fc2ブログ

安曇野と信州の四季の自然の素晴らしさや、人気のお店を紹介しています♪ 最近はほとんど『野鳥 大好き!』ですが^^;

帰ってきたドピーカンに常念を撮る

CATEGORY北アルプス


まだ夜が明けぬ昨日の朝4時過ぎ、月明かりに照らし出された雪景色や星が綺麗に見えた雲一つない晴天でした。放射冷却現象で最低気温も-11℃と、厳しい冷え込みの朝となりました。

明るくなってから家並みの屋根の上を眺めると、久しぶりに常念がくっきりと顔を見せてくれました。待ちに待った山が撮れるぞと、雲が出ないうちにこちらへ♪

IMG_4481-a.jpg



10時ころでしたが、まだ気温は-3.0℃。
でも、こんな青空ならあまりの気持ちよさにそんな寒さも吹き飛んでしまいます。

IMG_4459-a.jpg

IMG_4460-a.jpg



北アルプスの前座の山にも雪が積もって白さが増しています。
常念もかなり白くなりました。
IMG_4461-a.jpg



お決まりの構図。
拾ヶ堰の水面も凍てついています。

IMG_4478-a.jpg

IMG_4491-a.jpg



白く雪化粧した田んぼの向こうには、
遠く南アルプスも見えていました。

IMG_4483-a.jpg

IMG_4501-a.jpg



場所を変えて、今シーズン何度か撮っているところへ。

IMG_4505-a600.jpg

IMG_4506-a.jpg



爺や鹿島槍など、後立山連峰もくっきりです。
本当に気持ちのよい青空です。

IMG_4513-a.jpg

IMG_4518-a.jpg



頂上に雪炎が上っている常念のドアップ。

IMG_4522-a.jpg



また場所を変えて、今度は広い田んぼのど真ん中へ。

IMG_4535-a.jpg

IMG_4538-a.jpg

IMG_4539-a.jpg



はぜかけの資材を保管しておく小屋ですが、からっぽだったので、
中に入らせてもらって、つらら越しの常念を。

IMG_4544-a.jpg



その常念の山頂付近は雪炎か雲か?
里はほぼ無風です。

IMG_4568-a.jpg



てっぺんをトリミングして拡大。

IMG_4562-a.jpg



また後立山連峰を。

IMG_4578-a.jpg

IMG_4580-a.jpg



西山が見えずにフラストレーションが溜まっていたので、気分も晴れやかな日となりました^^;
同じようなところから、同じ山を、同じような構図で何度シャッターを押しても飽きることがありません。
やっぱり、オラ山が好きだ~!





nenga_hanko_1480333606082-150_2016120711092416a.jpg






▼ブログランキングに参加しています♪
 応援よろしくお願いします♪
この記事が少しでも面白かった、参考になった、役に立ったと思ったら、
下のボタンをポチッとしてもらえると、とても励みになりますヽ(´ー`)ノ

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  

関連記事
スポンサーサイト



COMMENTS

4Comments

There are no comments yet.

ブラットジィ

No title

田畑に雪が積もると風景は一変しますね。
お山が神々しく輝き素晴らしいお写真の連発ですね。

拾ヶ堰の水面も凍り付くのですね。冬の厳しさが伝わります。

JACK0904

ブラットジィ さん♪

おはようございます。
今日もご訪問とコメントありがとうございます。


> 田畑に雪が積もると風景は一変しますね。
> お山が神々しく輝き素晴らしいお写真の連発ですね。
>
> 拾ヶ堰の水面も凍り付くのですね。冬の厳しさが伝わります。


いやいや、なかなかブラットジィ さんの素晴らしい写真とは
比べ物にならない稚拙なものばっかりでお恥ずかしいです。

上高地、お疲れ様でした。
スノーシューなしでチャレンジされたとは驚きです!

また素晴らしい写真を拝見できるのを楽しみにしています。

  • 2017/01/19 (Thu) 09:45
  • REPLY

Cherubino

No title

ちょっとごぶさたしておりました。お久しぶりでございます。

『雪炎』というのですね。素敵な言葉です。(なんとお読みするのでしょう…)

私も昨日、外出時に車の中から拝見しました。山が「ほっ」と吐息をついているようでステキです。

  • 2017/01/19 (Thu) 09:48
  • REPLY

JACK0904

Cherubino さん♪

こんにちは♪
ご訪問とコメントありがとうございます。

「雪炎」
自分では山歩きをしていた頃から普通に使っていたので失礼しました。
広辞苑にも載っていないんですね。
おそらく登山者の専門用語みたいな言葉か造語だと思います。
「せつえん」と言ってましたが合っているかどうか。

山に積もった雪が風で舞い上がって吹き飛ばされ、
炎のように見える状態を言うようです。

  • 2017/01/19 (Thu) 19:17
  • REPLY