塩羊羹』、形は”おひとりさま用”でも、その想いを巡らせれば姿勢を正してからいただきたくなるといえばちと大げさでしょうか。

IMG_2314_20161228100237c9d.jpg


5cm✕3.5cm✕3.3cm、83gの”おひとりさま塩羊羹”のなかにも、先人の想いが凝縮されておりました。



新鶴本店
住所:諏訪郡下諏訪町木の下3501(諏訪大社下社秋宮隣)
営業時間:8:30~18:00
駐車場:無料 7台
休業日:水曜日定休 ※2017年は、1/1~1/3休業、1/4営業
TEL:0266-27-8620
web.サイト:http://shinturu.com/






nenga_hanko_1480333606082-150_2016120711092416a.jpg






▼ブログランキングに参加しています♪
 応援よろしくお願いします♪
この記事が少しでも面白かった、参考になった、役に立ったと思ったら、
下のボタンをポチッとしてもらえると、とても励みになりますヽ(´ー`)ノ

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  

関連記事
スポンサーサイト



COMMENTS

4Comments

There are no comments yet.

みか

JACKさんこんにちは
あら❗可愛い( ☆∀☆)
知りませでした・・・このサイズ
美味しいですよねぇ🎵

JACK0904

みか さん♪

こんにちは~♪

そうなんです、記事にも書いたように初めて見ました。
ブログネタにさせて貰おうと持ち帰ったのですが、
新鶴本店のweb.サイトではなにも触れていませんね。

栃木県の日光にも、とらやの夜の梅に負けないくらいに美味しい羊羹があるんです。
先代のオヤジが頑固者で、一人に1本しか売ってくれないので、若女将が店にいるときに買ってました(笑)
こんど紹介しますね♪

  • 2016/12/28 (Wed) 16:53
  • REPLY

田舎のオヤジ

新鶴本店、懐かしいです。

私が高校を卒業して18~23歳まで松本の菓子問屋で働いていた時、よく配達に行きました。
あの頃が一番仕事が楽しかったなと思います。
今なんてどうしたら就職出来るだろうなんて考える毎日です(;´д`)トホホ…

JACK0904

田舎のオヤジ さん♪

こんばんは、コメントありがとうございます。

新鶴本店は、想い出の場所でもあったんですね。
私は幼少の頃に、このあたりの町営の温泉によく行ったのは覚えていますが、
新鶴本店の記憶はおっさんになってからです(笑)
私には何もできないけれど、
いい仕事が見つかるように祈っています♪

  • 2016/12/28 (Wed) 20:58
  • REPLY