fc2ブログ

安曇野と信州の四季の自然の素晴らしさや、人気のお店を紹介しています♪ 最近はほとんど『野鳥 大好き!』ですが^^;

田淵行男細密画展~写蝶幻想~



昨夏から秋の展示『田淵行男写真展「北ア展望」』には何度か足を運んで、田淵行男さんの北アルプスのモノクローム写真を勉強させてもらいました。その割には自分の写真にちっとも進歩がないのは才能の欠如故と諦めつつも、やっぱり田淵さんの作品を前にすると身震いさえ感じるほどの感激を覚えます。

先日、松本の古書店に行った折、お目当てではなかったのに田淵行男さんの本を見つけると真っ先に抱え込んでレジに向かってしまいました。

aIMG_4895-a.jpg



ぱらぱらとページをめくっていたら「ん?」と、ある一枚の写真に目が釘付けになりました。

aIMG_5119-a.jpg



この冬、足蹴く通っているポイントで撮った常念岳とよく似ているのです。
1月18日に撮ったものを同じような構図にトリミングしてみました。

aIMG_4538-a.jpg



さらに、田淵行男さんが赤外フィルムで撮ったものに近づけようと、photoshopで赤外線効果を加えたモノクロームに加工してみました。

aIMG_4538-BWR-a.jpg



田淵行男さんはもう少し穂高寄り(北側)で撮ったかと思われますが、なんとなく自分がうろついていた場所を田淵さんもカメラを担いで歩きまわっていたのかと思うと感慨深いものを感じました。

山岳写真家の田淵さんは、ご存知のように素晴らしい画才の持ち主でもありました。当時は「総天然色」の図鑑がなかったようで、自分で蝶の細密画を描いてしまったのですが、素晴らしいデッサン力です。画家を生業としても生活できたのではないかと思えてしまいます。先日、その蝶の細密画を鑑賞してきました。

スタッフの方にお断りして許可を得たうえで撮影したキャプションだけ掲載させてもらうことにしました。すでに足を運ばれた方には脳裏に細密画が甦ってくるかもしれません。これから行ってみようという方には「予習」として参考にしていただければ幸いです。もちろん原画は掲載するわけにはいきません。他に来館者がいないときに急いで撮ったので手ブレがいくつもありますがお許しを。



田淵行男細密画展~写蝶幻想~

IMG_4880-a.jpg

img182tr-a.jpg



IMG_4760-a.jpg



『描く』

IMG_4762_Collage-a.jpg



学生時代から才能は開花していたんですね。
竹久夢二かと見紛うほどです。

IMG_4764_Collage-a.jpg



『蝶を描く』

IMG_4770_Collage-a.jpg



『外国産の蝶』

IMG_4773_Collage-a.jpg



『ギフチョウ・ヒメギフチョウ』

IMG_4779_Collage-a.jpg



『高山蝶』

IMG_4785_Collage-a.jpg



『安曇野の蝶』

IMG_4794_Collage-a.jpg



『安曇野』

IMG_4807_Collage-a.jpg



「牧村の形見」
「夜の訪問者」

IMG_4812_Collage-a.jpg




1階で開催中の『神長幹雄写真展「アジアの小国とそこに暮らす人々」(2017. 01. 17 (火) ~2017. 04. 23 (日)』に降りる階段の踊場に、田淵行男さんの写真が3点展示されています。

こんな説明書きが、(これだけは文字起こししました)


 田淵が趣味で作成していた山のアルバムが『アサヒカメラ』誌の編集長の目にとまり、作品が掲載されたのは45歳の時でした。

 翌年には初めての作品集『田淵行男 山岳写真傑作集』(1951年 朝日新聞社 アサヒカメラ臨時増刊)が刊行されました。

 その後は山岳写真や蝶、雪形など、様々なテーマで生涯36冊の本を刊行しました。





神長幹雄写真展「アジアの小国とそこに暮らす人々


IMG_4884-a.jpg

img184-a.jpg




山男、山女ならヤマケイで通用するでしょう。神長幹雄さんは山と渓谷社で雑誌「山と渓谷」の編集長をされていた方です。こちらもキャプション・ボードの文字だけ掲載いたします。

IMG_4831_Collage-a.jpg



「写真には素人同然」と書いておられますが、こんなに素晴らしい写真を撮れる「素人」はいません。

IMG_4835_Collage-a.jpg

IMG_4842tr_Collage-a.jpg

IMG_4869_Collage-a.jpg



Collage-01-a.jpg

Collage-02-a.jpg

Collage-03-a.jpg

Collage-04-a.jpg

Collage-05-a.jpg



アジアのこんな国を廻って撮ってきたよ~なMAPです。

IMG_4877-a.jpg



このMAPの横に「寄せ書きノート」が置いてあったのですが、そこに国際的山岳写真家の水越 武さんのサインを見つけました。田淵行男さんの元で写真を学んだ方です。

そのサイン、迷いましたが、掲載することにしました。

IMG_4878G-a.jpg



img185-a.jpg





田淵行男記念館
住所:安曇野市豊科南穂高5078-2
TEL:0263-72-9964
開館時間:9:00~17:00
休館日:月曜日(祝日の場合はその翌日)、祝日の翌日、12月28日から1月4日
    ※展示替え作業の為、臨時休館する場合もあります。
入館料:高校生以上300円
アクセス:大糸線柏矢町駅下車、徒歩15分
web.サイト:http://azumino-artline.net/tabuchi/


IMG_4892-a.jpg

IMG_4888_2017012816093170b.jpg









nenga_hanko_1480333606082-150_2016120711092416a.jpg





▼ブログランキングに参加しています♪
 応援よろしくお願いします♪
この記事が少しでも面白かった、参考になった、役に立ったと思ったら、
下のボタンをポチッとしてもらえると、とても励みになりますヽ(´ー`)ノ

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
長野県 ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト



COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.